義姉の中2の子供を預かってる。義姉はモンペレベルに注文多くて義姉子はモンスター級に顔の面厚くてふてぶてしくてイライラがとまらない

2018年8月1日

761: 名無しさん@おーぷん 2017/08/08(火)21:11:07 ID:K58
夏休みに入ってから義姉の中2の子供を預かってる
義姉の姑が体調を崩したとかで、そちらに行かないといけないので預かることになった

義姉は看護師で開業医の家庭と結婚したため、生活レベルが違う
うちは義母の介護もあるため、私が働けずにいることもあり、娘に私立も行かせられないような家
外食なんて滅多にできないし、三食私の手作り
それを義姉子が気に入らないらしく、昼や夕飯は外食三昧
こっちは田舎で基本車がないと遠出しにくいんだけど、幸い徒歩5分の場所に駅があるから、電車で街まで出て外食してるみたい
客室には常にマックやコンビニのゴミが転がってる
我が家はお菓子やジュースを買う習慣がなく、蓄えもないのだけれど、それも我慢ならないみたいで、部屋にネット通販したたくさんのお菓子が転がってる
チョコレートは溶けるからと冷蔵庫の一番上の段が義姉子のお菓子ゾーンになった
中学生の子には酷かもしれないけど、よそのお宅にいるのだから、食事くらい合わせてほしい
食べる日と食べない日があるから、作る量に気を使う
洗濯物も、義母が失禁してたまに周りを汚すことがあり、それを手洗いしたあと洗濯機で回すため
義姉子は文句タラタラで自分の洗濯を数駅先のコインランドリーに持っていく
そんなのだから義姉子のお小遣いは月一万らしいのだけど、すでに底をつきそうみたいで、私にお金の無心をしてきた
私の娘の月のお小遣いは2000円だし、一万円を渡す義理もないと思ってるんだけど
義姉に電話したらしく、義姉から「自宅より環境が悪いのだからお金くらい渡してあげて」と言われてムシャクシャしてる
我が家では普通寝るとき以外個室のエアコンは使わずにリビングとリビングと続き部屋の義母の部屋にしかエアコンを入れないのに
義姉子のために24時間ずーっと客室はエアコン入れてるし
義姉子のために、リビングにおいてあった家電やテレビも一部客室に移動させた
それなのにテレビが小さいとかスピーカーの音質が悪いとかグチグチ言うし、出かけるときは家電つきっぱなし、エアコンつけてるのに扉開けっ放しで出ていく
これだけ気を使ってるのに、それを伝えると「不遇だ」と嘆いて私の娘にまで育ちが悪いと眉を寄せられてる
夫と追い出す方法を話し合ってるけど、家に追い返しても義姉はいない、義姉夫は仕事人間で大病院にも行っているらしいので忙しい
他に義姉子を押し付けられる場所もない
斑ボケの義母のことだけでもしんどいのに、それ以上に義姉子のことで神経使わなくちゃいけないのが本当にストレス
深夜まで電話してるのかギャハハと笑う声が響いてきて夫も眠れなくてイライラしてる
義姉夫はお客様扱いしなくていいというけど、義姉はうちの大事な一人娘なんだから宝のように扱えというし
義姉がモンペレベルに注文多くて、義姉子はモンスター級に顔の面厚くてふてぶてしくて
イライラがとまらない

警察官にめっちゃ怒られたんだが税金で食ってるのに理不尽すぎてイラっと来た。なんで怒られたかというと小学生を助けようとしなかったから

2018年1月18日

1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/05/01(月) 00:04:23.30 ID:oCMtfOcn.net
税金で食ってる公務員なのに理不尽すぎてイラっと来た。

既婚者の幼馴染と十数年振りに地元で再会し声をかけたらいきなり泣き出し様子がおかしいので保護した結果修羅場になった

2015年12月10日

520: 1/3 2015/04/12(日)00:50:33 ID:bcv
長文になるが、語らせてくれ。

嫁と出会ってから嫁が亡くなるまでの半年間が人生最大の修羅場。
嫁の元旦那に慰謝料請求されたときが人生第二の修羅場だった。

嫁と俺とは幼馴染だったんだが、もう十何年も全然会ってなくて、
人づてに嫁が別の男と結婚したらしいと聞いたときも「ふーん」てなくらいだった。
それがたまたま家の近所で再会したんで、懐かしくて声かけたら、
俺の顔見るなり泣き出した。

どうも家出らしいとは思ったが、結構な夜更けだし、行くあてもないらしいから
とりあえず俺んちに連れていった。

聞けば、旦那が浮気して女を堂々と連れ込むようになったんで家出したんだが、
実家には「外聞が悪い」と追い返されて途方に暮れてたらしい。
着の身着のままで所持金もほとんどなかったし、何だか具合も悪そうだったんで、
とりあえずそのまま泊まってもらうことにした。

翌日病院連れて行ったら、えらいことになった。
嫁、いきなり緊急入院。

とりあえず入院の保証人と手術の同意書がいるけど、
保証人はともかく同意書は俺じゃダメだと言われたから嫁の実家に走ったんだが、
嫁の親は大概毒親で何か訳わからんこと言ってきたから、
「じゃあいいです」って百均で三文判買ってこっそり代わりにサインした。

次に保険が使えないことが発覚。
何といつの間にか旦那に扶養を外されてたらしい。
とりあえず役場で国保の手続きをしたが、赤の他人の俺が代行するから
委任状も山ほど必要になるので、その日だけで病院と役場の間を三往復。

その手続き中に、嫁は旦那から三ヶ月も前に籍を抜かれてたことまで判明した。
その挙句、手術で何とかなる段階じゃなくて、嫁は麻酔から覚めた後、
身内が誰も来ないから一人ぼっちで医者から余命宣告受けてた。

このページの先頭へ