某オンラインゲームで知り合った4人とオフ会する事になりゲームの話を中心に盛り上がってたら酔ったヤンキーみたいなホスト2人が乱入・・・

2017年10月31日

176: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)01:40:35 ID:CV4
どこに書けばいいかわからなかった&私には色々と衝撃的だったのでここに書きます。

某オンラインゲームで知り合った4人とオフ会することになった。
ゲームは基本4人でひとまとまり。
一緒にダンジョン攻略とかして雑談チャットなんかもしてたら、みんな住みが近いとのことで集まろう!ってなった。ゲーム内で知り合ってから一年半以上経ったあたり。

ゲームでは役者があって
タンク(盾役。敵の攻撃を一手に受け止める)
アタッカー(とにかく攻撃しまくる人)
ヒーラー(回復役。前線にいるタンクを回復することが多い)
私はヒーラーで、役職柄タンクさんと仲が良かった。
よくタンクさんと愚痴ったりダンジョン行ったりもしてた。

オフ会当日、タンクさんが仕事で抜け出せなくて遅れます!との連絡。先にやってて下さいとのことなので、アタッカーさん2人(♂♀)と3人で店内へ。
ゲームの話を中心に盛り上がってるところへ隣の部屋の酔ったヤンキーみたいなホスト2人が乱入、その場にした私とアタッカー♀さんに絡み始める(主にアタッカー♀さん、可愛いし)
はじめはやんわり断っていたものの、酔って気を大きくしたのか大声で絡まれて抱きつかれたりキスされそうになりました。
アタッカー♂さんが止めに入ったり騒ぎを聞いた店員も駆けつけて止めてくれたけど全くやめずにすごく怖かったです。


そのとき部屋にぬっと大きな人が入ってきました。
タンクさんでした。ゲームの中のキャラに負けず劣らずの大きな身体で、すぐさま私たちの間に割って入り、ホストの片割れを軽々と持ち上げてそのまま店外へ放り投げました。
もう1人はぼーっと立っていたのですが、我に返って走って出て行きました。
そして戻ってきたタンクさんがニカッと笑って、飲み直しに次の店いきましょう!って言ってそのまま次の店へ。
タンクさんが明るく話してくれて、アタッカー♂さんも盛り上げに徹してくれたので二件目で私とアタッカー♀さんもまた楽しくお酒が飲めました。

というわけで、絡まれたこと、タンクさんがリアルでもタンクさんだったこと、そのタンクさんと私が結婚したことが全てスレタイ。

駅で旦那と待ち合わせしてたら知らない男性に声をかけられた。「いえ違います」と答えても近寄る男・・・旦那はまだかと周りを見渡すと

2017年7月12日

679: 可愛い奥様@\(^o^)/ (ワッチョイ bfdb-iTt7) 2017/02/24(金) 19:10:21.38 ID:PZdV8okk0.net
大好きだけど、さらに惚れ直した話

先週の土曜日、駅で旦那と待ち合わせをしていた
(お互い別の用事を済ませた後食事に行く予定だった)
先に駅についてボーっとしていたら、知らない男性に声をかけられた
「ナラちゃん!?ナラちゃんだよね!!?」

私の本名・あだ名にかすりもしない呼び名で私ポカーン
「いえ、違います」と答え、その場から離れようとしたら
「いやいや!wナラちゃんでしょ!めっちゃ久しぶりじゃーん!」
と肩を触って来ようとする。ギョっとして逃げる私。

「いえ、だから人違いです。」と言いつつ後ずさるもグイグイ近寄る男。
人の話を聞かないちょっと危ないオーラが出ていて本気で怖かった。
あと、かなりフラついていたから、お酒が入っていたんだろう。

旦那は、旦那はまだか…と周りを見渡すと、20メートルほど先に旦那を発見!
男を無視して走り「なんか変な人が…!!」と助けを求めた。

旦那さん、見た目はただのデブだけど背筋200キロオーバーのパワー系。
泣きそうになっている私を、自分の背中に隠してかばってくれた。
その上で、追いかけてきた男に対し「うちの嫁に何か御用ですか?」と対応してくれた。

男はイラついた様子で「は?あんた誰?てかナラちゃん結婚してたの?」と私を
ナラちゃんだと信じきっている。
「人違いですよ。嫁の名前は○○です。苗字もナラじゃないですし」と私の名前を伝える
旦那。

「・・・本当にナラちゃんじゃないの?嘘だぁー」
旦那の後ろから様子をうかがう私の顔をまじまじと見つめて、ニタニタ笑う男。
「嘘じゃないですし、本当に人違いなんで。それじゃ」と私を伴って歩き出した旦那。

男は付いてこなかったけど、ずっと私を見ていたようだった。
怖さで黙っていると旦那が「大丈夫。俺がいるからね」と声をかけてくれた。
普段はカレーばっかり食べてるデブだけど、この時はとても頼りがいがあった。
感謝の気持ちを込めてカレーを食べて帰った。

隣の席で飲んでいたほろ酔いの女性から「たんたかたんっ!たんたかたーんっ」と意味不明の事を言われた

2014年5月8日

334: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/03/31(水) 23:39:17
飲み屋にて

嫁(ほろ酔い)「はいっ、たんたかたんっ!」
俺(まだしらふ)「は?」
嫁(ほろ酔い)「たんたかたーんっ、うふふ」
俺(まだしらふ)「……(;゚Д゚)?」

意味わかんね
酔っぱらいったって限度があるだろ
ツレはいないのかよ、責任もって面倒みろよとか、
いろいろ思って困惑してたら、焼酎もらった
鍛高譚って焼酎だったのな

335: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/03/31(水) 23:43:56
>>334
ナンパされたの?夫さん?

336: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/04/01(木) 00:03:51
本人はナンパのつもりはなかったっつってたけどな

俺たちは隣同士のテーブルで飲んでたんだけど
嫁さんの方はメンツが一人急に来られなくなって、
その子のためにとオーダーしておいた焼酎、
持て余したんだって

だもんで、帰り際ほとんど手付かずだったボトルを、
よろしかったらどうぞって俺たちにくれたんだ
……と、このへんは嫁さんのツレが説明してくれた

俺は俺で、貰いっぱなしじゃアレだってんで、
店員さんに頼んで、
今度嫁さんが来たときに差し上げて下さいって
ボトル一本預けた、上善如水
嫁さん、店員さんと話す態度からして常連っぽかったからね

でまあ、それがきっかけで、店員さん介して
伝言ゲームみたいなお付き合いが始まったんさ

たんたかたん、マジおすすめ

このページの先頭へ