この時間のオススメ人気記事

一途で居てくれた彼女に鬱病になったと言えず長期間音信不通にしていたら振られた…

2016年5月31日


このまとめ記事は約 3 分で読めます。

707: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/02(月) 19:11:59.10 ID:bE2bPV2s.net
あんなに好き好きと一途でいてくれたのに、
自分がバカで冷められてしまった。死にたい。

なんか体がおかしいな・・・と思いながらも頑張って必死に仕事行ってたら、
デートの翌日に起き上がれず。
そのまま這うように病院に行くと、うつ病の診断。

誕生日含めて4ヶ月ぐらいは心配して彼女から電話もメールも何度も来てたけど、
返事する気力もなく病の事も情けなくて言い出せず全て音信不通。
彼女の事を好きだからこそ迷惑かけたくない、弱いとこ見せたくないという思いもあった。

寛解し、音信不通から1年2ヶ月たってから事情説明の連絡したけどダメだった。

一応、病気で大変だったんですねとは言ってくれたけど、
復職してから随分たつのに一言も連絡を寄こさなかった事、
音信不通の間に彼女の愛犬が亡くなったり父親が生死の境をさ迷い
大手術があったりと辛い時に全く寄り添えなかった事、等で冷めてしまったらしい。

ほんの一行のメールでもあれば、もう少しゆったりした気持ちで待てたと思う。
今更遅いです。貴方を嫌いになったわけでも憎んでいるわけでもありませんが、
もう信頼も尊敬も出来ません。どうぞ他の方とお幸せに。
と敬語で言われた。

結婚前提で付き合いを申し込まれてる人がいるらしい。
30代の女性を放置した俺が悪いのはわかってるんだけど、
こちらも好きで病になったわけではにのに、遣る瀬無い・・・。
見捨てられるとは思わなかった。

150: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:
709: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/02(月) 19:21:41.72 ID:T93fYj4U.net
いやいや
1年以上連絡を無視して見捨てられると思わなかったって、笑ってしまったわ
そう思ってるのは元カノでしょうに

712: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/02(月) 19:43:00.27 ID:8Tso/b+7.net
まあ、ほんの一行でも連絡出来ないのが鬱だもんね。
しょうがないけど彼女に期待するのはお門違い。
健常者は1年もほっとかれたら自分が見捨てられたと思うだろうよ。
病気が悪い。

713: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/02(月) 19:44:02.86 ID:QDxmlhZL.net
そういう風に被害者意識が強いから「うつは甘え」とか言われる
チンケなプライド捨てて素直にうつ病になったとカミングアウトすれば良かったのにねぇ

まあ元カノも一途と言う割には結婚という餌に飛び付きそうな雰囲気だから、
カミングアウトしても支えずにさっさと別れを切り出すタイプかも知れんが

723: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/02(月) 21:22:24.04 ID:VM3n0njH.net
完全放置で1年2ヶ月は長い
700だって逆の立場に置かれたら
愛情を信じて待ってはいられんのでは

しかも彼女30過ぎてるんかい
まず「結婚嫌で逃げたのかな」と思うわ

724: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/02(月) 22:10:19.83 ID:Y1GIUKUr.net
4ヶ月も電話やメールくれたんだから
彼女は充分やることやったし1通の返事も無けりゃ離れるのが当然だろ…
彼女ちゃんと結婚できそうでよかったね

733: おさかなくわえた名無しさん 2015/11/03(火) 07:49:21.98 ID:mgOxcrlYW
むしろ一年二ヶ月も放置されてるのに、
「まだ別れてない!私はあの人の彼女!」って盲目的に信じ続ける女の方がこえーだろ

元スレ:百年の恋も冷めた瞬間!181年目

http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1444649514/

1001: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:
人気サイトの新着記事一覧


カテゴリー:愚痴を聞いて欲しい気団達の新着記事一覧

一途で居てくれた彼女に鬱病になったと言えず長期間音信不通にしていたら振られた… を見た人はこんな記事も読んでいます


コメント

  1. 匿名 より:

    鬱は甘え

  2. 匿名 より:

    1年以上放っといて何ぬかしてんだ
    鬱が再発したら、また放っとくんだろ


※コメントが反映されるまで少しお時間がかかります。

こちらからコメントをどうぞ

人気ページランキング

このページの先頭へ