嫁が逆プロポーズしたい程好きだったのに病死した初恋相手の事を知り余計な嫉妬をしてしまう自分が嫌で自己嫌悪…

2016年6月10日

529: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)11:51:02 ID:1to
嫁と俺の年齢差12歳。
昨日、ふとしたところから嫁の初恋相手を知ってしまった。
嫁14歳の時、相手26歳で、こちらも12歳差。

嫁が熱心に告白していたそうだが、
相手は君が大人になったらねとはぐらかし続けていたらしい。
嫁は16歳になったら逆プロポーズすると頑張っていたそうだが、その前に相手が病死。

以降、ずいぶん落ち込んでいたらしいが、大学に入って1人と交際、
その後就職して俺と交際→結婚に至る。

死んだ初恋相手が生きていたら俺と同い年かと思うと、
俺はもしかしてそいつの身代わりなのかなとか、余計なことを考えてしまう。
嫁から初恋相手の話を聞いたことがないだけに、嫁はいまだにそいつのことを
どっかで思い続けてるんじゃないかとか、根拠もないのに内心嫉妬してしまう自分が嫌だ。

長女と仲良くなった訳アリの姉妹が引っ越す時に娘は寂しくて泣き俺と嫁は手紙を読んで号泣した

2014年5月18日

159: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/11/14(月) 14:45:47.86
今は中3の長女が小学校に上がる前の話

我が家の入るマンションは都営住宅が並ぶ団地と
道路を隔てたところにある。
団地には公園があって、うちの子供も毎日そこへ
遊びに行っていた。

嫁に言わせるとある日から小学校2~3年ぐらいと
幼稚園と思われる姉妹が遊びに来るようになった。
物怖じしない性格の長女は姉妹が気になったのか、
ガンガン話しかけたらしい。

姉妹の妹は長女と同じ年だったから次第に仲良くなったが、
姉の方は全く打ち解けなかったらしい。
嫁が道路ですれ違い、声をかけても無視されたと言っていた。

そんなある土曜日、嫁は幼稚園の謝恩会の打合せだと
朝から不在、子供を遊ばせ、テレビを見ていると
ピンポ~ンとチャイムが鳴った。

子供が出てみるとなにやら話し声。
出てみるとその姉妹だった。
うちの長女がいきなりこう聞いてきた
「パパ、ランドセルってどこに売ってるの?」と。

そりゃ、デパートとかさそういうところだよと
答えると姉妹に「デパートだって」と伝えた。
何の話だ?と聞くと姉妹の妹が再来週には
小学校入学なのにランドセルが無いのだそうだ。
それを親に話したら、買って来いといわれ、
3万円を渡されたそうだ。

これから二人で行くのか?とオレが聞くと
二人で黙ってコクリとうなずいた。
ちょっと待てよ、小学校入学なんて一大事を
姉妹二人で何とかしろなんて・・・と思いが沸き起こり、
おじさんがついていこうか?と聞いた。
すると我が家の長女がそれが良いよと言い出した。
姉妹の姉は大丈夫です、二人で行けますというが、
3万円握り締めているのを見たら、もう切なかった。

結局、我が家の子供二人と姉妹を連れて、
近所のイトー○ー○ドーへ。

赤いランドセルを購入し、
帰りにマックへ行ったが、
姉妹の姉を一度もニコリともしなかった。

家へ戻ると最後に小さな声で「ありがとうございました」と
言って、走り去っていった。

6年前に病死した嫁の7回忌法要の場で嫁方親戚vs俺方親戚が大喧嘩してカオスだった

2013年12月2日

523: 名無しさん@HOME 2012/09/30 20:13:41
アフィ叩きの流れを無視して吐き出し

6年前嫁が死んだ
病気、相当な難病で悪化したらどうしようもないとは言われてたらしい
再発したもうダメらしいと嫁に言われた時、正直どう言えばいいか分からなかった
義実家はもともと把握していたらしく、負担になるなら離婚しても構わないと言われた
速攻で拒否、自分もある事情で一生子どもを作れないカタワ、そんなのと結婚してくれた嫁を切るとかありえなかった

闘病半年、正直寝てるとしか思えないほど穏やかに逝ってしまった
それからが修羅場、義実家はともかく嫁方の親戚から非難の大合唱
多分義実家も相当言われたんだと思う
なぜ子どもを残さなかった、何もしてやらなかったんだろう、お前のせいで再発したお前が殺したとまで言われた
ストレスで70kg→47kgへ、ブラック気味の会社だったのに強制的に長期休暇取らされた
今は復職してバリバリやってる、そうしないと手が空いたら思い出して壊れそう

今日七回忌と言う名の嫁方親戚vs俺方親戚の大喧嘩会が終わったんでカキコ
呼んでねえんだからどっちも来るな、あとホイホイ周りを呼ぶな俺親
義実家親子の泣きそうな顔で詫びる姿が痛々しかった、申し訳ない

