「40になった私を抱ける?いつまでもこんな関係は続かないよ」とど真ん中。ツイッターに鍵かけられメールアドレスも変えられ悲しい・・・

2017年11月17日

249: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/05/14(日) 07:12:31.12 ID:Di9ZLBI00.net
ツイッターに鍵かけられた
メールアドレスも変えられた

悲しい
ど真ん中に会いたい

彼氏の俺に何の相談もなく生徒会とかバイトとか決める彼女悪くないですか?生徒会を優先してLINEを未読無視されたりもしたんですよ?

2017年8月7日

515: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)11:40:16 ID:kNq
高校1年の男です。聞いてください。

二学期の始めに彼女ができました。
に似た笑顔のかわいい子で俺から何度も告白してやっとOKされました。
そのころ彼女は陸上部に入っていたのですが部の方針が気に入らないので辞めると
言っていました。
俺はこれを俺との時間が増えると思って俺もテニス部を辞めました。
しかし彼女は部活を辞めてすぐ生徒会に入りました。
「中学のころから部活ばかりで学校のことはほとんど何もしていなかったので
時間ができたら委員会活動をしたかった」
と言って昼休みや放課後などは会議とか仕事とかで生徒会室に入り浸りでした。

それでも冬休みは学校も生徒会もないのでデートできると思っていたら彼女は
冬休みにアルバイトを始めました。
彼女の家の近くの神社で年末年始に巫女のバイトをすることになったと言います。
昔からその神社と付き合いがあって、神社のほうからぜひにと頼まれたんだそうです。
うちの高校はバイトは基本的に禁止ですが彼女は成績優秀だし短期間のことなので
許可されたそうです。

続きます

私とは別の会社で働く男と知り合い二年程友達関係を続けて付き合い始めたら相手が結婚していた事が判明。内容証明が自宅と実家に届き

2017年5月16日

820: 名無しさん@おーぷん 2017/01/30(月)13:38:18 ID:HKD
誰にも言えないから、吐き出したい。
当時22歳、会社のそばの行きつけの定食屋で私とは別の会社で働く23歳のA男と
知り合った。
その定食屋は昼休みの時間は相席も多くて、知らないおじさんやOLさんと
相席で、その場のおしゃべりも楽しんだりする感じ。
A男とは何度か相席して話すうちに仲良くなり、二年ほど友達関係を続けて
付き合い始めた。
付き合い出したのは私が24歳。

それから一年半ほど付き合ったんだけど、A男、24歳の時に結婚していたことが
判明。
A男年表でいくと、23歳私と知り合う、24歳結婚する、25歳私と付き合い出す、
26歳そのことが奥さんにばれる、27歳私にばれる。
そのことを私に教えてくれたのは、奥さん。
内容証明?が自宅と実家に届き、実家の親はカンカン、同居していた祖母は
倒れたらしい。
不倫してるなんて!と親にキレられたんだけど、意味不明すぎてパニック。
A男に電話をするも、つながらず、奥さんが出た。
全く知らなかった、すぐに別れると言うも、信じてもらえない。
奥さんからしたら当たり前だけど。

親からも滅茶苦茶責められ、だから都会で独り暮らしなんてさせたくなかった
みたいなことも言われ、会社をやめて連れ戻されそうにもなった。
2年も友達関係続けて、その後一年半も付き合ってたら気づくでしょう!と
言われたけど、本当に本当に気がつかなかった。
出張が多い仕事だとは思ってたけど、それは他の会社のことだから
そういうものだと思っていたし。

A男は実家に要介護の祖父がいて、親も働いてるから俺も同居して手伝ってると
聞いていた。
自分の実家も要介護の祖母がいて、母親は介護のために仕事をやめたから、
その説明で納得していた。
そんなんだから、彼の家に呼ばれたことないのを不思議にも思わなかったし、
土日にたまにしか会えないのもなんとも思わず。
でも私がバカだったんだと思う。

で、結局A男とはそのまま一切連絡のとれないまま、奥さんに責められ、
親も半信半疑のままで一ヶ月くらい。
裁判しますっていう通知も来た頃。
奥さん、亡くなった。
しかも、妊娠中だったみたい。
事故なのか自?なのかは、微妙だと思う。
でも、自?だったんじゃないかと思う。
私が奥さんだったら、結婚する前から知ってる女と結婚直後から不倫、
しかも相手の女は知らないとしらばっくれて慰謝料も払わない、
自分は妊娠したとなったら、とてもとても辛いと思う。
奥さんは、実家もなくて、A男だけが身寄り?だったみたい。

結局その不倫騒動で倒れたうちの祖母は、そのまま寝たきりになり、
ボケが進んでしまった。
いまでも彼氏はいないし、作る気もない。
そしてA男に復習してやりたい気もするけど、関わりたくない気もする。

このページの先頭へ