秋祭りの帰りに彼女が「月が綺麗ですね」と言ってきたので僕は「結婚しませんか」と伝え結婚する事になりました。

2013年12月13日

567: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/06(火) 21:36:17.81
豚切りすみません。アルバムを見たら思い出したので。
20年前、僕が16歳(高二)、彼女は15歳(高一)の時に僕は彼女に惚れて、付き合って下さいと交際を申し込みました。当時の嫁には「私が好きなんですか?」と。勿論、告白をする程好きだったので「〇〇さん(嫁)が好きです。」と答えました。
「ありがとうございます、私も先輩(僕)の事が好きかも知れません。入学式の時、先輩を見たらびびっと来たのです。私で宜しいのなら、お付き合いして下さい。」
今でいう、不思議少女だったと思います。今でも十分に不思議なんですけれどね。
付き合い始めてから数ヶ月経っても、僕らは手すら繋ぎませんでした。それでも半年以上は続き彼女が16、僕が17の時の夏祭りで、はぐれないようにとその時に初めて手を繋ぎました。

568: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/06(火) 21:37:57.11
20歳になるまで、僕らはずっとそんな感じでした。初めてキスをしたのも、彼女が18、僕が19の時。行きたい大学に通う為、一人暮らしを始める前に彼女からしていただきました。
彼女曰く「先輩、ファーストキスはレモン味らしいです。試してみませんか。」後程、レモン味じゃなくてチョコレートの味がしましたと電話で伝えられたのは鮮明に覚えてます。

それから三年は遠距離恋愛でした。彼女は地元から資格が取れる大学に通ってましたので。彼女が21、僕が22の時に彼女のご両親へ挨拶に行きました。結婚を前提にお付き合いをしたい、と願いに。
最初は拒まれたものの、一年後に許可を頂きました。僕の両親は彼女の存在も、結婚を前提に申し込んだ事も知っていたので彼女の両親に同居を薦められた時も特にいざこざも無く同居を始めました。
小さなマンションで同居を始め、些細な喧嘩もありましたが早い事に三年が経過していました。
そして、ある秋祭りの帰りに公園へより月を見ながら話している最中に彼女が突然「月が綺麗ですね。」と言ってきました。僕も同上の言葉を返し「結婚、しませんか。」と伝え、彼女が25、僕が26の時に婚姻届を出しました。
情事も正式に婚姻をしてから初めて行い、翌年に子供を授かり今に至ります。

拙い文章、及びに長文と携帯からの書き込み、失礼しました。

勇気振り絞って「愛して……います」って言ったら嫁は「言葉にしなくとも、わかっていますよ」とクスッと笑って言った。

2013年12月10日

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/31(金) 09:07:07.51
帰ったら言ってみる

16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/31(金) 10:03:01.68
勇者宣言キタ

17: 15 2012/08/31(金) 22:34:18.24
結果報告する。

息子と娘が友だちと遊びに行ってるから
5、6年振りぐらいに嫁を誘って
二人で食事に行ってきた。
場所はよく家族で行ってる、近所のイタ飯屋だがwww

その帰り道で勇気振り絞って「愛して……います」って言った。
自分の顔は酒も飲んでないのに真っ赤だったと思う。
これじゃ、好きな人が出来たって真っ赤な顔して先日、自分に報告してきた息子を笑えない。
敬語でしかいえなかったチキンな自分を許してくれ。

嫁の顔は見ることが出来なかったが、たぶん驚いた顔をしてたと思う。
その後、「言葉にしなくとも、わかっていますよ」とクスッと笑って言った。
プロポーズのときよりも恥ずかしいなwww

「なら、私は“月が綺麗ですね”とでも言っておきましょうか?今日はブルームーンですから」
悪戯っぽく笑う嫁は反則だと思う。こんなにくさい台詞も平気で言えてしまう嫁はやっぱり反則だ。
それから、十年以上繋ぐことのなかった手を繋いで帰路についた。
久しぶりに握った嫁の手は吃驚するぐらい小さかったよ。

また明日からがんばろう。

21: 270 2012/08/31(金) 22:50:27.77
>>17
よくぞ言った! エライぞ。イタ飯屋の帰り道。いいじゃないか。次は来月だ。

このページの先頭へ