うちの学校は最低でもMARCHは目指しなさいと言われる高校だったけど何故かFラン女子大を受けて合格した友達。後悔しろと思ったら・・・

2017年6月12日

939: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/05(日) 11:49:53.53 ID:ueVSplAd.net
友達は勉強が全くできない訳じゃないのに、なぜかFラン女子大を受けようとしてた。
まあ、かなり出来るわけでもなかったけど。
うちの学校は最低でもMARCHは目指しなさいと言われる高校だったから。
彼女なら早慶は無理でもMARCHくらいは受かるだろうと言われていた。
彼女にそれは勿体無いと先生も言ってたからみんなで説得した。
「せめて、偏差値50はある大学にしよう!」と言うと「何で?MARCHですら、
Fラン扱いする人はするのよ。それなら、どこでもいいでしょ。
ここなら◯◯学部だけど××の免許取れる全国で少ない大学だから。
叔母の母校だからここしか許してもらえないし。」と言われた。

毎日、休み時間のたびに他大学のパンフレット見せたりしてたら保健室に仮病で
こもっちゃった。もう勝手にしろと私達は呆れた。
クラスメイトの忠告を無視して彼女は、Fラン女子大に受けて合格。
後悔しろと思ったら高校以上に楽しそうでムカついた。

「高校と違って元彼の名前しつこく、聞き出して嫌々教えたらあだ名にしたり、
テストの点言わなきゃノリ悪いみたいな強制ないから大学の友達の方がいいもん。
英語は中学の復習だけど独学で勉強してるし。それに◯◯大付属の賢い子もいるのよ。」
と嫌味まで吐かれた。

高校の時、軽い冗談でも本気で嫌がってたアスペさんにはここでと良いのかもね。
けど、クラスメイトの忠告も先生の忠告も無視してFラン女子大行ったのはスレタイだわ。
これで人生決まるのに。

彼女が資格を取って再就職するのでその間はガールズバーかキャバクラで一気に稼ぎたいと言い出してます。あり得ないと一蹴しましたが

2017年4月1日

552: 恋人は名無しさん 2016/11/27(日) 14:53:04.50 ID:cAuLeQEb0.net
客観的な意見をお聞かせください。

当方30、彼女23
別れるべきか悩んでます。
彼女が転職をすると言い出しました。
理由は、サービス業なのですが職場もお客様も女性ばかり、
めちゃくちゃ面倒だとのこと、
もうひとつはアナログすぎて事務スキルも身に付かないからとのこと。
理由は何となく理解できるし、転職自体には同意しています。

ただし一度職場をやめてからパソコン教室に通い、資格を取ってから再就職する。
さらに働きながら高卒認定を取るといっています。(彼女は高校中退)

その間は短期のバイトなどする、とのことなのですが、
ガールズバーあるいはキャバクラで一気に稼いでしまいたいと言い出してます。
ガールズバーやキャバクラはあり得ないと一蹴しましたが、
(ガールズバーでのバイト経験はあり、実は最初に出会ったのはガールズバーでした)
お金をかけてスクールに通った方が効率的だ、24までに再就職しないと厳しいから
急ぎたいといって聞きません。

自分からすると本気になってない、寝る間も惜しんで働きながら
勉強している人もいるなかで効率とか甘えだと思ってます。
百歩譲って、お金かけて通うのであれば自分がすべて負担する、
バイトの時間を勉強にあててほしいとも伝えましたが
お金の貸し借りはするべきでないとのこと…
結婚も考えておりその旨も伝えました。

彼女が10代に楽して逃げた結果なんだから、何かしらの犠牲は必要だと言うことも
説いたのですが、
バカにしてる、過去の話はわかったからこれからの話をしたい、
本当に頭が悪いから教えられないとできない、でもお金で迷惑はかけられないから
バイトする、
生活費も化粧品もすべて負担してもらえるほど稼ぎがいいわけではないのは
知ってる等々…

彼女のプライドをとる(自分でバイトしながら勉強して転職)か、
私に人生預けるか(お金を私が負担する)か選べと言いましたが
そういう話じゃないとのことで、話し合いになりません…

彼女を説得し続けるのもしんどく、別れてしまう気持ちもよぎっているのですが
私の心が狭いのでしょうか…

婚約指輪やらマイホームやら言ってくる彼女に「俺が資格持ってる分そちらも頑張ってね」的な事言ったら向こうが無理になったらしい

2017年3月2日

167: 恋人は名無しさん 2016/10/27(木) 23:15:23.77 ID:hjG7lgS70.net
俺♂、某資格職なんだけど。
「俺が資格持ってる分、そちらも頑張ってね」
的なこと言ったら向こうが無理になったらしい。
人間関係に上下をつけたくない、んですって。

