最後の長い一呼吸で嫁は自分の人生を終わらせた。週一で墓参りに行くが、未だ嫁の死と向き合っていない。

2013年11月19日

620: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/10/15 13:41:13
新参者です。みなさん宜しく。

今年の12月で嫁の3回忌を迎えます。
悪性脳腫瘍で医者から残り一年の命だと告げられ時はよく理解できんかった。
手術した翌日、全身麻酔が抜け僅かな会話を交わした。
嫁の腫上がった顔を見て涙が溢れそうになったが必死で堪えた。 
嫁との残された時間をフルで一緒に過ごしたいと考えた俺は後先考えずに仕事を辞めた。
術後は良好で、抗癌剤治療のため月1で1週間の入院がローテーションになる。
日常生活は何も問題無かった。
どこそこに脳外科の名医が居ると聞けばセカンドオピニオンに走り、
病を治癒してくれるお寺があると聞けば二人で赴き、
あそこの天然水が良いと聞けば山道を駆け貰いに行った。
もしかて頼みを聞いてくれるんじゃないかと思い先祖の墓参りにも行った。
海外旅行にも出かけた。遠くに嫁いだ嫁の親友の所にも遊びに行った。
無情にも8ヶ月目に再手術。
それから5ヶ月が過ぎ3度目の手術。
医者から次の緊急入院が発生したらもう家には帰れないと云われ術後2週間で無理して退院。 
家に帰って10日目の夜、激しい痛みと嘔吐。最後の緊急入院をする。
今まで自分を誤摩化していた俺はこの時はじめて覚悟をした。
医者は4度目の手術も可能だと言うが、俺はもう止めてくれとお願いした。 
嫁は意識があり普通に会話ができる。でも、日が経つにつれ嫁の声は弱々しくなる。
嫁の好物を買って来ても一口が限度。やせ細った嫁に好きな好物も食べさせてやれない無力感。それでも俺は嫁の前では何時もニコニコ顔。 
長期の昏睡状態を経て、最後の長い一呼吸で嫁は自分の人生を終わらせた。
週一で墓参りに行くが、未だ嫁の死と向き合っていない。
嫁は俺が元気で生きて行く事を望んでいると思うので、それは厳守している。

長文駄文の上、進めてしまって申し訳ない。

621: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/10/15 14:47:49
>>620
辛かったな。よく頑張った。

622: 620 2011/10/15 17:30:09
>>621
ありがとう。その一行で癒される。

やっぱり時の経過は凄い。嫁の位牌を抱いて泣き崩れる回数もだいぶ減った。
嫁への愛情は全く変わらないが。それでいいよな。

コンビニ弁当を子供と食ってたら子供が「ママのご飯食べたい」って泣くんだよ。俺だって食いたいよ。俺も一緒に泣いた。

2013年11月17日

562: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/07/11 21:42:51
流れ切ったらごめん。 誘導されました。

酔ってるから読みにくいかも知れない。
あと、書くべきスレが違うかも知れないけど 他に適切なスレが見つからないんだ。
本当にすまない。

俺、26歳。嫁、32歳。子、5歳。
俺も嫁も親類はいない。

1カ月前に嫁が他界した。
本当にいきなりで、いまも信じれらない。

563: 562 2011/07/11 21:48:41
珍しく俺の方が先に起きていつまでも嫁が起きてこなくて子供の保育園の時間になっても起きてこない。
いいかげん起きないとやばいんじゃない?と思って起こしに行ったら息してなくてさ。
救急車呼んでさ.

なんか警察とかも来てさ。
ここらへんあんまり憶えてないから説明出来ない。

よくわかんねーままに嫁は解剖されちまって脳卒中だってよ。
32だぜまだ。若いよ。

564: 562 2011/07/11 21:52:21
俺自身仕事どころじゃなかったんで有休使ってる状態。
上司に話したら少し休めって言ってくれた。
有休あんまりつかわなかったし、忌引きが使えるからって。
でも、嫁を送り出してから1週間経つし、そろそろ行かなきゃいけない。 

