この時間のオススメ人気記事

セックスレスなんか無縁だと思ってたら性欲満開の俺に降りかかってきた。

2013年10月15日


このまとめ記事は約 3 分で読めます。

276: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/19 08:43:21
セックスレスなんか無縁だと思ってたら性欲満開の俺に降りかかってきた。
この一年半無理矢理気味にやったのが二回程度。
それも半年以上前。
今さら外に求める金も時間も気持ちもない。
なんか機械的に、ただ外で急に勃起したりしないように処理するような日々。
かなりいろんな葛藤もあったが、なんか数日前にようやく諦めることが出来た。
急にこっちもしたくなくなった。
子供もいるし働くだけの機械になればいいやと思うようになった。
子供の前では普通に明るいが、嫁には目も合わせにくいし、無気力無関心。
子供のために離婚は絶対嫌だし、まぁ別にそこまで嫌いとかじゃない。
こういうニュートラル?な状態があるんだね。
まぁ元気で充実してるとは言い難いけど、30半ばになって、稼ぎも少なく嫁の親に援助されまくりの身分、病気がちで身体もあちこち痛いし、不調なところが多くなってきた。
禿げてきたし太ってきたしかつてのイケメンまではいかないけどそれなりにモテた風貌も見る影もないし、これから老化の一方でほとんどいいことなんかないんだろうな。
とにかく子供たちの前では頑張って将来こうならないようにいろんなこと教えてあげたりショボい姿見せないようにしよう。
こんなふうに自分がなるなんて思いもしなかったよ。
でも乗り越えたら気分的には楽だなwwイライラせずに済むわ。諦めって大事だな。

277: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/19 09:09:40
>>276
よう8割がた俺!
風俗行き再開しようと思ったがカネないし
終わって帰るときの虚しさと無駄遣い感があるしさ。

俺は風俗も外注も、嫁とマンネリにならない一つの方法にしてた。
レスの今、嫁と出来ないための風俗はどうも行く気がしない。
外注先だって、こっちが嫁とレスだとわかったら、100%性欲処理班扱いと感じて離れるだろう。
嫁からのセックルレスは、それだけでは旦那が離れると思ってないんだよな。
上の方にアドバイスあったけど、俺も家のことはきっちりとこなしつつ、女の影をちらつかそう。

280: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/19 10:51:59
>>277
嫁さん風俗と外注に気が付いてるから拒否してるんじゃないか?
女って以外と感が鋭いらしいぞ。

150: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:
295: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/19 13:40:17
>>276
まるで鏡で自分をみてるようだよ。

結婚して数回のセクロスで子供ができた後、レスされ続け6年目。
同じように嫁に無関心になり、会話もする気なくなった。

しかし嫁ってレスの理由を全部後付けで夫のせいにして、自分を正当化するね。
会話がないのも愛情が感じられなくなったのも、自分の感情優先で拒否するからじゃねーか!
一度話し合ったが、後付けの理由ばかり並べられて、結局上から目線で夫に対する要求ばかり。
常に自分が被害者。原因は全て夫。

300: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/19 18:09:49
>>295
後半の文章、俺嫁w

304: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/19 23:14:34
>>276ですがいろんな方のレスや書き込みみててちょっと自分だけじゃないんだなと安心?しました。
性の不一致はもう仕方ないですね。
なんかたまにこうして夜に自分で処理するのもダルいしバカらしく感じます。
いっそ性欲抑える薬飲んだりしようかなと考えはじめています。

278: 253 2008/12/19 09:40:38
俺も性欲満開なのをレスとマグロの生活に慣れようと頑張った30代半ばだw
そのうちオナニーも面倒になって…俺みたく勃たなくなっちゃうぜ(ry


面倒になってもせめてオナニぐらいは続けとくことを薦める。

279: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/19 09:56:45
うん!
妄想オナは必要だよ。

元スレ: 【マジ辛い】セックスレス総合スレ ★8【毒女鬼女お断り】

http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1228943615/

1001: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:
人気サイトの新着記事一覧


カテゴリー:嫁とセックスレスの新着記事一覧

セックスレスなんか無縁だと思ってたら性欲満開の俺に降りかかってきた。 を見た人はこんな記事も読んでいます


※コメントが反映されるまで少しお時間がかかります。

こちらからコメントをどうぞ

人気ページランキング

このページの先頭へ