『きゃああぁぁぁぁ!』アパートの隣部屋から、甲高い悲鳴が聞こえてきた。慌てて飛び出すと、隣部屋の人「大丈夫ですか!?」私「は?」→翌日、不動産会社から背筋の凍り付く事実が…

0:記事途中オススメ!2024-02-01 03:23:58 ID:kidanlog






引用元:洒落にならないくらい怖い話教えて

100: 名無しさん 2014/05/21(水)23:02:10 ID:BO6Uw0Qf3

結構前の話、姉が大学に通ってて女性専用のアパートに一人暮らししてた。日付が変わろうかという時間くらい、そろそろ寝ようと思ったら隣の部屋から「きゃああぁぁぁぁ!」ともの凄い悲鳴がしたそうだ。

知らんふりもできないので、武器になりそうな風呂掃除用の短いモップを持って玄関を開けると、同じタイミングで悲鳴のした部屋の住人もラクロスのステッキを片手に飛び出してきたと。隣人はびっくりした顔で「大丈夫ですか!?」と訪ねてきたが、それはこっちのセリフだと思った姉は「そっちの部屋から悲鳴がしたので飛び出してきたんですが…」とお互いに首をかしげた。

お互い???と思っていたらアパートの住人が続々と出てきて「何かあったんですか!?」と聞いてくる。二人とも悲鳴を聞いて飛び出してきたことをみんなに伝え、アパートの住人一同無事を確認し合うとさっきの悲鳴はなんだったのかと首をひねった。

何があったかわからないものを考えても埓があかないし、どっかで誰かが悲鳴を上げていたのかもしれないということで、最寄りの交番に通報しその日は解散となった。翌日、交番からアパートを管理している不動産会社に連絡が入り不動産屋が調査に来た。すると驚くことがわかった。

悲鳴と思った声は悲鳴ではなかった。姉の部屋と隣人の部屋の間でアパートが真っ二つに割れていたのだった。悲鳴は部屋と部屋の間の鉄骨が擦れて出た音だったとのこと。アパート自体新築で設計に手抜きもなく、なんで真っ二つになったのかは調査結果を姉が聞かなかったからわからなかったが、もしかしたらアパートは寝てる間に崩れていたかもしれないという話だった。

その後引越し費用や引越し先を不動産屋が全部面倒見てくれて、2~3日で引越しは終わったので、姉はラッキーとか言って済ませていました。







101: 名無しさん 2014/05/22(木)13:16:08 ID:0H4BXftNN
一見オカルトでない真相が明らかになりながら、よくよく考えると不思議な不気味さが残る。面白い話だな。



こちらも読まれています
1001:名無しさん@お腹いっぱい。 2024/05/29(水) 21:00:03 ID:kidanlog

1件のコメント

  1. 旧Twitterでしょっちゅうタイムラインに上がってくるクソつまんない「意味がわかると怖い話」なんかよりよっぽど怖いな

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


今日の厳選記事
  1. インフルに罹って会社を休んでいたら、夕方になると連日ピンポン連打された。感染すと悪いので毎回居留守していたら…
  2. 【※注意】 妹が部屋に遊びに来てた時、俺「ちょい寝るわ」妹「うん」→猛烈な快感と解放感で目を覚ますと…
  3. 出張から帰ってきて内に入ろうとしたら男物の靴と嫁の「アノ声」・・・動画撮影しながら凸!!→間男『そんな事して恥ずかしくないのか、貴様は!』
  4. 元彼がバイク事故で亡くなってからも元彼家族とは交流を続けていた。しかし、8年経って私が別の男性と結婚すると元彼の母親が…
  5. 【お知らせ】
  6. 2/2嫁とレス状態。一生このままなのかと嫁と話し合えば「行為は絶対したくない」と。なら俺はこの先、一人で処理するのかと聞けば「任せるよ」と。暗黙の了解だと思い夜の店に行ったら
  7. 43歳の高橋一生と27歳の飯豊まりえが結婚したわけだが、 これは俺も43歳で27歳の美女を狙えると解釈してオッケーですか('ω')
  8. 微かに白粉の匂いがする新築の家。『すぐに消えるだろう』と気にせずにいた。1ヶ月後、強烈な白粉の匂いが鼻を襲った…
  9. 友達「パートに出たいから土日だけでも子供お願い」私「専業の方が安いってよ」→ すると・・・
  10. 親「アンタ、あんな彼氏ゲットするなんて見る目あるわねー」
  11. 【お知らせ】