家事能力ゼロの無能な旦那のせいで私が正社員を断念しパートしながら全てを引き受けていたらパート先の社員から非難轟々

2016年12月31日

358: 名無しさん@おーぷん 2016/07/06(水)00:52:32 ID:od8
家事能力ゼロの旦那
ごみ捨て、簡単な洗い物(水筒などは無理、茶渋も取れない)と掃除と片付けはできるけど

一人で買い物ができない
料理は勿論できない(リンゴの皮むきでドヤ顔するくらい無能)
洗濯ネットの使い方など家事道具の基本的なことがわからない
アイロンかけられない
洗濯物を干させたらシワシワ
畳めない(畳まない)
年金税金公共料金の支払いその他手続きなど一切できない
(年金手帳2冊あったのに危機感ゼロ)

と問題だらけで、本人も自覚しているので私が正社員を断念し、
パート+旦那ができない上記全てを引き受けている
旦那は私が倒れたら一人で生きていけない自覚はあるため、
できることはそこそこ手伝ってはくれる
配膳、洗濯物の取り込み、アイロンとアイロン台の出し入れなど、
子供の手伝いかということでも手があいていない時にやってくれると助かる

姑も生前、「独身の間に五年間一人暮らしさせたのに、
あまりに嫁に甘えすぎだからお金関連やいろんな手続きだけでも少しずつ息子にやらせて」
といっており、今その部分を少しずつだけど旦那に教えてる最中
正直自分でやるほうが何倍も楽だし早い

30までに税金のことを理解してくれたらいいな、
確定申告くらい出せるようになってくれたらいいな、と思っている

とまぁ前置きが長くなったけれど、
前に平日旦那の会社が休みで、ちょうど役所で手続きがあったから旦那を連れて行った
住民票一通と税金の支払いをお願いし、私は旦那の動きがわかる位置で座って観察
助けを呼ぶようならすぐに駆け付けられるようにしていた

旦那は職員の人に聞きながらなんとか生活科と国民年金科にいきつき、
全てを終えて戻ってきたので、そのまま帰った
それの一部始終を期日前投票にきていたパート先にいる社員の男性に見られていて、
「パートで養ってもらってる癖に旦那にあんなことさせて、女の風上にもおけない」と非難轟々
「養ってもらってるって、私こうして働いてますし、旦那の扶養にも入ってませんし、
自分の生活費税金年金分は自分で稼いでます」と言い返したら
「パートごときで共働きなんて言わないから。お前はただの主婦だ。
俺の奥だってパートぐらいしている。それで男と対等の立場だと思っているのか?」と
鼻で笑われた

更にこの話を家で愚痴っていたら、舅に預けていた子供を引き取りに来た義弟にも
社員と同じことを言われた
旦那と舅は義弟を叱ってくれたけど、1つ疑問
パートだったら共働きって言わないの?
パート+家事して実働時間は旦那より長いのに、これでパートってだけで立場下だと思ってる
男性がいることが信じられないんだけど、今でもそういう価値観は多いのかな?
無条件に妻は下という価値観は団塊の世代だけだと思ってた

ちなみに私と旦那は28
義弟は26、社員の男性は30過ぎくらい

嫁との結婚生活やライフプランについて職場の連中から非難されまくって俺は嫁を甘やかせてるんだろうか?と悩んでいます

2015年7月14日

441: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/19(日) 11:21:27.61 .net
嫁との結婚や直近のライフプランを職場の連中から批難されまくるんで悩んでる

嫁は生まれ持っての持病持ちで胃腸が弱く、疲労が貯まると頻繁に吐く
正社員二年目で毎朝吐いてた&職場でも吐くらしくお局からのいじめがあったから
正社員の仕事やめさせて、現在五時間以下のパート労働(年収140万~)

家事は嫁は片付けベタ背が低く洗濯苦手なので俺担当
俺はゴミの分別や炊事出来ないので嫁担当
と出来ないことを相手にやってもらうスタイル

流産しやすく悪阻が酷くなりやすい体質だとかかりつけ医に言われて、
妊娠中は薬が飲めないから、紹介状で大病院にかかって妊娠するように言われてる
だから妊娠前に仕事やめるか労働時間かなり減らしてもらう予定

と、直近のライフプランを述べたら
「そんな嫁貰ってなんのメリットがあったの?(50代上司)」
「自分と子どもの食いぶち稼げない嫁って単なるお荷物じゃ(同期)」
「病気って遺伝するのにそんな女の子ども作るの?(30代先輩)」
「パートなのに家事全部しないっておかしくないですか?(後輩)」
「妊娠中でも産む直前まで女は働けるでしょ?(後輩)」
等と周りから何度も突っ込まれる

今の部署に女性が一人もいないせいか、俺は嫁を甘やかしすぎだとか
嫁が正社員やめたのは甘えとか言われるし、今時二馬力じゃないと
子育てできないだろとも言われる

俺の現在の生活やライフプランってそんな変で嫁を甘やかせてるんだろうか?
職場の連中は女をもっと働かせろというけど、俺は今でも十分働いてもらってると思ってる

このページの先頭へ