義父の運転で病院に行こうとしたら追突された。私は流産し義父は頭を打って人格が変わった挙句ボケが出たが相手は無保険無免許でしかも・・・

2017年12月3日

742: 名無しさん@おーぷん 2017/04/20(木)18:51:08 ID:jPp
税金払えなくて辛い
三年前結婚したのよ
妊娠したから仕事やめて夫の扶養に入ったのよ
ここまでは平和だった
義父の運転で病院行こうとしたら、停車中運転席の横からから追突された
私は助手席の後部に座ってたから体は助かったけど流産した
義父は頭を打って人格が変わった挙句ボケが出た
足も上手く動かなくなった
相手は無保険無免許でしかも打ちどころが悪かったのかほぼ植物人間
瞬きしかしないらしい
人格の変わった攻撃的な義父の介護が始まった
加害者にお金が無いから全部持ち出しで介護費を賄ってるけど、ぜんぜん足りない
自賠責なんて雀の涙もいいとこ
入院して三ヶ月を迎え、退院が迫ったけど、次の入院先も施設も見つからなかった
家で面倒みられるようにするために引っ越し含め200万は飛んだ
夫と買ったマンションは笑いたくなるほど安い値段で手放すことになった
借金だけが残った
義父の貯金なんか新居の設えであっという間に消えた
仕方ないからパートで働き出した
お金がなくて生きていけないなんて日が来るとは思わなかった
幸い資格があったので時給2000円貰える
介護の時間以外働けるだけ働いて額面10万
扶養に入れなくなったけどすぐに手に入るお金が必要だった
夫も交代で介護するから残業できなくなって、私がダウンしたときは時短も使って、世帯年収は450万にまで落ちた
かといって介護をしてると節約なんかできない
体の弱った義父のために家は風呂場も冷暖房完備にしておかないと、すぐに風邪をひいて肺炎を起こした
ぎりぎりまで働いた
その年度に扶養から外れ、国保と年金など払わなくちゃいけなくなった
年金だけで年間約20万、国保は約13万
その他にも色々税金がかかってくる
12ヶ月必死で働いても半分以上は税金で消える
役所に泣きついたよ、介護でお金がない、加害者がお金払ってくれないから医療費も建て替えて全額自腹だって
「そういう話はここに電話して、役所じゃ無理だから。相談しても無駄だけどね」と言われて電話したけど
「収入があるなら何人扶養してようが介護してようが払ってもらう。それが決まり、個別の事情は見ない」と言われて救済措置は無いと言われた
払えなかったから給料を差し押さえるって
流産して無茶した分、いま体にガタがきてるし、夫も軽くウツを患って通院してる
私が仕事を減らしても今の夫に私達を支えるだけの力はない
でも私が正社員になったら義父の介護はどうしたらいいのか
今の夫は義父から離さないと、義父の暴言に耐えられない
夫から「二人して無職になって生ポでも貰うか一家心中だな」とカラ笑いしながら言われた
夫はもう限界なのかもしれない
夫を休ませてあげたい
でもお金がない、払えない
月末が怖い

込み入った事情で何らかの職に就かなくてはならないのですがハローワークに相談に行った所係の奴に鼻で笑われトラウマになっています

2017年9月9日

985: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/03/04(土) 02:11:57.01 ID:xJkU/Nyp.net
就職の事で相談があります
事情があって遅くても来月中には最悪バイトか派遣でも就職しなければならなくなって
しまったのですが
田舎住まいで仕事自体があまり無いのと、俺の経歴があまり良くなくて仕事探しに
難航しています

俺の経歴ですが
・30代後半
・高校中退
・工場、打ち子、型枠大工など、各数年働いた経験あり
(全てバイト待遇か派遣でした・・・)
・数年前からは自営でIT業含め色々やっていたが現在はメインの稼業を休業中
・現在の収入は月20~30万程
になります

少し込み入った事情で何らかの職に就かなくてはならなくなったのですが、
俺の経歴では厳しいという自覚はあります
また以前自営業を始める前にハローワークに正社員の相談に行った所、
係の奴に鼻で笑われた経験がありトラウマとなっています
バイトでも良いのですが出来れば正社員になりたいのですが、
ハローワークに行って笑われない為にも色々対策がしたく相談にきました

また、俺の経歴ではどういった仕事に就く事が出来るのか、
きたん無き意見をお願いします

家族と話し合った結果何とか首の皮一枚繋がった感じです。最終的に弟次第なのはかなりモヤッとしたけど受け入れる事にしました・・・

2017年8月2日

405: 907◆KzZ9goFTJk 2016/04/24(日)23:56:52 ID:hB8
話し合いが終わりました・・・
結果を報告しますが、正直かなり厳しい内容になりました・・・

このページの先頭へ