この時間のオススメ人気記事

ひと回り以上離れている幼い頃の嫁を婆ちゃんが冗談交じりに「どうだ嫁にやるか」と聞かれたので「一緒にいて楽しそう」と言ってしまった

2017年8月27日


このまとめ記事は約 2 分で読めます。

436: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/04/07(金) 03:53:31.71 ID:UPHpgKbi0.net
嫁に読まれたら殺されるかも・・・
もう時効だから書く。

ひと回り以上離れている嫁、
同じ町内にいて婆ちゃんっ子で、
その婆ちゃんとは顔見知りで、彼女はいたな程度の存在。

幼い嫁は愛嬌はあったけど可愛くは無くて、
婆ちゃんに冗談交じりに不細工なワシに、
どうだ嫁にやるかと聞かれて苦し紛れに
「一緒にいて楽しそう」と言ってしまった。

褒め言葉と取ったのかそれから幼い嫁のワシを見る目が変わった。
2~3年経ってJKになった頃かに
ワシの下宿に遊びに来るようになって、
無邪気な天真爛漫な振る舞いで、
冷房も無かった時代で夏には
「暑いね、行水して来るわ」と目の前で
薄いアパッパ(ワンピース)を脱ぎ捨てて
素っ裸で廊下を駆け出して外の洗濯場に走る。

その下宿には若い奴が多くて、
お水の姉ちゃんが遊びに来て、
薄い壁を通して日夜ギシアシが聞こえたり、
何でもアリの「青春同棲時代」そのままの場所だった。
洗濯場では一緒に水浴びするカップルと鉢合わせの事も。

そんな奔放な仕種に「性欲に負けてブスを抱いた」
ワシに天罰が下る。

嫁の高校卒業の頃に妊娠が分かって強制結婚が決まる。
爺さまの経営していた会社に転職する事になって、
それからは運が向いて来た。

一生懸命は働いて浮気は気持ちだけで済んで、
とうとう爺さまの会社の経営を受け継ぐ事に。
一番嬉しいのがブスと言われた嫁が段々美貌になってきた事。
婆さまの言っていた嫁は「福顔」が実現した。
文芸春秋一のブスと言われた桐島洋子さんが今の美貌になった様に。

150: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:

437: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/04/07(金) 07:47:58.47 ID:iDuiU1hQp.net
↑何歳?
60歳以上だろ。笑

438: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/04/07(金) 09:03:55.72 ID:Hx7x8SDQ0.net
良い話やなー

439: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/04/07(金) 12:10:31.81 ID:3Td6w/Lk0.net
もちろん謙遜だろうが 嫁さんをそないにブスブス言うたんなよ
まあ幸せそうでなにより

元スレ:【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて【思い出して】

http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1482637709/

1001: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:
人気サイトの新着記事一覧


カテゴリー:夫婦・家族のジーンとする話の新着記事一覧

ひと回り以上離れている幼い頃の嫁を婆ちゃんが冗談交じりに「どうだ嫁にやるか」と聞かれたので「一緒にいて楽しそう」と言ってしまった を見た人はこんな記事も読んでいます


※コメントが反映されるまで少しお時間がかかります。

こちらからコメントをどうぞ

人気ページランキング

このページの先頭へ