共働きで旦那からのモラハラDVで離婚を考えていますが私に育児実績が無いので親権が取れるか不安です

2016年8月3日

616: 名無しさん@HOME 2016/01/18(月) 16:59:50.19 0.net
概要
夫婦子一人、旦那からパワハラモラハラDVの限りを尽くされ現在完全無視。
子供のために夫婦仲改善かもしくは親権とこれまでの分の慰謝料取って離婚したい。
夫婦共働き。両実家近居(特に私実家は車で30分かからない)

相談内容
旦那は狡猾で子供が幼児の頃から育児に関わり(夫が家事育児していた)
その証拠も残されてます。
保育園の送迎等証拠が残るようなことは全て旦那がしてきました。

これもネックなのですが、所得は途切れず常に私の3倍近くあります。
昔から「親権は通常母にいくことは知ってるけど俺は争う覚悟がある」
とずっと脅迫され続けて、結局子供のために踏み切れず今に至ります。

あんな人の形をした鬼に万一子供を取られたらと思うと不憫で踏み切れませんでした。
その弱みに付け込まれて虐待の限りを尽くされました。

なのに自分がしてきたことを棚に上げて、最近急に
「お前はこんな地獄を子供に見せつけて結局子供より自分が大事なんだろ?
子供を言い訳にしてるだけじゃねーの?そのくせ被害者面かよ、死ね」
と言われました。しかも子供に聞かれてしまう位の大声で。

数か月ぶりの会話がこれですよ。
正直悔しくて仕方ない。殺してやりたい。
ですが、子供のために犯罪者にはなれません。
合法的にやっつける為のお知恵を貸してください。

ここまでなった経緯は彼なりには色々言い分あるようですが、
元々モラハラ気質が強かったのがあるきっかけで爆発しただけ。
私はただの子供を産んだ機械であって今は産廃以下の扱いです。

人に対してそういう扱いが出来るそんな人間に
子供取られたらどうしたらいいんでしょうか

不倫している嫁から親権を取る事が最大の復讐と信じ親友に支えられながら半年間頑張って育児実績を積み上げたが…

2014年3月25日

【閲覧注意】死人が出ます

913: 名無しさんといつまでも一緒 2013/10/06 14:26:00
復讐する機会すら無くなった
自分の嫁がどうも怪しくて、昔からの親友に色々相談したりした
そいつは子供の頃からの親友だけど、何時も悩みを話すのは俺
そいつはニコニコだったり時には真剣に、また叱ってくれたり、兄のような奴だった

親友も俺と同じ様に怒ってくれて、直ぐに知り合いの弁護士と興信所を紹介してもらい証拠集め、そしてクロ
嫁の不倫相手も同じ既婚者、ダブル不倫て奴だった。
悔しくて悔しくて、その報告を届けに来てくれた親友の悲しそうな顔もあって
おうおう泣いてしまった、仕事場帰りの夜の公園で。
泣いている俺に親友は「もう行き先を決めるべきじゃね、お前はどうしたい?」と聞かれ
俺は「わっかんねぇ、何だよもうちょっと待てよ、わからん、何だよ、子供どうすんだよ、あの馬鹿」と
泣きながらぐずっている俺を「そか、暫く考えて、もしまた手伝いがあったら呼んでくれな」とだけ言って
その日は俺を、無理やり立たせて、膝の泥を手で落として背中を叩いてくれた。

文章が滅茶苦茶ですまない、だけど全てが終わった今でも、どういう感情なのかさっぱり判らない

914: 名無しさんといつまでも一緒 2013/10/06 14:30:11
>>913
わかる

915: 名無しさんといつまでも一緒 2013/10/06 14:43:25
その時点で自分の頭には離婚しか無かったが、また親友に相談した
・嫁とは別れる、慰謝料も請求する
・車等の資産は、折半でも良い
・不倫相手にも復讐したい(ここは慰謝料というよりも、本音は相手の家庭も全てぶち壊したい)
・子供は引き取りたい(実際、育児放棄気味だった)
・自分は仕事を辞めて、最終的には実家のある田舎に帰る

というのを自分の要望として出した、そこで親友と弁護士は
・嫁との離婚は資料で充分、慰謝料も取れるし、嫁の収支、預金を見る限り、財産分与放棄と、小額の慰謝料はいけそう
・資産に関しては、親権確保の最後の取引道具として持っているべき、最終的に子供を引き取る代わりにくれてやる覚悟で
・不倫相手への復讐は子供を引き取りたいというのなら、粛々と権利を執行するだけで、かなり痛手だろう
むしろ傷害的な事は止めろ、子供の事が一番なら
・親権確保は今のままなら無理、育児放棄の証拠が無さ過ぎる。子供の事が真剣ならむしろ今はつらいだろうが
育児の実績と、嫁の育児放棄の証拠、そして田舎へ戻った際の住居、仕事を確保し親兄弟への育児協力などを願う
・田舎へはたまに遊びに行くよ

等細かく話し合った。
そこでもまた親友に甘えてしまった
その時、もしや親友が居なかったら、俺は泣いて嫁に当り散らして、わめくだけだったかもしれない

このページの先頭へ