記念日を大切にしたいと言う彼女の為に普段と違うデートプランを立ててみたがリアクションが予想と違って冷めた

2015年9月8日

548: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/31(木) 03:13:27.54 ID:XnRoP1uy
俺27自営業
彼女20才大学生 自称サバサバしてるタイプ

俺は数千万する某スーパーカー(結構古い)と仕事用のおんぼろカローラバンにのってる。
普段はカローラバンばかりでデートして安上がりなデートばかり、
スーパーカーは内緒にしていたのだが、記念日ということもあって少しはかっこつけようと
サプライズでスーパーカーで迎えにいった。

そしたら古くさい、色がダサい、うるさい、金のむだ、日本の狭い道路で
スピードも出せないのになんのために買うのと説教を食らった。
さらにドアバンはひどいし乗り降りもがしがしぶつける(慣れてないと多少のりにくい )
とにかく雑

自分はこの車を手に入れるために小さいときから考え努力し勉強し成功し手に入れた。
そのため自分の人生が全否定された気がした。

山にでもいって捨てて帰っても許されると思ったけど、さすがに大人になってデート続行
取引先の紹介もあってたまたま東京の有名レストラン(少し高級)が予約とれていたのでそこへ、
彼女のメニューブックにも値段が乗っていて水の値段が有料だった。
(超高級店なら女性には値段は書いていないこともある)

一昔前の川越問題を思い出したのか、本当にこんなぼったくりな店があるんだなどの発言
俺は車で酒飲めないのにソムリエにすすめられ勝手に注文する
目の前にはブルゴーニュの赤がドン
おいおいそんなに高くないといっても1万以上はするんだからお願いくらいしてよ

このページの先頭へ