チビにもママがいない日常をわかってもらわないといけない。
そう思って今日子供と一緒に買い物に行ったんだ。
コンビニに弁当。俺、飯作れないし。

嫁の遺品のノートに見覚えのある料理レシピと俺が食べた時の様子が書かれていた。涙が止まらなかった。

2013年11月15日

298: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/20 23:52:00
八年連れ添った嫁に先立たれて早二年が経った。
最近ようやく嫁の荷物を整理し始めたのだが、思い出が詰まりすぎてて捗らない。
生前、子供に恵まれなかった為に猫を2匹飼ったのだが、この猫達は嫁が大好きだった。
寛いでいる時も寝る時も常に嫁の横から離れなかったんだ。 
嫁がいなくなってからは大変だった。
飯は食べない、トイレはしない、動物病院通いを余儀なくされた。
だが、ある日、2匹の猫が嫁の愛用していたソファーを見つめニャーニャーと鳴いたんだ。
そしてグルグルと喉を鳴らし始めた。 
俺はその光景を黙って見ていたんだが、突然猫達の飯が入った瓶が倒れた。
平らな場所にしかも太くて高さのない瓶が風もないのに。
俺は何故だかよく分からないが飯をやらなきゃと思い、容器に飯を入れた。 
そしたら、猫達は嬉しそうに飯をガツガツ食べ始めて、
その日から毎日ちゃんと食べるようになったんだ。
今迄誰にも言えなかったのだが、あれは嫁が現れたんだよな?
そう信じて良いんだよな?

299: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/21 00:03:37
>>298
うん、その通りだし。
今も貴方と猫達を見守ってると思う。

300: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/22 10:40:56
こんなスレがあったんだな・・・
見ちゃいけないと思いつつ見てしまったわけだが
やっぱ俺には辛すぎるわ

301: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/24 08:43:17
>>298
まだまだ暑いな、目から汗が・・・。
猫達と仲良く達者でな。

医者が「力及ばず、申し訳ありません…ご臨終です」。死因はくも膜下出血。

2013年8月13日

149: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/01 23:43:10
 すまん、別スレに誤爆しちまったんだ(・∀・)。こっちに書き込ませて
もらっていいかな?(・∀・)。

 まさかここに書き込むことになろうとは…。
 嫁、死んじゃったよ(・∀・)。49日終わったよ(・∀・)。結婚して
3年目(・∀・)。
 
 …この顔(・∀・)付けないと、もう自分が崩壊しそうなんだ。今も
崩壊中。嫁が職場で倒れた。電話を受けて俺が病院直行。そしたら医者が
「力及ばず、申し訳ありません…ご臨終です」。死因はくも膜下出血。
最近は死なないのが多いらしいんだけど、嫁は運が悪かったらしい。

 冷静に書いてる。自分のことじゃないみたいだ。でも、遺影の嫁の笑顔が
目に入るたび泣いている。あとな、嫁の部屋を片付けてたんだ。普段、うちは
自分の部屋は自分でするんだけど(家事は交代制)、そしたら、「夫君へ」
と書かれた封筒があった。
 中身、「これ読んでるってことは、私はこの世にいないということだよね。
元気ですか? ちゃんと食べて、きちんと眠ってますか? それとも可愛い
彼女見つけたかな?」
 …彼女なんか見つけられねぇに決まってるじゃん。お前が世界一なんだよ、
俺にとって。
 で、手紙の最後に「パソコンの***って名前のフォルダ、開いてね」
って書いてあったから開いてみた。
 多少下手でも(俺、料理下手orz)栄養バランスがよくて簡単に作れる
おいしい料理、弁当のおかずにいい料理、俺の好物…作り方、全部書いて
あった。

 ごめんな、嫁。俺、多分一生独身で行く。お前は天国でいい男捕まえて
くれ。 だけど、俺見かけた時には、ちょっとだけでも笑顔見せてくれたら
嬉しい。

 今夜も嫁が残してくれた料理レシピで作った飯で晩飯。ありがとう、嫁。

150: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/02 01:31:09
辛いな・・・

辛いな

151: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/02 08:17:13
死期が近いのがわかってたってこと?
くも膜下出血てそういう病気なん?

152: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/02 13:08:12
ぐぐってみたら、必ずしも全員に前兆が出るわけでもないようだが、
人によっては、

> 稀に神経が圧迫されたり多量の出血の前に少量の血液が出血して、
> 頭痛、顔面痛、複視やその他の視力障害など、危険な徴候が現れます。

> 攣ったような痛みが首にはしるというものです。
> 通常、寝違えた場合などはある方向に動かすと痛みが起こるのですが、
> 首を動かさずとも攣ったような痛みがあるということらしいです。

> 後頭部周辺が攣ったような痛みがあるといいます。
> この痛みは、動脈瘤が破裂した側に痛みが生じるということらしいです。

こんな感じの前兆が出ることがあるにはあるみたいだ。

このページの先頭へ