この時間のオススメ人気記事

未熟な俺は拒否されると、嫁に愛されていない、男として見られなくなってきたなどと考え激しく落ち込み、怒りが湧きます。

2013年11月1日


このまとめ記事は約 3 分で読めます。

255: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/11/09 18:23:30
このスレッドのみなさんは
生理や体調不良などの
明確な理由無しで
嫁にセックスを拒否されることはありますか?

未熟な俺は拒否されると、
嫁に愛されていない、
男として見られなくなってきた、
などと考え、
激しく落ち込み、怒りが湧きます。

嫁に怒りたくないです。
どのように考えに持っていったら
良いのでしょうか?
嫁と良質な関係を築いていらっしゃる
みなさんから学びたいですm(__)m

256: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/11/09 18:35:36
>>255
嫁だって気分が乗らないときもあるさ。

うちの嫁も「眠たい」「今日は疲れた」「また明日ね」とかわされることもあるけど
その度に落ち込んでられねーw

お前と結婚してる時点でお前を愛してるんだし
セックスを拒否された=自分を拒否された、って思うのはちょっと思い込み激しすぎ

男と女じゃ性欲にも差があるし
そこら辺、嫁と話し合っても良いし、少しネットで調べてみても良いかも

257: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/11/09 19:05:47
>>255
女の性欲は男の半分だろ
相手にしたらセックスはいいことばかりじゃないだろうし

逆に嫁が欲求不満なるまで待ってみるとか

150: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:
260: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/11/09 21:36:39
>>256
子供が二歳くらいまでは
疲れた眠たいとの理由で断られてたな。

時期を過ぎたら喜んでするようになったよ。
仲もまた良くなったしな。

258: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/11/09 19:20:17
>>255 
男は誰でも基本的にヤりたいものだが、女のほうはそうとは限らないので、
話し合い合いと妥協が必要。無理強いは禁物だ。
どの程度の頻度でヤりたいとか、率直に話してみたら?

259: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/11/09 20:28:35
>>255
お前若いんだな。
俺は数年前仕事のストレスのせいで、うまくできなくなった時期があり、夫婦で悶々・ぴりぴりとしていた。
男だから、女だからと決め付けないで、お互いどうしたいか話し合ってみるといいよ。
つい昨日嫁から頻度について聞かれ「俺のベストでできる頻度はこんな感じ」と正直にいってみた。
嫁はここ数ヶ月エロエロなので、かわいそうなんだが納得してくれた。ごめんよ、嫁

261: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/11/09 21:55:18
>>255
嫁さんと信頼関係が出来てたら拒否の理由とか聞くまでもなく読めるんじゃないかと思うんだけどなぁ。
ちゃんと嫁さんの体調とか気分とか読んであげてる?その辺気を付けないと嫁さんと不毛な争いをして関係が悪化する事になるよ。

このスレのみんなはもともと良い嫁を貰ってるのも勿論あるんだろうけど、夫婦という関係をよく考えて日々自助努力してるからこそ
嫁さんと良い関係を築けてる人たちが大半だと思うよ。貴方のレスを見ると怒りが湧くとか書いてるから少し勘違いしてるのかもと心配になるよ。

262: 255 2009/11/11 07:40:38
みなさん、レスありがとうございます。
ものすごくためになりました。
昨夜も3回連続となる
拒否をされましたが
みなさんのおかげで
睡眠はとれました。

ただ、もう自分から誘う自信は
なくなりました。
帰宅したら誰かがいる、
そのことに感謝するべきですね。

263: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/11/11 09:23:40
>>262
今まであまり拒否されたことがなくて今回に限って3連続拒否なら、
「何かあった?」「最近、疲れてる?」って聞いてみるのも手かと。
決して詰問口調でなく、あくまで気遣う姿勢でな

元スレ:【何年】嫁さん大好き【たっても】★15年目★

http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1251276639/

1001: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:
人気サイトの新着記事一覧


カテゴリー:嫁さん大好きの新着記事一覧

未熟な俺は拒否されると、嫁に愛されていない、男として見られなくなってきたなどと考え激しく落ち込み、怒りが湧きます。 を見た人はこんな記事も読んでいます

    関連する記事は見当たりません…

※コメントが反映されるまで少しお時間がかかります。

こちらからコメントをどうぞ

人気ページランキング

このページの先頭へ