既婚者の幼馴染と十数年振りに地元で再会し声をかけたらいきなり泣き出し様子がおかしいので保護した結果修羅場になった

2015年12月10日

520: 1/3 2015/04/12(日)00:50:33 ID:bcv
長文になるが、語らせてくれ。

嫁と出会ってから嫁が亡くなるまでの半年間が人生最大の修羅場。
嫁の元旦那に慰謝料請求されたときが人生第二の修羅場だった。

嫁と俺とは幼馴染だったんだが、もう十何年も全然会ってなくて、
人づてに嫁が別の男と結婚したらしいと聞いたときも「ふーん」てなくらいだった。
それがたまたま家の近所で再会したんで、懐かしくて声かけたら、
俺の顔見るなり泣き出した。

どうも家出らしいとは思ったが、結構な夜更けだし、行くあてもないらしいから
とりあえず俺んちに連れていった。

聞けば、旦那が浮気して女を堂々と連れ込むようになったんで家出したんだが、
実家には「外聞が悪い」と追い返されて途方に暮れてたらしい。
着の身着のままで所持金もほとんどなかったし、何だか具合も悪そうだったんで、
とりあえずそのまま泊まってもらうことにした。

翌日病院連れて行ったら、えらいことになった。
嫁、いきなり緊急入院。

とりあえず入院の保証人と手術の同意書がいるけど、
保証人はともかく同意書は俺じゃダメだと言われたから嫁の実家に走ったんだが、
嫁の親は大概毒親で何か訳わからんこと言ってきたから、
「じゃあいいです」って百均で三文判買ってこっそり代わりにサインした。

次に保険が使えないことが発覚。
何といつの間にか旦那に扶養を外されてたらしい。
とりあえず役場で国保の手続きをしたが、赤の他人の俺が代行するから
委任状も山ほど必要になるので、その日だけで病院と役場の間を三往復。

その手続き中に、嫁は旦那から三ヶ月も前に籍を抜かれてたことまで判明した。
その挙句、手術で何とかなる段階じゃなくて、嫁は麻酔から覚めた後、
身内が誰も来ないから一人ぼっちで医者から余命宣告受けてた。

このページの先頭へ