嫁実家は大家族妄想を炸裂させてるのか知らんが誰かの誕生日やイベントの度に集まって会食するのがマジで苦痛だわ

2016年1月29日

269: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/27(木) 22:23:49.17 .net
嫁の実家の行事に参加するのがマジで苦痛。

誰かの誕生日のたんびに集まって会食。
義母、義父、嫁のみならず、義姉、義姉の旦那、義姉の息子、義姉の娘、義祖母まで、
年に何回あんだよって感じ。
誕生日以外にも、クリスマス、正月、誰かの何かの祝いだとか、
なんのかんの理由つけて会食したり、温泉旅行行ったり。

主催は義父母なので支払いは義父だが、高級料理だろうと温泉だろうと
気を遣ってダルいから家で1人でカップ麺食ってたほうがまし。

一回嫁に言ったら、「そっかあ、仕事だって言っておくし、来なくてもいいよ」とニコニコ。
ちげーよ、お前が行くのに俺が行かないと角が立つだろ。
俺はこのわけわからんイベント自体なしにしてほしいんだよ。

義兄は何も感じないのか、アホなのか、皆勤賞。
それどころか、自分から義両親誘って嫁子供も連れて出かけたりしてる。
遺産は全部やるから俺はもう関わりたくない。

俺の親は何も口だしてこないし実家に来いともいわないのに、
嫁家族の大家族妄想がほんとうざい。

不妊治療で双子を出産し2年後に三つ子を出産。これ以上は勘弁と避妊治療で病院に行くと双子を懐妊していて合計5年で7人産んだ。

2013年12月2日

81: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/08 02:40:04
そのうち俺ら夫婦、新聞に載るぞwという話。ネタだと思って読み飛ばされたし。

結婚して5年以上、子供ができなかった。やることは人一倍やってた。仕方なく不妊治療。
で、排卵誘発剤のようなものを使用したところ、めでたく懐妊、それも双子。俺たち歓喜!

2年後「もう1人欲しくない?」と嫁言い出すが、「次は自然にまかせていいじゃないか」と俺。
自然に任せてたら3つ子懐妊w 自然じゃねえと病院に行くと、「1回産道使ったんで、通りやすくなったんでしょうか」
医者、あてにならん。

これ以上は勘弁と、避妊を検討。嫁の子宮を処置するか俺が断種するか。
「俺が断種したら安心してよそで遊ぶかもしれん」というと、「どっちがいいかお医者さんに聞きましょう」
夫婦で病院にいって処置の検査を受ける。
「おめでとうございます。ご懐妊です」
俺も嫁も呆然。おまけに「双子の赤ちゃんですね」

5年で7人産まんだろ、普通は。
嫁「出産後に子宮くくりますから、こいつ(俺)のチンコも切り落としてくださいw」

俺の稼ぎもそれぞれの親の金も、子供のために続々と出て行く。
嫁はハリガネみたいに痩せた。
家族団欒というよりはカオスの世界だ。

でもがんばってる。

82: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/08 09:56:05
>>81
あー、きっとテレビ局くるよ。双子+双子の我が家でも2度ほど来たもん。
出たのは1回だけどね。

なんというか、盛大に乙・・・という言葉が虚しくなるほど乙だね。
どんだけ命中度高いんだよw 負けたww

でもあれだろ、双子+三つ子ときたら、無責任な周りには
「次は四つ子ね」って言われてたんじゃないか?w 

83: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/08 10:28:20
>>81
すげーw

子供が6人居るが嫁はまだ産みたいと言ってくる。正直子育てに疲れたし嫁にも愛想尽かした。

2013年11月15日

546: 大家族 ◆WB7bJGvswo 2008/07/07 15:47:18
◆現在の状況
自分は今はホテル暮らし
◆最終的にどうしたいか離婚したい
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
40 自営業 手取り150万
◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額)
38 専業主婦 0円
◆家賃・住宅ローンの状況
持ち家
◆貯金額
俺 3000万円 嫁 分からない 共有 5000万円
◆借金額と借金の理由
なし
◆結婚年数
18年
◆子供の人数・年齢・性別
男17 男15 男14 男10 男8 女3
◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由
初婚
◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい)
単純に子育てに疲れた。嫁にも愛想尽かした。
離婚したとしても、俺は再婚する気はない。慰謝料も養育費も払う。と嫁に話したが相手にしてくれない。
俺は本気だ。どうすればいいだろうか。

547: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/07 15:48:42
>>546
好きにすればいい。
終了。

548: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/07 15:51:53
3000万全部嫁に渡して家出失踪すれば?
土地財産キープしたまま嫁子供だけ追い出そうってのは都合よすぎじゃね?

このページの先頭へ