休日に嫁から外出するからと子守を頼まれ引き受けたのだが娘との会話の中で嫁の元彼の「なおき」という名前が出てきた

2014年2月20日

393: 名無し@話し合い中 2006/12/11 10:04:41
昨日朝方嫁に起こされて
出かけてくるから子供頼むねと言われた
何時ごろ帰ってくるのと聞くと3時ぐらいだと

昼ごはん作りながら
娘と話してたんだが、俺が「ママ今日どこ行ったんだろうね~」
というと娘は「なおきのところ!」と元気良く答えた
(なおき?なおきって誰・・・・・まさか!?たしか元彼の名前もなおきだったはず)
とやきもきしていた。なんとなく娘に誰とも聞けず
嫁の帰りえを待っていた
もし浮気だったらどうしようとか、何故娘が名前を知っているんだとか
ちくしょうまだ娘も小さいのにとか妄想が膨らんできて
嫁に裏切られた男の心境になっていた。浮気スレとか
不倫板とか覗いて不安を高めつつもし帰ってきたら
どうやって問い詰めようか考えてた。

嫁が帰ってきた時、娘がちょうど昼寝していたので
俺は「ちょっと座って話があるんだけど」と言った
嫁も何時になくシリアスな俺の雰囲気を察して、身構えたように見えた
数分の沈黙の後「なおきって誰だ?」と俺は聞いた、嫁は「へ?なおき?何の話?」
ととぼけやがった俺は「○○(娘)がお前は今日なおきのところへ行くっていったんだよ!」
と少し声を荒げていった。しばらく嫁は呆然と俺の顔見ていた。
俺は心の中で(あ~やっぱりそうなのか・・・)と今までのことを思い出していた。

394: 名無し@話し合い中 2006/12/11 10:13:21
「ぶっ、わはははは!」と嫁が笑い出した。
「何がおかしい!そんなに俺がおかしいか!」と俺は半分泣きながら言った
嫁は笑いが収まらず「だって、だって・・・・わははは」と笑いやがった
俺は情けなくなってきて「なおきって誰だ、元彼か?」と静かに言った

しばらく笑っていた嫁も落ち着き、俺の悲しみも深くなってきたとき
嫁が笑いをこらえるように言った
「ごめん、ごめん、でもこれは笑いが抑えられん、ちょっとまって」
と水を飲んで落ち着こうとしていた
俺は何がそんなにおかしいんだと、情けなくなってきて離婚の2文字すら頭に浮かんだ
ようやく落ち着いて嫁が言った

「なおきって・・・・パン屋」
「はい?」「だからパン屋」「へ?パン屋?」
「そうパン屋ぶ○うらんじゅっていうパン屋」「でもなおきって元彼じゃ・・・」
「元彼はなおきじゃなくって な・お・と」というと箱を俺に渡した
そこにはなおきのパンうんたらと書いていた
嫁は続けて「何でか○○この店のことなおきの店って言うのよ、でも貴方・・・わははh」
しばらく嫁の笑い声が響き

俺はマジで死にたくなったorz

このページの先頭へ