3歳の息子と楽しい日々過ごしてるけどもし俺がこの先死んでしまったら俺との思い出はほぼ残らないんだろうな

2016年9月23日

690: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/03/22(火) 11:33:04.12 .net
3歳の息子とお出かけしたり遊んだり、お話ししたり。

楽しい日々過ごしてるけど、もし俺がこの先、死んでしまったら、
俺との思い出はほぼ残らないんだろうと思うと切なくなった。

余命宣告されたが、1日でも長生きしてやる!

健康診断で医者に「このままでは40歳まで生きれない可能性がある」と自分本人にしか聞けない話を聞いてしまった嫁

2016年9月5日

480: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/26(金) 04:57:12.16 .net
ちょっと記録する意味で書いてみます。

昨日で40歳になったんですが、嫁に残りの人生はロスタイムなんだから
全部もらっていいんだよね?
っていわれました。

結婚15年になるけどしあわせなのか・・な?

余命5年程度の指定難病を患っている私が弱音を吐いても旦那は優しくしてくれず怒鳴って怒り出します

2016年8月22日

828: 柚子茶 ◆4aH6a11ZwA @\(^o^)/ 2016/02/04(木) 00:46:54.97 ID:yt7986jr0.net
相談させてください。
◆現在の状況
旦那と喧嘩しました。

◆最終的にどうしたいか
旦那の気持ちを理解したい。
あるいは私の気持ちを理解してもらうことが可能ならその方法を知りたい。

◆状況説明
結婚15年。子供無し。二人とも40代。
旦那→両親はすでに他界。一人っ子。
私 →両親は健在。母が父を介護中。一人っ子。

旦那の実家住まい。私の実家とは約500キロ離れてる。
旦那は自営業。私は旦那の仕事の手伝い。
お金は旦那が管理。生活費をもらい、そのなかでやりくり。
 
私は2年前から肺の病気で指定難病と身体障碍者1種3級です。
余命は一般的に5年ほどです。
まだ人工呼吸器をつけるほどではなく、休みながら家事もできるし
仕事も客の家で1時間程なので月に数回(旦那が回りきれないとき等)手伝います。
ただ、これから悪化すると思われます。
旦那はゴミだし、食事の時の配膳はしてくれます。 

旦那は短気で女にめそめそされるのが嫌いなタイプなので
私は病気がわかっても、ずっと黙っていました。
一人の時にこっそり泣いたりしていましたが、去年の秋頃、一人で抱え込むのは辛いのと
だんだん、疲れやすくなってきたこと、私が倒れた時には何を準備してほしいか伝える為に
旦那に病気の事を話ました。

その時は頭をなでられました。
でも正直、私の想像よりもあっさり?していたので拍子抜けした気分でした。
旦那は落ち込むでもなく、泣くでもなく、病気について何も聞かないし調べない。
もしかして愛されてない?でも私が考えすぎなのかな?と思ったり。

次の日からも、今までと全く変わりなく見えました。
でもそのおかげで私もあまり泣かなくなったのも事実です。
私は悲観すぎたったのかな。と。

旦那は私が弱音を吐くと「俺の方がつらいんだ!」と怒鳴るタイプなので
結婚生活の経験上、普段は全く泣き言は言わないようにしてきました。
でも、つい「つらい」と泣いたのは病気CO後、一度だけです。

案の定、優しくされることはなく、さんざん怒って外出していきました。
とても悲しかったですが、それでも私は旦那のそれ以外のところを愛していたと思います。
(長いのでわけます)

軽い知的障害があり癌で余命一年と宣告された嫁妹に男を教えてやって欲しいと義父から頼まれたんだが…

2016年3月18日

559: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/21(金) 09:06:01.74 .net
相談頼む

