旦那が義母に「陣痛きたら病院来て立ち会えば?好きにしたらいいよ」と事後報告。旦那が来れなかったら一人でいい!と伝えたら・・・

2017年8月2日

181: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 10:10:53.44 ID:GoRo/1Nq.net
旦那立会い出産希望だけど飛行機距離のこともあり、立ち会えないかもしれないのが前提。
この間、義母から陣痛きたら連絡してねと。
旦那も義母に、陣痛きたら病院きて立ち会えば?好きにしたらいいよと相談もなく勝手に
決めて事後報告。
気を使うから旦那が来れなかったら一人でいい!と旦那に伝えたら、
初孫なんだし家族の一大事、お前だけのイベントじゃないと怒られた。しんど。
しんどい時に気遣いたくないのに。

一人目の時に旦那に支えて欲しかったし産まれる感動を見せてあげたかったので立ち会い希望してるけど旦那が能天気すぎてイライラする

2017年3月29日

132: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 20:16:12.08 ID:QMW+Qosk.net
37週になるんだけど、里帰り出産
高速とかで4~5時間かかる
一人目の時は旦那の立ち会いを私が希望してなかったんだけど、いざ陣痛を体験して、
旦那に支えてほしかった、産まれる感動を見せてあげたかったとすごく思った
だから今回のお産は最後になるし、経産婦だから間に合わないかもしれないけど
間に合うかもしれないから立ち会いを希望してる

ただ、旦那が能天気すぎる
電話は昔から3コールくらいで留守電になるようになってて、ただでさえ遠方からだし
お産の時は何度も電話出来ないから必ず気づいてとれるようにしといて!
留守電機能を消して、なり続けるようにして!と頼んでるのにまだ直してない
会社だって遠いし、すぐに家に帰れる距離じゃないのに
電話にすぐ出てくれなきゃおそらく間に合わない

イライラする
もう正産期なんだよ!
ちゃんとしてるよ~と言われるけどのんきすぎ!
臨月になっても友達と外食行ったり(電車とかですぐ帰れる距離じゃない)、
ビール飲んだりしててドン引きした
電話にでてくれなくて間に合わなかったら一生根に持ちそう

夫が出産時の立ち会いを嫌がっている…側に居てくれるだけで安心するのに馬鹿馬鹿しいと思ってそう

2016年5月1日

741: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)15:30:17 ID:z4D
愚痴…なのかな、出産について

夫が立会いを嫌がってる
夫が立ち会いたくないというならそう言ってくれれば別に立ち会いナシで私は構わない
でもなんか「どうせ居てもする事ないでしょ」って感じのことを言ってくる

感動を分かち合うとか、励まし合うとかいう文が病院の説明に書いてあって、
それを見て馬鹿馬鹿しいと感じてるんだろう
出産は通過地点だ、だの、産まれてからが大変なんだから、とか、こういうのは甘えだ、
とか言ってる
私の頭の中お花畑になってると思われてんのかな

別に枕元で松岡修造になれとは言ってないし、
側にいてくれるだけで安心だからと伝えてるんだけどな
すぐ不機嫌になるし、どういうつもりで言ってるのか分からない

陣痛から分娩まで立会いしてほしいと思ってたけど、
もうあんた子供生まれるまで来なくていいよって気になってきた
こんなもんなんだろうか

妊娠中で里帰り出産の為実家に帰省中の妻がマタニティブルーで喧嘩ばかりになった。もう限界かもしれない。

2014年1月1日

464: 離婚さんいらっしゃい 2012/09/23 01:23:38
【自分の年齢・性別】
28歳・男

【相手の年齢】
32歳

【結婚年数】
3年目

【子供の有無】
あと1週間位で生まれる予定
ちなみに妻は里帰り出産のため、実家(かなり遠方)に帰省中
産気付いたら自分も向かい、立ち会う予定

【相談内容】
まず何も聞かないで上記の情報だけを見て、離婚問題に直面した場合、どう自分の気持ちをもっていけばいいか教えてほしい
無理を言って誠に申し訳無いんだが、助けてくれ
誰にも相談もできず、パンクしそうだ
「子は鎹」って言葉は本当か?

465: 離婚さんいらっしゃい 2012/09/23 01:37:43
肝心な情報が無いので何とも言えないが、、
『子は鎹』って言葉は本当だ。
っと思える自分は幸せものなのかも知れない。一度失敗してるがね。

出来ればもっと詳しい情報をお願いします。

466: 464 2012/09/23 01:47:30
>>465
早速のレスありがとう
実はついさっきまでまた問題に直面してたんだ
それでもう叫びだしたくなるような心境に陥って、最近こんな事が続いてていよいよこのスレにすがり付いてしまった
ちょっと落ち着いて、話をまとめられそうになったらまた書きます
ありがとう

このページの先頭へ