彼女が初デートでファミレスはありえないだの割り勘はありえないだの言ってて連れて行って貰う立場なのに何図々しい事言ってんの

2016年10月16日

329: 恋人は名無しさん 2016/04/17(日) 14:02:01.00 ID:2ARfvXfg0.net
けっこう前の話だけど
彼女が初デートでファミレスはありえないだの割り勘はありえないだの言ってて引いた

連れて行ってもらう立場だろうに、何図々しいこと言ってんのかと

彼氏と付き合ってからの初デートに行く事になり向こうから13時にカフェでって言われたんだけど店前についたが何処にもいない

2016年9月14日

493: 名無しさん@おーぷん 2016/03/02(水)09:44:15 ID:iZq
価値観の違いなのかもやっとした

彼氏と付き合ってからの初デートに行くことになった
向こうから「13時に○○(某チェーンのカフェ)で」っていわれた
こちらは付く前に「5分前位につくね」と連絡
向こうからは「了解」
で、店前についたがどこにも相手がいない
2分前になっても見つけられなかったので「ついたーどこにる?」と連絡入れたら
「中にいます」って返ってきて吃驚した
そして中にはいると悠々とコーヒー飲んでる相手の姿が目に入ってしょんぼり
ついでに昼ごはんも食べてた

自分としては待ち合わせって言われたら店前だと思うし
たとえ中で待ってるなら事前に教えておくのが普通だと思ってた
昼食は何も言ってなかったし、時間的に微妙だったから別に食べてもいいと思うけど
せめて時間までに食べ終わってすぐに店出られるようにするのが
普通だと思うんだけど世間一般では違うんだろうか…

結局他にももやっとしたりしたので価値観が違うと思ってお別れした

高校1年の時に同じクラスで仲良くなった女友達と「抜け駆けして特定の相手を作らない」という約束をした。

2013年11月29日

410: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/15 21:57:13
私と家内の馴れ初めは高校1年の時に同じクラスで席が隣になった時だ。
気が合ったので毎日馬鹿話をしていた。でもあくまでも仲の良い友達だった。
付き合うという選択肢も考えたが容姿が好みでなかったから今一歩踏み出せなかった。
でも気さくな女房が他の男と仲良くしているのを見るのは癪にさわったのを思えている。
どちらからだったか忘れたが「抜け駆けして特定の相手を作らない」という約束をした。

高校2年になりクラスが別になり少し話す機会が減った。
(正確には100%義理と宣言されたバレンタインあたりからだった気がする)
女房は以前よりよそよそしい感じになったと思う。

他方私は他校の女子から告白されて付き合える状況になった。
誰かに男女関係についてアドバイスを受けたかったが姉妹は居らず、女友達も他にいないので
女房に相談すると応援してくれてデートコースとかも推薦してくれた。

しかしその通り初デートすると何故だか女房が先回りしていて、
「あらぁ、その娘が彼女?」「へー、楽しそうでいいね」
「今度は(ここを強調した)ちゃんと付き合いなさいよ」「じゃあ、また学校でね」
とか言って、さも自分が元カノのように振る舞い、
初デートの雰囲気を最悪なものにした。

当然、上手く行かず振られ女房に抗議したら「魅力がないのを人のせいにしないで」等と言う。
頭にきたので「親友だと思って相談したのに!」と言い返すと、
「その親友とした約束をまもれない人に言われたくない」となり当然喧嘩になって、
その後は絶交さえしなかったが気まずさから距離を置いてしまった。
卒業前にばったり廊下で二人きりになった時、どちらともからともなく視線を逸らした。

411: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/15 22:00:24
ワクテカ

412: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/15 22:01:04
事態が一変したのはそれぞれ違う大学に入った後だ。
五月の連休明けに女房から連絡があり大学で知り合った男に告白され次の週末初デートだという。

何で私に?と聞けば「邪魔しに来たいかと思って」とか「あの時は悪かった」とか。
「別にいいよ」と答えても電話口で何やらモジモジしてるので、
ぼんやりながら嫁の意図に気が付き「僕に邪魔して欲しいの?」問えば、
「別に」「そんなつもりでは」とぼそぼそいった後に「条件付で邪魔してほしい」という。

その条件を問えば、高1の時約束した際「それじゃあ、一生彼氏とか出来ない」といった女房に
「同時に作れば良いんだ」といったのは私からの告白の意味だったかどうか教えて、と言われた。

<どうもそれを告白と受け取った女房は、気恥ずかしさのあまり距離をとっていたようだ>
<その女房態度から振られたと私が解釈して別の娘に走ったと思い、色々後悔したらしい>

正解は「違う」だったのだが、高校の時の女房との楽しかった思い出から「そうだよ」と答えた。
(男ばかりの工学部で絶対的なバランス感覚がずれていたのかもしれないw)
「今の気持ちはどうかなぁ?」と小さい声で言うので、自然と「今もずっとだ」と言った。

曖昧な返事をした女房は電話をきり再度かけてきてその男とのデートを断ったと伝えたので、
「空いたその日には僕と付き合って欲しい」と事実上の告白をした。
初デートは高2の時推薦された喫茶店で待ち合わせをした。
髪型を変えて薄く化粧をしていたが、三日月を寝かしたような目の半笑い顔を見た時、
俺は自分がしなくて良かった回り道をしたと思った。

鼻が低く目が離れていて、小太りのくせに貧乳で尻が垂れてて脚が短いが、
慣れた今は何でも可愛く見える。完璧な女房を貰えたと満足してる。

このページの先頭へ