軽い知的障害がある嫁妹(28才)にこの度、癌が見つかった
余命は1年ちょいらしい

で1週間前に嫁父に呼び出されて相談された
「娘(嫁妹)に男を教えてくれないか?」って
男を知らないまま逝くのは不憫だから一度だけでもと頼まれた

確かに嫁妹が俺に好意を持ってるのは明らか
知的障害故かストレートにキスを迫ったりして来てた
嫁には内緒でって言っていたけど、どうなんだろうな・・・

見た目は普通の子だから抱けないことはないが、悩む

家族に結婚した姿を見せたいからと余命三ヶ月の嫁と結婚し病気も快方に向かったが嫁の浮気現場を見て驚愕とした

2015年6月10日

176: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/02/08(月) 01:28:25 .net
みんな同じような経験してんだな・・・。

俺の嫁は末期の病気だったんで、「好き」という根本的な感情を確認しないまま
人助けのつもりで結婚した。
余命三カ月 最後には家族に結婚した姿を見せたいから・・・

その言葉を信じて4年が経過しました。
こんなはずではなかったと思えるのも確かだが、
他人とは違う人生を経験させてくれた事には感謝。

病気も快方に向かったから良しとしているが、
今年の初めに浮気現場を見たときには天地がひっくりかえった心境でした。
今は別居中で今後の事をどうするべくか、日々考え中です。

嫁を寝取られて仕方なく離婚し自殺も考えたが死ぬ気で仕事を頑張っていたある日小汚い格好の元嫁が現れ助けてくださいと土下座された

2015年3月4日

110: 名無しさん@おーぷん 2014/08/20(水)17:20:31 ID:???
小さい鉄工所を経営してる。

間男に意地悪され続けて×2になる。
初めての嫁が出て行き間男と再婚、次に言い寄ってきた女は間男の差し金で
3人で笑いながら過ごしてたって。

でも地道に仕事して来て良かったよ。
苦しい時も辛い時も一生懸命で死のうと思った事もあったけど、
今は生きてて良かったんだって今になって思う。

×2になってやっと1年。
あいつの余命も1年。
助けてと異常な着信と会社凸があるけど、指差して笑ってる。
死のうと電車のホームの端に立ってたあの時が最大の修羅場だった。

嫁が結構重い病気で入院しているんだけど見舞いに行って「愛してる」の一言を言ってきた

2014年7月30日

809: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/03/30(月) 21:58:51
俺も書き込んでみようかと。

このスレしか見てないけど、みんな自分の嫁のこと愛してるんだな。

まぁ、俺も愛しているんだがww

んで、俺も便乗して嫁が入院してる病院にこの前見舞いに行って、
「愛してる」の一言を言いに行って来た。

810: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/03/30(月) 22:18:26
④いるか?>>809

811: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/03/30(月) 22:57:15
>>809です。
まぁ、結果的に嫁は涙流してめちゃめちゃ喜んでくれた。
もう、押し倒してやりたくなったわwww
我慢した俺GJ!!

言った俺はもう恥ずかしくてすぐ帰ろうとしたんだが。
嫁が俺の服の袖を掴んできたから、振り返ったらまだ泣いてんだわ。
なんだよwって笑って言ったら俯いちゃってさ、それも可愛いんだよ。
そしたら、嫁なんて言ったと思う?
「もっと生きたいな…。」

嫁さ、結構重い病気で余命2ヵ月って宣告されてたんだ。
見舞いに行くたびに、「死にたい」とか「早く殺してほしい」しか言わなくて。
病は気からって言うから、何か方法ないかって思ってたらこのスレを見つけたわけ。

嫁が前向きになれて良かった。
俺も嬉しくて泣いた。ヘタレだからさww


でも、世の中って不公平なもんだ。
嫁が生きる気力取り戻してくれたのに、その翌々日の朝には目を覚まさなかった。
なんだよ、このドラマ的なオチは…って思ったね。
こんなこと本当にあるんだって思わなかった。

あれから1か月経ったけど、俺今でも嫁のこと愛してるから再婚はしない。
つか、そんなことは顔面と人間性を確認してから言えって話なんだが。

みんなも嫁とか子供とか大切にしろよ!!
言いたいときに言えなかったっていうのは辛いからな。

過去スレ全部みたわけじゃないからあれなんだが、これはスレ違いじゃないよな?

まぁ、とにかく嫁!!
墓の中に入っても俺は愛してんだからな!!

