この時間のオススメ人気記事

検査の結果 子宮に3cm 卵巣にも細かいガン細胞が確認された。

2013年6月28日


このまとめ記事は約 6 分で読めます。

246: 名無し@話し合い中 2006/12/05 13:49:18
誰もいないんでコッソリと・・・ 今から8年程前、嫁と結婚して2年目の春 トイレから出てきた嫁が不安そうにオレに言った
『生理でもないのに、出血してる』 オレはその頃、多少医療に通じた仕事をしていたので、思いっきり嫌な予感がしたのだが
努めて冷静に『明日、病院に一応行ってみようか』と言った。 
次の日、朝一番で家から少し離れた大きめの総合病院に嫁を連れて行き、早速検査をした。
医者が言うにはレントゲンの結果、子宮と卵巣に影が映っており恐らく腫瘍だろうと言う事だった。
ただ『大した事はない』と医者から言われたので、夫婦でホッとしていたら嫁が支払い待ちをしている時に、オレだけが医者にこっそり呼ばれた
『癌の可能性が高いです。』医者をオレにハッキリそう告げた。 人生で初めて「目の前が」真っ暗になり思考が止まった一瞬だった。
年齢が若い間の卵巣ガンの進行スピードは、半端なく速いと聞いていたオレは、『1週間後 細胞検査の結果が出ます。旦那さんもご一緒に聞きに着て下さい』
と言う医者の言葉を、まともな精神状態で聞く事は出来なかった。
しかし、嫁の前でオレが暗い顔をすると、心配すると思い必死で作り笑顔をして、その日は家に帰った。
そこから検査結果の出る一週間の、オレの睡眠時間は2~3時間だ。リアル過ぎるくらいに色々な思いが頭を駆け巡った
「保険は? 家具やら買ったばっかりやし・・・こいつ死んだら俺どーなんねん」そんな事ばかり考えてしまい おかげで5kg痩せた。

一週間後・・・検査の結果 子宮に3cm 卵巣にも細かいガン細胞が確認された。
オレは身体が震え、泣き叫びたい気持ちを、なんとか抑えながら医師の言葉を黙って聞いていた・・・。

247: 名無し@話し合い中 2006/12/05 17:36:00
つ…続きは?

248: 246 2006/12/05 18:50:40
わっ!見てる人いたんや・・・(´・ω・`)
一応、嫁には良性の腫瘍みたいなのがあるから、それが原因で出血してるだけで大した事はないと告げ
すぐに家に帰った。 医者からは入院も勧められたが、オレの勤めていた会社の社長(健康食品・漢方薬系)に連絡をし
事情を話すと、「会社で全面的にバックアップしてやるから、入院は少し待て」と言ってもらったので(提携している漢方系の病院があった)
週一回、経過を見るため病院に行くことにした。(ただ腫瘍が少しでも大きくなれば即入院・手術も辞さないと言われてた)
中国から色んな漢方薬を取り寄せ、健康食品を用意し嫁に飲ませる。嫁は『苦いなぁ~』やら文句を言っていたが、本当の事を言える訳ないので
「ごちゃごちゃ言わんと飲め」といいながら飲まし始めた。 検査の結果が出てからも、眠れない夜が続き 横で寝ている嫁の顔を見ていると、
何度も泣けてきた・・・ それと同時に、絶対にオレがコイツを治してやるっ!といつしか思うようになっていた。

249: 名無し@話し合い中 2006/12/05 19:06:49
支援

150: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:
250: 名無し@話し合い中 2006/12/05 19:26:41
④④④④