スレチかもしれない長文でウザイの失礼しました

527: 名無しさん@HOME 2012/09/30 20:30:01
>>523
お疲れ様でした。
大変でしたね。
次は13回忌かな。それまでに平穏な日が訪れますように。

530: 名無しさん@HOME 2012/09/30 20:39:38
>>523
うあ…乙でした。
七回忌は区切りだから、嫁のためにも静かに
供養してあげたかっただろうに。
義実家一家はまともなのに親戚がとは
義両親も肩身が狭いだろうな。

今夜は中秋の名月。
親戚が帰った後にあらためて
ゆっくりと嫁さんの供養するにはいい日だと思うよ。

化けて出るって言ってたから毎晩酒とつまみ買ってスタンバイしてる

2013年10月27日

966: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/12/04 21:55:23
流れ切るけど失礼。
結婚7年目で嫁を病死で失くして2年すこし。
子供も居ないし、意外に普通に葬式も墓の準備も何もかもが順調に済んだ。

妥協で結婚した的な感覚もあったし、大して泣かなかったし、
けろっとしちゃってるな俺、情の薄い男だなと自分で思う。
だけど親や周りがしきりと再婚を勧めてきたり心配したりする。

少しうんざりして、何がそんなに心配なんだよって友達に聞いたら、
自分で平気だと思ってやがるのが怖いんだって逆ギレされた。

俺が、嫁が死んだら化けて出るって言ってたから毎晩酒とつまみ買って
スタンバイしてる(嫁、飲んべえなんだよw)のに出てこねーって愚痴ったり、
飲み会で酔って壊れるとうっかり嫁携帯(だった番号)に「今日、メシいらね」って
電話したりするのが気になるそうだ。

そんだけで、周りから勝手にスゲー愛妻家だと思われた上に後追いの心配されてる
俺ってorz
善意の気遣いなんだろうが、いらん気を回すなよと思う。

967: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/12/04 22:37:22
>>966
だったらそういう態度はとらないように
ってか、ぜんぜん平気じゃねーじゃん

968: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/12/04 22:48:59
>>966
そういうのは平気とは言わん

再婚うんぬんは確かにお節介だが周りが心配するのは自然だ。嫁の死を受け入れられてない感じを受けると思うよ

969: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/12/04 23:08:18
え、俺もしかしてここでも後追いしそうに見える?orz

書き方が悪かったな、別に24時間死んだ嫁のこと考えてるわけじゃない。
仕事は集中してしてるし、嫁が死んでこの世に居ないのは知ってるよ。
葬式の喪主やったの俺だしw

ただ1人だと自炊も面倒で、帰りがけにスーパーに寄って食い物買うと、
嫁が好きだった惣菜が目に入るんだよ。落花生ゆでたのとか、エビチリとか。
んで、嫁が凄くしつこく「死んでも化けて出て居座る!」って宣言してたから、
今日はひょっとして来たりしてwとか思ってギャグで買うだけで。

嫁へのカエルコールも正気のときはしない。
メシ作る都合があるから、メールしろ!!って嫁が凄い主張してて
習慣になってるから、酔ってると条件反射でやるだけだと思うぞ。
ご心配なく。

息子の誕生日は嫁の命日になった。嫁を選んでいればと考えない日はなかった。

2013年9月25日

456: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/27 17:43:49
今日、息子が俺を「とおしゃん」と呼んだ。
成長が遅れ気味かもしれないと言われていて、言葉も遅かったから、不覚にも息が出来なくなるくらい泣いた。
嫁か息子か選べと言われた時、最後まで諦めずに運に賭けてみようと言った時、実は内心楽観的だった。
医学は発達してるし。嫁の病気での致死率は何千人に一人だし。育たないかもと言われた息子は臨月まで何の問題もなく育った。
それでも息子の誕生日は嫁の命日になった。
嫁を選んでいればと考えない日はなかった。正直に言うと今でも時々考える。
でも、こう言う日は息子を選んだこともまた幸せなんだと、心の底から思う。
さあ、今度は、「母さん」って言葉を教えてやろう。
携帯から長文でごめんな。
酒入ってるし、浮かれすぎか。

457: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/27 17:48:28
息子を選んだこと、奥さんは納得していると思う。
いやきっと喜んでいると思う。
なんかうまく言えないけど、息子さんと幸せに。

458: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/31 21:58:04
>>457
ありがとう…
息子が幸せかは、わからない。母親がいないことでこれからの人生、大変なことの方が多いだろう。
でも、できるなら幸せにしてやりたいと思うんだ。
頑張るよ。

459: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/01 13:24:05
>>458
どっちを選んだとか言うな。
命を懸けてでもお前さんとの子を世に送り出したいと願った
のは、他ならぬ細君だ。
親の使命を果たすべし。

幸せに恵まれ続ける事を祈る。

このページの先頭へ