嫁は10年前から週3日ほど外泊している。もう俺の嫁ではなく間男の嫁として生きていて子供の母親兼通いの家政婦さんだ

2014年4月25日

507: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/18(土) 10:52:59.04
嫁の浮気スレの卒業者じゃないけど書いていいのかな?
かなり叩かれる感じの顛末なんだが。

508: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/18(土) 11:32:22.09
いいよ。
思う存分叩いてやるから。

510: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/18(土) 12:05:18.07
>>508
ありがとう
じゃあボチボチ書いてみるよ。

スペック
俺41 運送業 浮気前科あり
嫁37 食品系企業の正社員
子 19 16
間36 親の遺産で悠々自適の投資家

嫁の浮気が発覚したのは10年近く前なんだ。
でも、実は15年ほど前に俺の浮気が発覚したことがあって、
嫁からは離婚か条件を飲むかの二択だったんだよ。 
当時は俺の両親と同居で、子供も小さかったって事情もあったし、
そもそも嫁のことも大事に思ってたってのもあって嫁の条件を飲んだ。
その条件てのが、
・今後同居はするし両親の介護もするけれど、離婚したものと思ってください。
・私に好きな人ができたら黙認orその場で離婚して、慰謝料の類はなしで財産分与だけちゃんとすること。 
・あなたが外に女を作ることについては、今後一切関知しないし、それを理由に離婚や慰謝料請求もこちらからは要求しない。
・収入については家計費だけいれてください。
・私の食費については自分で捻出します。
・子供のついででよければ家事全般は人並みにやります。
・子供が2人成人したら離婚する。
なんて条件だったんだよ。 
当時は再構築するんだって思ってたんだけど、やっぱり俺の裏切りは大きくて
2人では一切会話がなく、子供の前でだけは夫婦を演じてた。
嫁はよくできた人間で、俺に対するあてつけなんかで
俺の両親の介護がひどくなるようなこともなく、
子供もきちんと育てて家計簿も全て使途不明金なしのパーフェクト状態。 
フルタイムで働いてるのにここまでやってくれて感謝ばかりなんだが、
態度だけはずっと硬化したままだった。 
そんな状況で10年ほど前から、週3日ほど外泊するようになった。
外泊といっても子供が寝た23時頃に家を出て、早朝に帰ってくるって感じなんだけど、
これは黒だってことで確認したら、やっぱり好きな人ができたと。
でもまぁ条件通り黙認かその場で離婚かしかないけどどうする?って話しになって
これまで通り同居を続けることになったんだ。
一時的なもので、間が冷めたらもどってくるだろうって感情もあった。

余命宣告を受けた俺母について妻が妻母との電話で「お義母さん死んだら遺産入ってくるんだ。楽しみ!」と言っていた

2014年3月15日

26: 名無し@話し合い中 2006/12/12 13:07:43
離婚決意しました。
日曜日に母が倒れて入院。時間の問題といわれて付き添いをし、
疲れて帰ってきて眠っていると妻の声が・・どうやら電話で妻の母と話してる様子。
「お母さん死んだら、遺産とか入ってくるんだ。楽しみ!!」
「早く死んでくれないと、年賀状の予定立たないし・・・」
「葬式とかめんどい。でも泣いてる振りして良い嫁をやるから大丈夫。」
怒りすら沸いてこんなかった。
その後も妻は母が死んだら二世帯住宅を建てて一緒に住む計画を立てたり
どうせなら秋にしてくれればよかったとか話していた。
俺が起きたことに気づいたらあわてて電話切ったけどもう遅いよ。

27: 名無し@話し合い中 2006/12/12 13:12:42
人として終わってるな・・・

30: 名無し@話し合い中 2006/12/12 17:43:27
日曜日に倒れて検査して、2日で時間の問題とわかる病気ってどんな病気?
当座の付き添いが必要な病気なのかな。

32: 名無し@話し合い中 2006/12/12 18:35:52
付き添いって、手術後とか特定の条件があるのでは。
普通は完全看護だから不要。
倒れて即の付き添いにはよほどの事情があるのかと思った。

