この時間のオススメ人気記事

亡妻が生前に撮ったまだ赤ん坊の娘を抱いて幸せそうに笑う動画を見る度に俺は愛されていたんだと感じる。

2014年2月28日


このまとめ記事は約 10 分で読めます。

124: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/15 07:54:29
生まれたばかりの赤ん坊を抱いて幸せそうに
「大変だったけど、次はリクエスト通り男の子産むからね」
って笑う嫁の動画を見る時。

一人娘は来年小学校受験。
体は弱かったけど気持ちは俺より数段強かった嫁に、
お受験面接の心得を聞こうと思う。

今夜提灯の灯りを頼りに帰ってくるはずだから。

125: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/15 08:01:35
>>124
金麦が泣いた

126: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/15 08:16:57
>>125
自分語り、済まん、
もう3年以上経つのに、盆と正月と命日近辺は精神的に脆くなる。
普段は嫁と約束した通り再婚相手を陽気に探してるんだ。


まぁ、単に俺が低スペックだから相手が見付からないだけなんだけれど
段々嫁に似てくる娘を見ると、再婚する気も失せる。

127: ヤジニモ 2009/08/15 08:47:58
てめえ、朝から何て事かきやがるんだ…

(T∀T)ナケタ…

150: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:
128: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/15 09:09:44
約束破りはいけませんよ

129: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/15 13:24:11
病気なんだよな?スマン泣けてしまって・・・子供はお母さんの事覚えているかな、
覚えていてあげてほしい。

130: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/15 14:14:06
>>128

だから、子持ちやもめに世間は冷たいし、
なにより男としてもモテねぇよwww

>>129
病気、病名は秘匿するわ。

覚えて居ると娘本人は言っている。
でも、他の人から聞いた話を適当に繋げているだけかも知れない。

俺は娘に母親の事を話せないでいる。
娘を見ながら話すと泣き出しかねないから。

131: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/15 14:54:29
嫁子のこと、今よりもっと大事にする・・・

132: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/15 16:34:11
嫁と金麦飲むよ…(TДT)

135: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/15 17:01:05
目から汁が(´;ω;`)

136: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/16 04:16:18
嫁が死んだスレ行って吐いてこい。あそこは同じ境遇の人が多いから、きっと
ホッとすると思う。同じ立場で話聞いてくれるから。

137: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/17 21:08:12
傷の舐め合いと理解していても癒されるスレの存在が有り難い。
ここに集ってるオマイラ、嫁さん大事にしてくれな。

428: 124 2010/09/19 14:02:37
ここで報告するのもなんなんだが再婚した。

相手は嫁の従姉妹で、俺の2歳上の×1さん。
娘の面倒を嫁実家に頼む事が多かったので、
離婚後こっちに移り住み、叔母の家(=亡妻実家)に出入りしてる内に
娘と先に仲良くなったらしい。

この夏、亡妻両親と娘と彼女と亡妻両親の別荘に行き、
夜中二人きりで酒をのんで話してると、
なぜか話題が下の方向にいってしまい、
お互いあっちの方で不自由しているんだから、
割り切った関係になろう言われて、つい。

その後は周りも賛成するし、彼女からも

・自分は子がいないし娘とは血のつながりがあるので絶対邪険にしない。
・亡妻ちゃんの事を忘れてって言わない、ずっと一番愛していてあげて。
・打算的だけど生活安定したいし、これから一人で生きていくのは寂しすぎる。
・やっぱり娘ちゃんには女手が必要。

とか言われて納得してしまった。自分からプロポーズした。

これで良かったのか、分からないけれど。
良かったんだと歳を取ってからいえるように、
娘と彼女と、ささやかな幸せをいつも感じられるような家庭を作ろうと思う。

429: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/19 14:26:42
>>428
なんかむかしでいう「直る」っていうのに近いんだろうけども、
まず、子供が幸せになりそうな関係なのはいいのかもしれないな。
でも今の嫁さんは嫁さんで大事に見つめてやって
新しい幸せが築けるとよいね。
おめでとう。

430: 124 2010/09/19 15:01:50
>>429

有難う、素直に嬉しい。

>今の嫁さんは嫁さんで大事に見つめてやって

彼女を選んだ理由は、
自分のペースで亡妻の死と折り合いがつけられるからだ。
気持ちにケジメのつけられない駄目男との結婚は
彼女にとっては辛いし、満たされないかもしれない。

でもそれでも良いって言ってくれるし、
俺が仏壇の前でずっと暗く座り込んでいても放って置いてくれる。

一歩引いて俺を見守ってくれる、月明かりのような愛情を感じる。

俺は亡妻とお互い全てに於いて最初の相手だったし、
その後もまともに付き合えた女性がいなかったので、
男女関係のスキルと経験値が惨めなくらい低いんだ。

そんな不器用な俺と結婚してくれるんだから、感謝してる。
この感謝の気持ちをゆっくり形に出来れば良いと思う。

431: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/19 15:42:19
>>430がスレチでなくなっている件

