日本語の通じないタイプの嫁との結婚生活に疲れ離婚のチャンスを伺っていたが嫁の両親も同じタイプだった

2014年6月13日

199: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/05/03(日) 17:38:15
後悔の果て、半年に渡り計画を練り、この度目出度く終了の契約を今月迎える
正直疲れ果てた、第二の人生が楽しみでしょうがない
親にも心配かけたし、孝行しよう

200: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/05/04(月) 05:25:53
>>199
kwsk

201: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/05/04(月) 12:28:02
>>200
ケコーン後、嫁の性格の殻が破れた。
見抜けなかった俺も甘かった。
相手を思いやった分だけ思いやりのハードルが上がる。
惚れた相手だから甘やかしてもいたが、甘やかしとは別に叱ってもいたんだが
どうも「日本語が通じない」タイプであったようだ。

何がどうダメなのかを噛み砕き事細かに説明しても、自分の都合よい曲解、
もしくは話し合いが理解できずにめんどくさがる。
最終的に、俺の人格否定、俺の両親の考えの甘さを批判するようになり
だめだこりゃ、と思った。
ダメだこりゃ、と思った時点で手遅れだったんだが、
睡眠障害と胃潰瘍を抱えるようになった。

そこから、離婚へ持っていくためにチャンスを伺いながら耐える日々。
実にこれが1年続いた。
昨年10月にとある事件を嫁が引き起こした。
これをチャンスと一気に畳み掛けた。
それを理由に半年間、家に帰るのは睡眠・風呂・着替えの為だけと言う状況を作った。  
その間、家へは生活費を入れていたし、家事もこなした(嫁はNEET)
夫婦生活としては破綻していながらも、最低限の義務を果たしているこの期間が
一番苦痛だった。
自傷やOD等、およそ自分らしくない事ばかり考えていたが、そこは踏みとどまった。

同時進行で義両親を説得しなければいけなかった。
理由は性格と価値観の大幅なズレ、及びそれに付随して影響した俺の精神的苦痛と
肉体的限界。
人格者で良い義両親だった、が、やはり嫁の両親「日本語が通じない」

嫁と会話したら喧嘩になるので家庭内別居をして早5年。4年後に子供が中学を卒業したら離婚する予定。もう少しで自由になれる。

2014年3月9日

368: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/12/15 12:14:38
嫁と会話すると喧嘩になるし、気分悪くなるので、5年くらい家庭内別居してるわ。
一年で嫁と会話する時間、2分も無いかな(笑)
先程、久しぶりにリビングで嫁と会ったが、氷がくっ付いてたのをキッチンの大理石部分で軽くコンコンと叩いて氷を分離したら
「おい!傷が付くから止めてくれる?!」
と激怒。
やはり会うと何かあるな、と再認識。
子供が中学出たら離婚する予定。
第二の人生は40代でスタートか。
もう絶対に女には関わらないようにしようと決めている。
社内で派遣女を見るだけで寒気がするし、気持ち悪くなるから近寄りたくない。

370: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/12/15 14:06:26
子供も哀れだな
しかしこういう結婚すら当人同士はよかれと思ってしたもの
人間二人が一緒に暮らす際のメンタルの推移は、予想はほぼ不可能だな

371: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/12/15 14:35:37
つか、こんな家庭…小さいながらも子供が気使っちゃうんじゃね?
可哀想だな…

373: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/12/15 22:24:43
子供の事考えるならすぐ別れるべきかもな

369: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/12/15 13:45:50
>>368 久しぶりにリビングで嫁と会ったってどんな生活なんだww

このページの先頭へ