33: 名無し@話し合い中 2006/12/12 18:48:04
脳溢血じゃないか?
友人の父親が倒れたときは、担ぎ込まれてすぐ「覚悟してください」と
言われたと言っていた。結局意識が戻らないまま一週間後に亡くなられた。

付き添いと言うより少しでも側にいたくて病院にいたのでは。

7年前に間男との不倫行為を娘に見られたがラリ状態のまま離婚した元嫁が癌で余命半年らしく子供に会いたいと連絡があった

2013年12月17日

281: 名無しさんといつまでも一緒 2009/03/23 03:51:48
元嫁が癌で余命半年だと言われたらしい(元義父母から連絡)
子供達と会わせてあげて欲しいと言われたが、子供達が会いたくないって言ってるから無理って言ったら
「そりゃ娘は申し訳ない事しましたけど、もうすぐ死ぬ人間相手にひどいです。冷たすぎます」
とか言って泣かれた

「じゃあ子供達にあんた達はいらないって言ったお宅の娘はひどくないんですか~?冷たくないんですか~?」
って言い返したらすいませんだけ言って電話切った

間男には逃げられて、挙げ句余命宣告はさぞかしこたえるだろうなあ。2年でえらく人生変わったなあ~自業自得だけどと思ってる俺はやっぱり冷たい人間なんだろうなあ


間男はエリート街道まっしぐらだったのに、元嫁との不倫がきっかけで閑職に追いやられて婚約解消されたし

自業自得だけど2人ともお気の毒さま




やっぱ俺性格悪いな

284: 名無しさんといつまでも一緒 2009/03/23 05:48:16
>>281
親としちゃ、当たり前じゃないの。
子供の心を傷つけた元嫁にもう一度会わせようなんて思わん。
癌ってのが真実なのかも疑問だしな。

282: 名無しさんといつまでも一緒 2009/03/23 04:49:52
気持ちは分からんでもないが、元嫁が子供たちに
心からの謝罪がしたいというのであれば最後に
一度だけでも会わせてやってもいいんじゃないか。
元嫁への情けではなく、子供たちの今後の人格形成
にも影響があるかもしれんからな。

癌がみつかってから2年半入院中は毎日会いに行ったし、通院日は仕事の昼休み+αもらって、病院へ連れてった。

2013年11月20日

672: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/30 01:25:39
すまん、スレを進めることになっちまった。だがしかし今はなんだか晴れ晴れしい気分なんだ。
落ち着いたらまた来るよ。

673: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/31 19:17:51
>>672
kwsk
餅ついてからね

674: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/31 19:49:13
>>672
今はゆっくり休め。

675: 672 2012/02/06 05:33:44
遅くなってすまない。

癌がみつかってから2年半、入院中は毎日会いに行ったし、
通院日は、仕事の昼休み+αもらって、病院へ連れてった。
動けるうちは色々な所へ一緒に行った。
動けなくなりそうでも、ちょっぴり無茶して旅行に行った。
嫁がずっと行きたがっていた場所だ。

悔いが無いと言えば嘘になるが、自分では精一杯やったつもりだ。
嫁の為と言いつつも、結局は自分の為なのかもしれない。
それでも、できることは全部やってやると思って行動してきた。
余命宣告受けた時に、落ち込むだけ落ち込んだけど、
それから精一杯やりっきったんだ。晴れ晴れしい気持ちだったんだ。

そう思ってた。

最後の長い一呼吸で嫁は自分の人生を終わらせた。週一で墓参りに行くが、未だ嫁の死と向き合っていない。

2013年11月19日

620: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/10/15 13:41:13
新参者です。みなさん宜しく。