472: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/12 20:32:27
>>428
泣いた。
嫁大事にしようと改めて思った。
幸せになれよ

432: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/19 16:25:28
頑張れ、応援してる。

433: 124 2010/09/19 17:58:42
亡妻が亡くなる少し前に云ってたんだけれど、
「自分の為に生きるのは不幸で、誰かの為に生きるのは幸せ」なんだって。
だから
「頭の中にしかいない私の為に生きるのは不幸の一種」でしかない、
「ありのままの貴方の事を必要とする人がいたら直ぐに再婚して」
「私の事をすっぱり忘れてその人の為に生きて欲しい」って。
なんでもその事が
「貴方の中で私が永遠に生きる事になる」らしい。
何の事だかさっぱり分からなかったが、
今は違う。

年上だけれど男に頼る感じの彼女とちがい、
亡妻は年下だったけれどいつも泣き虫な俺より気持ちが強かった。
亡妻みたいに強い気持ちで彼女と娘をリードして
幸せにしろって言ってたと勝手に解釈しているww

彼女は夜寝室に入ってくる前に必ず、
「入っていいかしら?」と聞いてくる。
毎朝位牌に向って手を合わせてくれる。
多分、俺とか娘の気持ちを尊重してくれてるからだと思う。

口では笑いながら
「私はずるい女狐だから、上手く取り入る為のポーズ」というが、
表面の形だけでも嬉しい自分がいる。
100%の本当も100%の嘘もなく、彼女自身、
これからの家庭のあり方を模索してくれているのだろう。
その努力の源が自分への愛情だと解釈したい。

434: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/19 21:21:04
>>433
今も昔も嫁に恵まれてるな 

死の恐怖に向き合ってなお124の将来を心配してくれる嫁も、
自分の打算的な部分を自覚・告白した上で愛情を育もうとする嫁も。

彼女らにとって124は愛すべき人なんだろう きっと嫁達も伴侶に恵まれてるよ
娘の成長につれて課題は出てくるだろうが、乗り越えていってくれ
ささやかながら応援してるよ

456: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/10/29 21:57:33
124の書き込みを昼休みに見て、目が潤んだ。

下手な映画より感動した。

124さん、応援してます。

458: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/10 15:54:32
124、泣いた
文才あるよ・・・
おめでとう
どうぞ末永くお幸せに

469: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/11 09:21:39
久しぶりに降臨してくれないかなぁ?
幸せでここ忘れちゃったのかなぁ?

471: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/11 22:35:26
こんな素敵な話があるとはね。
428で何だか救われる、そんな感じがした。

473: 124 2010/11/12 21:26:19
みなさんのイメージ壊すと悪いけど、、本人。

新婚なので幸せです。
なんたって家に帰ると娘と妻がいるんですよ!
二人で楽しそうに仲良く話しながら俺の帰りを待っているんです!
ご飯も作って用意してあるんですよ!
不満なんかありません。

前は夜遅くなると亡妻実家へ寝ている娘を迎えに行き抱えて暗い部屋に戻ってたのが、
凄く楽になりました、主に精神的に。娘の笑顔を増やしてくれた妻に感謝です。

妻は後天的な障害で子供生めない可能性があります。
ですから俺と結婚したかったというより娘の母親になりたかったと嘯いています。
「貴方はおまけ!」らしいですwww

妻は娘に自分の事をママと呼ばせます。
娘は俺をお父さん、亡妻をお母さんと呼んでます。
何年かかっても良いから、必ず娘から進んで俺をパパと呼ぶようにするんだそうです。
何故?って聞くと、「そりゃ私が嫉妬深くしつこい性格な女だから」だそうです。
??の俺を、女心に疎いといい、馬鹿にしますww
「だけど、そこが良い所だから変えちゃだめ」なそうなので変えません。

妻は俺と結婚して凄く良かったとよく言います。
理由を問えば「毎日家に帰ってくる」「話を聞いてくれる」「重い荷物をもってくれる」
「作ったご飯をおいしいといって食べてくれる」「毎晩オヤスミといってくれる」等、
そのつど、大したことない事を俺の美点といってくれます。
きっと、見るべきところがない俺を無理して持ち上げてくれているのでしょうww
ちょっと気恥ずかしい感じの愛情を感じます。

476: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/12 23:17:57
>>473
くぅー、一本取られたねw
何だか124の家庭が目に浮かぶ。
お幸せに!良かった、良かった!

474: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/12 21:33:45
また泣けた・・・
良かった良かった。

奥さんできた人だなぁー。
あなたはおまけかぁ!

