非閉塞性の無精子症だったけどMD-TESE受けて嫁は今二人目妊娠中。嫁の体に大きな負担を掛けてしまったが今が人生で一番幸せだ

2014年12月1日

467: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/05/29(火) 06:33:37.41
非閉塞性の無精子症だったけど、MD-TESE受けて精子回収できて
嫁は今二人目妊娠中。
上の子も元気にすくすく育っている。

金はかかったし嫁に負担もかけたがやって良かった。
今が人生で一番幸せだ。

MD-TESE(顕微鏡下精巣内精子回収術)
TESEとは、陰嚢を0.5cm~1.0cmほど切開し、精巣内の精細管と呼ばれる小さな組織を採取する方法です。その中でも、少しでも多くの精子を採取できるように、全身麻酔をかけて顕微鏡下に精巣内をくまなく観察する方法をMD‐TESEといいます。
MD-TESE

このページの先頭へ