トメはペットロスで鬱気味らしく一か月経つ今もボンヤリして家事も満足に出来ていない状況らしい。なのでウトがうちに来るようになった

2017年6月30日

88: 名無しさん@おーぷん 2017/02/25(土)16:40:24 ID:dze
ウトメの家で長く飼われていた小型犬が先月死んだそう。
トメは特に可愛がっていたらしく、死んで一か月経つ今もただボンヤリして
家事も満足に出来ていない状況で、所謂ペットロスで鬱気味らしい。

私はど田舎の出身者なせいか、飼ってる動物にそこまで熱い思い入れを持つというのが
あまり想像できないんだけど、ペット好きな友人に相談したら「ペットを家族だと
思う人もいるのだからそっとトメさん見守ってあげて、間違っても『また新しい犬
飼ったらどうか』とか言ったらダメだよ、子供亡くした人に養子貰えばとか言うような
ものだから」と言われ、そんなものかー言っちゃう前に相談して良かったーと、
トメと話す機会ある時はなるべく話聞きながらトメに同情の言葉を掛けるようにしてる。

まあそれはいいんだけど、トメが家事やらないから、色々理由をつけてはウトがうちに
来るようになってる(車で20分ほどの距離)。
ウト本人に「トメさんが家事やらないなら定年退職してるウトさんがやったらどうか」と
遠回しに言ったり、
旦那に「トメとウトに、自分の家のことは自分でやってって言え」とも何度か言ってる。
ゴニョゴニョ反論してるし多分伝えて無さそう。
トメにも言いたいけどまだ今のところ我慢してる。

孫を亡くしたとかなら同情できるんだけど、老犬一匹亡くしたくらいでという気持ちは
かなりある。
ウトがいると下の子の授乳しにくいからすごい迷惑。

妻が飼っていたハムスターが死んだ時の私の対応を妻が根に持っているらしく女心の難しさを実感しています…

2015年11月25日

119: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/04/07(火) 00:12:05.64 .net
去年妻が飼っていたハムスターが死にました。
その時の対応で妻が根に持っているみたいです。

休みの日で私が外出している時に発見したらしく、LINEが来ましたが
買い物を済ませて帰りました。
帰ると妻は小さな箱を持って冷房を最低まで下げて上着を着ていました。

何故そんなことをしているのかわからなくて(冷房)、
笑ってなんでこんなに冷えてるのと聞くと、うるさいと怒られました。

次の日まで妻は寝ずに箱を抱えていて、
義実家が近いので私の運転で埋めに行ったのですが、妻が雨が降っているのに
傘もささず穴を掘っているのをリビングからみた義母が慌てて外に出て行きました。

私は特にすることもないだろうと思いテレビを見ていました。
その日は送ってくれてありがとう以外口をきいてくれませんでした。

この前この事をバーっと言われ、あんたは私に興味が無いとまで言われ…
何が悪かったのか、女心を教えてください。

犬嫌いな嫁に内緒で犬を多種多頭飼いしている友人の家に子供達を連れて遊びに何度か行ってたら愛人に会わせていると勘違いされた

2014年2月18日

552: 名無しさん@HOME 2013/05/07 12:48:31
嫁さんが修羅場だっただろう時のお話。

もう10年以上前になる。
当時俺と小学生の子供2人の間に、奥さんには秘密の楽しみ(?)が
あった。
近くの多種多頭飼いの家に遊びに行くこと。

奥さんは犬嫌いなので、犬が大好きな俺と子供たちの内緒の行動だった
んだ。もともとその多種多頭飼いの家さんが俺の友人だったというのも
よく遊びに行く理由だった。(その友人も既婚)

犬たちの中でも、とても仲のいい犬が「かなえ」ちゃん(仮名)という
メスの子だったんだが、家でも子供たちが「今日かなえちゃん優しかった
ね」とか「楽しかったね」とかひそひそばなしで話しちゃってたらしい。
基本、奥さんには秘密なもんで奥さんが「なになに?」と聞いても子
供たちはなんでもないとごまかして話題を変えていたようだった。

奥さんは「かなえちゃん」のことは俺には聞いてこなかったし、仕事
で帰りが遅かったから子供たちの会話のことは知らなかった。

で、ある日奥さんがぶち切れた。子供たちと俺を座らせて言い放った。

「お父さん(俺のこと)最近かなえさんと仲が良いんですって?子供
達までてなづけて。今すぐここに連れてきてください、ここで一緒に
暮らせばいいでしょ!?私も覚悟はできています!」

続く

553: 名無しさん@HOME 2013/05/07 12:49:10
続き
どうも盛大な勘違いをしているようなんだけど、子供たちは大喜び。
誤解を解こうにも話を全く聞こうとせず自室に閉じこもった奥さん。
仕方ないから友人に連絡、かなえちゃんを少し借りられるか交渉。
で、子供たちと3人で迎えに行った。
帰りはうちの車とかなえさんと友人夫婦の車、2台体制で。

友人宅から戻ると、奥さん以外の車が一台止まっていた。
奥さん友人の女性弁護士さんの車だ。
早とちりしすぎたな、と焦る俺。連れて来たよーーと浮かれる子供たちw

玄関から脱兎の勢いで飛び出してくる奥さん。
友人の奥さんが車から出てきて、「かなえさん」と思い込み突っかかって
行きそうになった刹那、続いて車から降りてくる本物のかなえさん、
黒のグレートデン、メス6歳。

子供たちはかなえさんに抱きついて「ここで暮らせるの?ほんとに?」
と大はしゃぎ。かたまったまま動けずわけわからなくなってる(逃げ
出すことすらできない)大パニックな奥さんと状況がわからない弁護
士さん。

子供たちに庭で遊んでもらっている間に奥さんと弁護士さんに状況
説明する俺。もう笑っていいんだか怒っていいんだかあせってるんだか
良くわからんかった。

続く

このページの先頭へ