良いご家族ですね、とっても。
幸せな気持ちになりました。

475: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/12 21:44:27
124!待ってたよ!
出てきてくれて本当に嬉しいよ
その後も聞かせてくれてありがとう
また涙が出そうになったw>あなたはおまけ
みんな幸せそうで本当に良かった
これからもずっと124家に幸多かれ

478: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/12 23:32:25
泣けた。良かったよ
きっと亡き嫁さんも天国で喜んでると思うよ

しかし読ますなあ
124はブログとかしてないの?読みにいくのにw

480: 124 2010/11/13 17:45:03
皆様、新婚ボケの寝言を聞いてくださりありがとうございます。
お褒め頂ましたがブログとかは、面倒くさがり屋なもんでやれませんww

それに今になって124を客観的に読み返すと、何こいつ自分に酔ってんの?って思います。
リアルな社会では義母(亡妻母)から、娘が居なかったら自殺しかねないと心配されてたそうです。

確かにあの頃は、毎日亡妻との思い出に浸っていた訳では有りませんが、
亡妻を基準に女の人をみて、一つでも劣った所があると最初から対象外にしてました。
いや、対象外にする為女の人の欠点を探していたのが本当かもしれません。
誰も俺をわかってくれない事を分かって欲しいと思ってました、図々しくも。

30過ぎてこんなに心境が変化するとは自分でも思っていませんでした。
ほんとに恥ずかしいですね。さらにまた428の時点でもまだ悲劇のヒーロー入ってますねww
自分がカッコイイ生き方をしてると思いたいが為の気取りがあるでしょ。

正直この時点では妻を優しい良い人と思ってましたが、あまり好きでなっかたんです。
見下してた点もありました。家政婦兼ダッチワイフ、ゲットだぜ!的な気持ちもありました。

でも幸せな家庭を作りたいって目的が一緒だったんですねww
今はなんかバディって感じの関係になってます、亡妻への気持ちとは全く別な、
見詰め合って少しでも深く相手を知りたいと思うのではなく、相手も同じ方向を見てると自ずと信じられる。
そんな感情です。これも愛情ですよね?燃えカス同士にはお似合いだと思います。
妻の努力に負うところが多いのでしょうが、こいつとは上手くやれんじゃない?的な相性の良さも感じます。

481: 124 2010/11/13 17:46:02
一方、妻は義母の家に出入りし始めた頃、俺との結婚を打算で考えてたといいます。恐らく本当の事でしょう。
でもあまりの俺の不器用さに、段々親身になってきて手助けしたくなったといいます。
「この暗い偏屈な男に娘を育てさせたらろくな事にならないと思った」そうですwww

ですから結婚した時も俺に対してはちょっと微妙だったそうです。
でも一緒に暮らすうちに、ん、これは当たりかもって思い直してくれて、
今では「溜めに溜めた男運をここで全部使っちゃった、失敗」と笑いながら悔しがりますww

妻は亡妻と住んでいた場所が少し離れていたので、年に数回単なる親戚として会う程度だったようです。
「亡妻ちゃんは性格きつかったから合わなかったw」ともいっています。
実際、全然違うのでかえって混乱はしません。顔も言われなくては似てると思えませんし。

妻は「思春期になると娘は」俺と妻が再婚した事を「絶対嫌がる」といいます、乙女心だそうです。
それで嫌われて距離を置かれるのはしょうがないと(俺には全く想像がつきません)。
でも分別がつく二十歳代に入って仲良し親子に戻れる機会はあるし、絶対戻りたいといいます。

そのためにも今が大切なんだといいます。自分が娘にどれだけ愛情を与えられるかが勝負だと。
俺が何か手伝うか?と聞くと「貴方には無理!普通にしてて」と笑われました。
よく分からないので家庭の事は妻を信じて任せることにしました。


で、昨夜思いついた事を推敲後、落として、それでお別れにします。
皆さん私達家族に応援大変ありがとうございました。

482: 124 2010/11/13 18:00:57
気持ちに余裕が出来たからか、結婚してかえって亡妻の事を良く考えるようになった。
1度目の告白では軽くあしらわれ、2度目では病気を理由に断られ、
3度目でようやくOKを貰ったんだが、覚悟を問われたんだ、断固たる決意があるのかと。

その場では「ある」と答えたのだが、へタレな俺は全然もって無くって、
周囲に反対された結婚、大反対された妊娠・出産、そして永久の別れ、大事な場面でただオロオロしてた。
医師からもう永くないと告げられた後ふたりになった時に、俺の方が大泣きしたんだ男の癖に、、、
そして「病気の事をちゃんと考えてなかった」と謝ったんだ、覚悟なんかなかったと。
亡妻はそんな俺をきょとんとした目で見て、
「あの時にきいた覚悟はね、愛する人の人生を飲み込み自分のと重ねる覚悟」で「病気とは関係ない」
「今、泣いてくれたのは、ちゃんと(俺に)確固たる決意があるからだよ」と逆に慰めてくれた。