今年の12月で嫁の3回忌を迎えます。
悪性脳腫瘍で医者から残り一年の命だと告げられ時はよく理解できんかった。
手術した翌日、全身麻酔が抜け僅かな会話を交わした。
嫁の腫上がった顔を見て涙が溢れそうになったが必死で堪えた。 
嫁との残された時間をフルで一緒に過ごしたいと考えた俺は後先考えずに仕事を辞めた。
術後は良好で、抗癌剤治療のため月1で1週間の入院がローテーションになる。
日常生活は何も問題無かった。
どこそこに脳外科の名医が居ると聞けばセカンドオピニオンに走り、
病を治癒してくれるお寺があると聞けば二人で赴き、
あそこの天然水が良いと聞けば山道を駆け貰いに行った。
もしかて頼みを聞いてくれるんじゃないかと思い先祖の墓参りにも行った。
海外旅行にも出かけた。遠くに嫁いだ嫁の親友の所にも遊びに行った。
無情にも8ヶ月目に再手術。
それから5ヶ月が過ぎ3度目の手術。
医者から次の緊急入院が発生したらもう家には帰れないと云われ術後2週間で無理して退院。 
家に帰って10日目の夜、激しい痛みと嘔吐。最後の緊急入院をする。
今まで自分を誤摩化していた俺はこの時はじめて覚悟をした。
医者は4度目の手術も可能だと言うが、俺はもう止めてくれとお願いした。 
嫁は意識があり普通に会話ができる。でも、日が経つにつれ嫁の声は弱々しくなる。
嫁の好物を買って来ても一口が限度。やせ細った嫁に好きな好物も食べさせてやれない無力感。それでも俺は嫁の前では何時もニコニコ顔。 
長期の昏睡状態を経て、最後の長い一呼吸で嫁は自分の人生を終わらせた。
週一で墓参りに行くが、未だ嫁の死と向き合っていない。
嫁は俺が元気で生きて行く事を望んでいると思うので、それは厳守している。

長文駄文の上、進めてしまって申し訳ない。

621: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/10/15 14:47:49
>>620
辛かったな。よく頑張った。

622: 620 2011/10/15 17:30:09
>>621
ありがとう。その一行で癒される。

やっぱり時の経過は凄い。嫁の位牌を抱いて泣き崩れる回数もだいぶ減った。
嫁への愛情は全く変わらないが。それでいいよな。

妻の身体に異変が起きた。末期の癌であり、早くて3ヶ月、もって半年だと言う。余命宣告に目の前が真っ暗になった。

2013年11月16日

334: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/10/19 20:31:03
自分語りスマソ。
話の始めはスレ違いに思えるかも知れないが吐き出させてくれ。

10年前の春、私(♂)夫婦と同居している私実両親のうち、母が3年の闘病の末亡くなった。
俺様な父は自分の妻の葬儀にも喪主を私にマル投げ、面倒なことは全て私と妻がやり終えた。

居なくなった母の家庭内での役割を出来るだけ私達夫婦で分担したつもりだが、
私には仕事もあるので、夕飯時などは妻が家事を一人でこなしていた。
父は止める母が居なくなったのを良いことに朝昼晩と酒を絶やさなくなった。

後から判ったことだが、どうやらその頃から、舅の嫁イビリが在った模様だ。
妻は、当時独立してまもなく自営業を軌道に乗せようと必死になっていた私に心配を掛けまいとしていたらしい…

母が春に亡くなり、その夏、妻の身体に異変が起きた。

末期の癌であり、早くて3ヶ月、もって半年だと言う。


長くなるので、分けて書きます。

335: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/10/19 20:42:01
334です。

余命宣告に目の前が真っ暗になった。
まだ子供は小学2年生、それも少し前まで可愛がってくれていた祖母を亡くした哀しみを何とか乗り越えたところだと言うのに…

当時サラリーマンから転進して自営を始めて間もない私は、勤め当時とは比較にならない収入を上げられるところまで頑張れたのも、
妻との未来を想定してのことだったのに…

若い妻の生きたい、と言う力を信じて、手術が行われた。切除した部位により、もう息子は兄弟を持つ望みが無くなった。
外科手術、その後の化学療法、掛かる費用は尋常ではなくなっていた。
簡保などでは到底追いつくはずも無く、あれが勤めの頃なら、経済的に破綻していたに違いない、と確信できる。

一旦退院できるまでに奇跡的に回復し、定期的な通院による化学療法を受けることとなった。

しかし、その副作用は当人以外には想像出来ないほどのダメージを与えるものだった。

続きます。

このページの先頭へ