一緒に歩く時に必ず手を繋いでくる嫁を時には「面倒くさいな」と思っていたがもう出来なくなると分かって号泣した

2014年4月17日

219: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/07 02:45:35
スレチで申し訳ないが、5年前に嫁が壊れた。
3日かけて脳のスイッチがゆっくり落ちていって、
自分で着替えもできなくなってしまった。
これはもうもとに戻らんだろうなとわかったときに頭をよぎったのが、
嫁と二人でデパートでエスカレータに乗ってるありきたりの風景だった。
嫁は一緒に歩くとき必ず手をつないでくる。
でもエスカレータに乗るときは一人ずつ乗るから手を離す。
エスカレータから降りるとまた手をつないでくる。
そんときは「面倒くさいな」くらいに思ってたんだが、
もうそういうことができなくなるとわかって号泣した。

220: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/07 08:30:20
>>219
詳しく聞こうか

現在はどうなってる?

221: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/07 14:51:38
5年間で精神科を何件もまわり、催眠療法試したり、数人に除霊してもらったりした。
今は毎日薬を飲んでるので比較的安定していてる。家事もすごく丁寧にがんばっている。
脳も40%くらいまで回復した感じだ。
ここのスレ読んでたらすっごく癒されたんでスマンが吐き出させてくれ

 ことの発端は5年前のある日、仕事から帰って自宅のドアをあけたら
嫁が真っ青な顔して「怖い、怖い、助けて」ってしがみついてきた。
顔がひきつってて尋常じゃなかった。
「何が怖いの」と聞いても「わからない」って繰り返すのみ
拉致があかんので「まあ寝れば治るから、ゆっくり寝れ」といって寝かしつけた。
おれも疲れてたからすぐに寝てしまった。
翌日起きても嫁は怖がってひきつっていたままだった。

このページの先頭へ