483: 124 2010/11/13 18:02:25
現在、やもめ時代と違って充実した「夫婦生活」がある。
中学生の頃のようにそっちの事ばかり考えているww 経験豊富で心配りが上手な妻に溺れている状態だww
だが、体の弱かった亡妻しか知らなかった俺は自分が「下手糞」かもという劣等感があるので、
元旦那を含め、妻の体をすり抜けていった男達に対し忸怩たる思いがあり、それが言動にでてしまう。
そんな本能丸出しの俺を「3*才の×1女に、過去の純潔を求められてもねぇww」と妻は苦笑する。
亡妻が言った「愛する人の人生を飲み込む覚悟」はこの事かと思い、それが出来てない事を反省。

一方「ほんと、分かってないよねぇ」と言いながら妻は解説する。
女にとって、男の容姿、機能、技術もさることながら、どれだけ大切にされてるかが重要なんだそうだ。
男が恋人へ与えるプレゼントも高級フレンチもホテルのスウィートルームも、全部大切にするよというアピールだと。
だから、大切にしてくれる俺との行為が「今迄で一番気持ちが良い」んだそうだ。「もっと自信をもって」らしい。

でも、正直妻を特別に大切にしてると思っていない俺は困惑する。
新婚旅行はこぶつき温泉一泊、プレゼントらしいのは結婚指輪だけ。
暗に何か要求されているかと思い「クリスマスに何が欲しい?」と聞くと、溜息混じりに
「そんなんじゃなくて、今話してる間ずっと手を握ってくれてるでしょ!」とかいう、ちょっと顔を赤らめて。
本当にそれでいいのかぁ?と思う。

「これは言い訳も入っているんだけれど、本心」と前置きし妻が言うには、
これまでどんな男と付き合っても前の結婚の間も、ずっと自分らしく生きようと思っていた、
でも今は自分らしくなくても良いから、俺の奥さんとして相応しくなろうと思ってる、
自分を変えようと思ったのは俺が初めてで、無理なく変わっていく自分が新鮮に感じる、らしい。
「だから、貴方は私にとって(気持ちの上では)初めての男」らしい。

本人がいうように誤魔化しもあるだろうけれど
俺に対して亡妻が言っていた愛する人と人生を重ねる決意を妻がしてるんだと思う。
そして、こんな風に何かにつけて亡妻を考えてしまう俺を飲み込んで受け入れてくれる妻。
娘とガールズトーク(笑)をしながら悪戯っぽくチラ見される瞬間、愛されてるんだなとww

484: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/13 18:45:07
>相手も同じ方向を見てると自ずと信じられる。

これは…うらやましい。

485: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/13 21:26:28
いや、最後とか言わなくて良いから、これからもたまに書いてくれ。
124と、現奥さんのストレートな掛け合いはなかなか面白いぞ。
しかもお互いにそこはかとなく尊敬と思いやりが感じられる。

487: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/13 22:26:29
まあ、
とりあえず、




もげろ
話はそれからだ

488: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/13 22:29:01
むしろ娘さんを嫁に出すまで書いてほしいww
途中も『娘、とうとう来た反抗期』編とかw
いや本当にこれからも気が向いたらでいいから書いて欲しいなあ

489: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/13 23:18:38
なんか124の話聞いてて吉村明美「薔薇のために」を思い出したよ
嫁から薦められて読んで不覚にも感動した漫画なんだけど
病気で亡くなった恋人をずっと愛し続ける男が、それごと全て受け入れ
愛してくれる女性と出会い少しずつ変わっていく・・・っていうストーリーが
124と現奥さんに重なってみえる
ハッピーエンドというところも読後胸がじ~んとするところも一緒w

とりあえず、

もげろwこのヤローww

と笑って124に言えることが素直に嬉しい

元スレ:嫁からの「愛」を感じる瞬間。

http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1228109057/

1001: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:
人気サイトの新着記事一覧


カテゴリー:嫁さん大好き // 嫁に先立たれたの新着記事一覧

亡妻が生前に撮ったまだ赤ん坊の娘を抱いて幸せそうに笑う動画を見る度に俺は愛されていたんだと感じる。 を見た人はこんな記事も読んでいます


コメント

  1. 匿名 より:

    みよ、この醜い世間で逞しく生きる人々を!
    やはり世界は素晴らしい!

    ……ファウストあたりで出て来そうな台詞を書いてしまった。

  2. 匿名 より:

    感動した。

  3. 匿名 より:

    でもこの後妻みたいなタイプは、正直苦手。


※コメントが反映されるまで少しお時間がかかります。

こちらからコメントをどうぞ

人気ページランキング

このページの先頭へ