251: 246 2006/12/06 09:40:52
>>249氏 >>250氏 支援ありがとう この出来事は、今思い出しても半泣きになります・・・
一応スペックを オレ当時28歳 嫁27歳 子無し  
医者から非情な宣告を受け、オレは嫁を侵しつつある悪魔と戦う事を誓った。しかし、嫁本人にはもちろん 嫁両親、オレ両親にもこの事実は伝えなかった。
話をしたのは、俺のその当時の会社の社長と直属の上司だけだった。ウチの両親は多分話ししても問題ないと思ったのだが、
万が一を考え言わず、嫁親の方はうろたえたり、何かの拍子に洩らしてしまいそうな気がしたので黙っていた。
会社の協力もあり、漢方薬や健康食品の費用についても心配する事なく、日々の食事の献立も全部オレが考えて作った。
(ガンは身体の冷えが一番良くない、もちろん甘い物 りんご等以外の果物も良くない)
仕事と食事の用意と、精神的ストレスでオレはさらに3kg痩せたが、嫁を救いたい一身で日々過した。
ところが一ヶ月たっても二ヶ月たっても腫瘍は小さくならず、腫瘍マーカーの数値も下がる事はなかった。ただ腫瘍が大きく
なる事もなく 相変わらず出血は続いていたが、しばらく小康状態が続いた。

252: 名無し@話し合い中 2006/12/06 09:45:33
うぅ、実にキツイ 。・゚・(ノД)・゚・。
おまいさんそれだけ痩せたってもと何kgだったんだ?

253: 246 2006/12/06 11:53:52
>>252氏 レスありがとう 元々は72kgくらいだったのだが、63~4kgまで落ちました。
逆に嫁がオレの身体を心配してたくらいで・・・

続き→三ヵ月後、レントゲンを撮った時に変化が出た。子宮に3cm強の大きさであったのガン細胞が細かくなり、いくつかの数になっていた。
しかし腫瘍マーカーの数値自体は、ほんの少し下がっただけで、ほとんど横這いの状態だった。
医者も『薬が効いて消えつつあるのか、転移を始める前触れなのか判断が難しい』とオレに言った。一番てっとり早いのは手術をして全摘なのだが
子供が産めなくなる身体になるのは、本人が一番辛いのは十分わかっていたが、もちろん手遅れになる前に嫁に話し、最悪 命を守る事が最優先なのも
オレの頭の中にはあった。 迷う俺に医師は『後二ヶ月間、経過を見て改善が見られなければ左の卵巣と、子宮の全摘をしましょう』と言われた。
嫁に悟られないように治療するための、オレに残された時間は後二ヶ月になってしまった。

254: 246 2006/12/06 15:54:27
こそ~り 
食べ物に気をつけ、風呂もシャワーではなく半身浴をさせ、夜は一緒に散歩をし体力を付けさせるようにもした。
とにかく、自分が嫁にしてやれる事の最大限の事をしてやりたくて、昼は仕事をし夜はガン治療についての
本を何冊も読み漁った。 
そして運命の二ヵ月後・・・血液・レントゲン・MRIその他検査をして出た結果、細かくなっていたがん細胞が
減っていた!この時点で、嫁がガン宣告されて半年 初めて嬉し涙が溢れてきた。
医者は『原因はわからないが、ガンが縮小している。今 抗がん剤治療すればガンを叩ける』とオレに言った。
オレは医師に「もうちょっと今の生活をさせてみて、これ以上縮小しなければ抗がん剤治療をお願いしたい」と申し出
それが了承された。

三ヵ月後・・・オレの嫁の子宮と卵巣を襲った悪魔が完全に消失した。 医師からそう聞かされた瞬間、オレは待合室にいた
嫁の所まで走って行き、強く抱きしめ泣きじゃくった。嫁は不思議そうに『どうしたん?何があったん?』と聞いてきたが
オレは『お前の身体にあった “良性”の腫瘍が消えたぞ』といったら 『エライ大げさやなぁ』と笑っていた。
こうして約9ヶ月に及ぶ、オレとガンの闘いは終わった。その代わり後遺症として卵管が狭まり、子宮の形も若干変形したらしく
人に比べて妊娠しにくい身体になった。 でもあの時、手術をしていれば完全に子供をあきらめないといけなかっただろうし
それは本人にとっても本位ではなかったと思う。
今は2~3ヶ月に1度検査をする程度で再発は現在認められてはいない。
もし、何かの拍子でオレの話を読んでしまった気団の野郎共 自分の嫁にムカつく事や腹立つ事もあると思うが
そのかけがえのない女性が健康で傍にいるってのは、何事にも代え難い幸せやと思うで。
オレもなんやかんやで、ここまでやってきてる。最後に (株)AのY社長 T部長
大阪K病院のH先生 本当にありがとうございました。 そしてこんな話にレス付けてくれた方々 本当にありがとう!

