帰宅すると電気が点いていて食卓に食事が並び嫁と子供が居る。そんな平凡だけど幸せな時間を作ってくれる嫁に感謝している

2014年4月29日

685: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/10/11(土) 22:20:42
家に帰ると明るく電灯が点っていて、食卓に食事が並んでいる時。
そこに嫁と子供がいる事。
毎日のように繰り返されるごく平凡な事だけど、今の嫁がいなかったら、きっと
一人で暗い部屋に帰って一人で食事していたと思うと、俺みたいなへたれと結婚
してくれた嫁に本当に感謝の気持ちでいっぱいになる。

高学歴高収入、容姿スタイルも人並み以上で性格も優しくて情が深くて涙もろい。
元バスケ選手で運動神経抜群が嫁。

中小企業勤務,三流大卒、嫁より小柄、(誰も信じないと思うが、)自転車乗れない
跳び箱六段以上飛べない。(嫁三歳の時に既に乗れて十段以上軽々)
が自分。
お陰で子供二人、母親に優性遺伝して頭もよくて運動能力も高い。

言われるまでもなく、自分の親も自分自身ももったいなすぎる嫁。

686: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/10/11(土) 22:24:02
 ↑間違い
自分の親も自分自身も結婚前に何度も「本当に良いのか?息子で。」
「本当に良いのか?俺で。」と何度も念を押したくらいもったいなすぎる嫁。
だった。

689: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/10/12(日) 02:44:03
685-686

そんな素晴らしい嫁さんとの出会いのきっかけは?

プロポーズの返事はどんな言葉?

708: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/10/23(木) 01:11:37
深夜に帰っても、家の明かりがついているのを見つけた時。
それを見つけただけで、心身ともに温かくなれる。
俺の好物を全部揃えて(永○園の海苔茶漬け、バス○リンの風呂、電気毛布で
ヌクヌクになった寝床)何時でも待ってくれているから、這ってでも帰りたくなる。

このページの先頭へ