小学6年の娘は地域の運動系のクラブに入ってるんですが先日練習後に大会の打ち上げがあり子供だけ参加しました。次の日監督から電話がかかり

2018年7月16日

136: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/08/05(土) 16:04:49.57 ID:KuKMacuY.net
小学6年の娘の事です
地域の運動系のクラブに入ってるんですが、
先日、練習後に大会の打ち上げがあり、子供だけ参加しました
次の日、女性監督から電話がかかってきて、コーチのひとりが酒に酔い、娘の胸に手が触れ、娘が泣いていたということで謝罪されました
コーチとはこの後話をしますという話でした

勘違いか迷う程度なら泣かないなと思い娘に詳細を聞き取りをすると、
店内で集合がかかった時に背後から片腕と脇の間から手を入れてきて抱えるような形だったという
再現してもらったら完全に片乳ガッツリつかむ形、そら泣くわ
そのあと半ばひきずるような感じで集合場所に連れていかれた、ショックを受けた、怖かったので泣いてしまったと言います

1週間ほど経ちますがコーチからの謝罪はありません
監督からの経過報告もこの間特にありませんでした
今日はクラブ活動があったのですが、別の用事が以前から入っていたので休みのライン連絡を入れたところ、今日コーチが娘に謝罪するつもりだったようです(監督談)
対象はうちの娘だけではなかったようで他にもキャバクラか何かと間違えてるんじゃないのかと思うようなキモい行動も娘から聞きました
普段は普通らしいです

変態に道で出くわすのは事故のようなもので仕方ない面があると経験上思うのですが、信頼して預けている健全な場で、人にものを教える立場の人が小学生にそういう事をすること、子供がたくさんいる前で立場を忘れるような酒の飲み方をすることにショックと憤りを感じています

来週私が送迎で一泊の合宿があるんですが次の直接謝罪はその時になるのかな
クラブ自体が好きな本人の意思は大切にしたいですが、私がそのコーチに嫌悪感と不信感があり合宿参加させていいのかわからなくなってきました
考えすぎでしょうか
普段送迎が必要な時は旦那が主にしてくれています
私はそのコーチと話したりした記憶がないのですが、会ってどんな風に対応したらいいのでしょうか
娘が今後ぎくしゃくしないで済みながら、コーチには釘を刺したいです

夫の先輩が我が家での飲み会に来るかもしれないんだけどその先輩は逮捕歴があるので私としては来て欲しくない。夫に言ったら激怒された

2017年5月4日

309: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 14:55:38.84 ID:r0TMO4A9.net
夫の先輩が我が家での飲み会に来るかもしれない。
私としては、その先輩は逮捕歴のある人なので来てほしくない。

ということを夫に伝えたら激怒。
昔からすごいお世話になった人で、住んでる地域でも顔が広い先輩だから
いい関係でいたいと。
確かに近所ではその先輩を知らない人はいなくて、いい意味でも悪い意味でも
有名人らしい。夫の親も家族ぐるみの付き合いだとか。

スポーツクラブのコーチもしてるから、下手に断って子供との関係も
悪くなったらどうするんだとのこと。
一度の逮捕歴でグチグチ言うなんて心が狭い、頑張って更生しようとしてる
先輩に失礼だ、誰にだって多かれ少なかれそういった過去はある、
夫や夫の家族、友人、全方位からディスられてしんどい。

息子の少年野球チーム内の保護者で1番若いうちの嫁がコーチに気に入られて世話係をやらされていてモヤモヤする

2014年9月9日

169: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/01/19(木) 17:49:38.19
只の愚痴で何処に吐き出しゃいいのか解らないので、ココに。
 
ウチの小五の息子君が地元の少年野球のチームに所属してんだわ、
そこそこ強豪で練習とかキッツイんだがまぁ良く頑張っていると思う。
それはいいんだが、うちのチームでは「選手の保護者は必ずなんらかの役員を
しなくてはならない」という決まりがあるんだ。
 
役員てのも色々あって対外的なものからチーム内の会計や雑用なんかもちゃんと
役員で振り分けされていて、必ず全保護者がなにかの役職に付くようになってんだよ。
で、他所はどうだかしらないが、ウチには「コーチスタッフ」という役職がある。
 
簡単に言えば「監督やコーチの方々のお手伝いをする仕事」だ。 
まぁこういう役員がいる事でコーチ達のその他の雑務を少しでも軽減し、
選手と共に野球に専念して頂くというのが狙いな訳だ。
 
ココまで書けば勘の鋭い方ならご理解頂けると思うが、この役職、担当するコーチによって
楽だったり激務だったりするかなり偏った役職で、
我が家は今期まさに後者をやってきたわけです。
っても「嫁が」だけどね。

このページの先頭へ