255: 名無し@話し合い中 2006/12/06 16:36:42
>>254
できれば使った漢方、健康食品、気をつけたこと等
超詳しくプリーズ
身内に癌患者抱えてるんだ。
藁にもすがりたい。

256: 名無し@話し合い中 2006/12/06 16:57:05
>>246
俺も親が雁で246が心労で痩せてしまった思いや
家族の心労が少しは分かる。本当によく頑張ったな。
でもこれからも戦い続けないとな。
お前の嫁大好きパワーがこちらにも伝わってきたよ。

257: 246 2006/12/06 18:17:13
>>256氏 レスありがとう 一生の戦いになるけど頑張る
>>255氏 今あんまり時間がないんで、今晩か明日に参考になるかわからないけど
    使った漢方薬・健康食品&その他諸々 書き込みします

258: 252 2006/12/07 00:34:58
>>246
最後は勝利を手に収めて本当に良かった。
これから嫁のことを心から大切にして愛してあげてくだされ!!
心からおめでとう~!

259: 246 2006/12/07 11:21:34
>>258氏 レスありがとう お互いに大事にしてきましょう!
>>255氏 お待たせしました。 見るかどうかわからないし、8年前の事で今は医学が進歩してるので
    参考になるか判らないですが、一応書きますね。

使用した漢方薬 片仔廣 中国天仙液101号(当時 中国衛生局が認めた唯一の抗がん薬 個人輸入は1人二か月分まで)
        黄連解毒湯(毒素排出) 時々→清心蓮子湯(腎臓の働きをUP)
使用した健康食品 キチンキトサン(日本医師会取り扱い分と同じ原料) ミネラルの粒(島根県のある会社の製品)
         AHCC(キノコの複合菌糸体、単体ではダメ)熊笹エキス(丸山ワクチンの原料の一部)
生活の中での注意点→その人の体質にもよるので一概には言えませんが、嫁の場合どうしたのか書きます
        ☆りんご以外の果物の摂取を極力止めさせた(特にバナナや柑橘類)
        ☆コーヒー・緑茶・牛乳や乳製品の飲食禁止
        ☆夏野菜の摂り過ぎ・お菓子系(洋菓子)の摂り過ぎに注意
上記の三つの事柄は、身体を冷やしてしまう要素の高い食品なので。がん細胞は熱に弱いので平熱(36度以上)を下げないため
        ☆お風呂はシャワー厳禁 必ず湯船に浸かる(但し 半身浴 肩まではダメ)
        ☆1日1時間以上連続で歩く(いざ手術になった場合の体力強化)
        ☆嫁の前では極力笑顔、またはビデオなど見て一緒に爆笑する(ストレスを溜めないように)

今、やった事で覚えているのはこれくらいです。また思い出したら書くようにします。
>>255氏も頑張れ!

261: 255 2006/12/07 22:58:02
>>259
ありがとう。
手間かけてもらってすまん感謝する。

280: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/14 01:38:40
>>246
非常に亀だが、情報を書いてくれてありがとう

260: 名無し@話し合い中 2006/12/07 11:47:39
停滞していたスレが急に動き始めたのでびっくりしたがな。
でも246氏、良い話と貴重な情報アリガトン。

元スレ:もしも嫁に先立たれたら

http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1090408222/

1001: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:
人気サイトの新着記事一覧


カテゴリー:嫁に先立たれたの新着記事一覧

検査の結果 子宮に3cm 卵巣にも細かいガン細胞が確認された。 を見た人はこんな記事も読んでいます


※コメントが反映されるまで少しお時間がかかります。

こちらからコメントをどうぞ

人気ページランキング

このページの先頭へ