自分を正当化し保身しか考えていなかった私は不倫相手を追い詰め苦しめてしまった

2013年11月28日

403: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/29 18:29:15
去年、ヘルスにいきました。

何の気なしにフラっと行ってしまったんですが、そこでたまたま付いた子に
メアドおしえてもらいました。どうせ営業の一貫だろうと思いメールする気は
なかったんですが、なんなくメールしてみました。
お決まりの「うれしい」みたいな返事がありました。
なんどかメールをやりとりするうちに今度ご飯にでも行こうという話になりました。
その週末の夕方、彼女の仕事が終わってから一緒に食事にいきました。
「今度いつ店にきてくれる?」とか「指名とれなくて店長に怒られてる」とか
いつ切り出してくるかなと思ってましたが、一向にその手の話は出ませんでした。

404: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/29 18:43:58
続き頼む

407: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/29 21:13:47
>>403 いきなりじゃミエミエだろ。そうやって気になる時点ですでに手中。

412: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/30 14:53:12
>>403の続き

それならと思い、思い切って食事の後、ホテルに誘ってみました。
彼女は了承してくれました。内心、小遣いくらいせびられるかなと思ってましたが
行為の後も普通でした。また今度会えますか?と聞かれました。
そらきたと思い、家庭もあるしがないサラリーマンなのでそんなに君の店には
行けないよゴメンと言いました。でも彼女は店以外で会いたいのだと言いました。

その後、週2くらいで彼女のマンションに通うようになりました。
彼女は私と会って一緒にいられるだけでいいと言ってくれました。
最初は風俗の女性だったので軽い気持ちでしたが、だんだんと情が移り
私の希望で風俗の仕事もやめてくれました。彼女は普通の事務職に就職し
2人は順調でした。

このページの先頭へ