そのぐらいの思ったこと言うのが許されないのもどうなのか。
別に資格持って無かろうが、そういう面倒くさい所の無い人間性が
良い所だと思ってたんだが。

12歳も下でずっと専業主婦やってて俺がいなけりゃって思ってた嫁だけどここ数年でメキメキ逞しくなって良くわからない虚無感が・・・

2017年2月2日

890: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/13(火) 07:56:20.26 .net
高卒18歳デキ婚だった12歳年下の嫁が3年前の28歳の時に簿記3級を取った。
職業訓練みたいなハローワーク主催のやつに行ったんだよね。
元々偏差値65くらいの進学校に通っていたんだけど、そこでは落ちこぼれだったって言ってて、
大学も勉強したくないから受験しないってなって子供ほしいって言うから作ったんだ。
子供には本当に優しいし若いから体力あるし良い母親だった。
3級取ったと思ったら就職して、働きながら2級一発合格。
今年一級を受けて最終目標が税理士からの会計士らしい。
高卒だと税理士は受験資格があって税理士いきなりは受けられないんだってな。
会計士は受験資格がないけど、いきなり会計士はさすがに難しいから
まずは税理士からだって。

なんかさ、12歳も下で、ずっと専業主婦やっててどこかで見下してたじゃないけど、
俺がいなけりゃって思ってたんだけど、ここ数年の嫁はメキメキ逞しくなっていって、
そんな母親見てるからか子供も一緒に勉強しだして、良くわからないけど虚無感がすごい。

俺自身は中卒高認だし、仕事は現場メインだし給料も嫁に追い付かれつつあるし、
俺の存在意義がわからなくなってきた。
嫁が勉強してるから、洗い物したりお風呂洗ったり洗濯畳んでしまったりしてると、
なんだかなぁって思ってしまう。

資格取得の為に通っていた障害者学校で知り合ったアスペな鬼女と不倫していたけど9ヶ月後にストーカーで通報され逮捕された

2015年4月1日

192: にゃんこ 2014/05/11(日)22:56:09 ID:59CBbz4y5
身バレ覚悟でスマホから投下。
初カキコ失礼致します。
ロミジュリ要素かは分かりませんが、判断は皆様に委ねます。

スペック
俺 27 独身 難聴
女(以下Y)32 既婚 小梨 アスペ

去年の6月から関係持ち、ほぼ毎週土曜日にラブホでまったり→ご飯→喫茶店
て感じの不倫してた。
最初はYからの毎日の下らない話、どうでもいい愚痴がLINEで来てたが、
話がちぐはぐで曖昧だから適当にスルーしてた。

Y「今日は朝から怠いわ」
俺無視
Y「そういえば、なんちゃらかんちゃら」
俺無視
Y「ごめん、私ウザいよね。キモいよね。」
俺「そんなことないよ。大丈夫だよ。(メンヘラかよ…)」

な、やり取りが何度かありつつ、PC見に行く話になった時、些細な事で愚痴り出す。
口論するもYが話の途中で帰りだす。
翌日、友人に相談したらしく、お前が帰るのが悪いと言われた。

俺「は?帰ったのはあいつだけど?」
友人「え?マジ?え?ごめんね。」

この辺であの女はやばいと周りの人に知られる。

嫁が仕事を始めるんだが資格を活かした稼げる職場よりも仕事が楽な職場を選択しようとしていて愛想が尽きそう・・・

2014年6月6日

806: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2013/09/24(火) 21:26:32.48
嫁が仕事はじめるんだが、
すでに儲かる資格もちのくせに「それは大変な仕事だからイヤだ」といって、
安くて楽な仕事をはじめようとしてる。
でも共働きだから家事は半々ね、ってナンデヤネン!

離婚はさすがに行き過ぎだと思うからしないけど、
ぶっちゃけ愛想がつきそう…

せめて家事の負担は嫁が多めでいいと思うんだけど、
こういうのをどうやったら提案できますか?

807: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2013/09/24(火) 21:27:30.17
早く帰ったほうが飯作るとか

809: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2013/09/24(火) 21:32:07.04
>>806
1.儲かる資格でアホみたいに忙しくなるなら俺がほとんど家事するって提案してみる
2.最初から半々の家事は無理だから生活が慣れてきたら時間や休みを考慮しきちんと分担を決める
補足→お前今のままでも家事できるじゃんと丸投げにしない、ゴミ捨ていくだけは家事ではない
3.離婚を前提に「家事はお前がしろ」と提案する
4.むしろ専業のままにさせる

810: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2013/09/24(火) 21:35:29.35
>>806
マジレスするけど、家事割合は収入で按分せずに、通勤時間を含めた拘束時間で按分した方がいいよ。
でないといずれ嫁がキレる。
今は小梨? これで子供が出来たら育児負担ものしかかるから、積極的に協力していかないと、
いずれ嫁がキレるよ、マジで。

このページの先頭へ