駅で旦那と待ち合わせしてたら知らない男性に声をかけられた。「いえ違います」と答えても近寄る男・・・旦那はまだかと周りを見渡すと

2017年7月12日

679: 可愛い奥様@\(^o^)/ (ワッチョイ bfdb-iTt7) 2017/02/24(金) 19:10:21.38 ID:PZdV8okk0.net
大好きだけど、さらに惚れ直した話

先週の土曜日、駅で旦那と待ち合わせをしていた
(お互い別の用事を済ませた後食事に行く予定だった)
先に駅についてボーっとしていたら、知らない男性に声をかけられた
「ナラちゃん!?ナラちゃんだよね!!?」

私の本名・あだ名にかすりもしない呼び名で私ポカーン
「いえ、違います」と答え、その場から離れようとしたら
「いやいや!wナラちゃんでしょ!めっちゃ久しぶりじゃーん!」
と肩を触って来ようとする。ギョっとして逃げる私。

「いえ、だから人違いです。」と言いつつ後ずさるもグイグイ近寄る男。
人の話を聞かないちょっと危ないオーラが出ていて本気で怖かった。
あと、かなりフラついていたから、お酒が入っていたんだろう。

旦那は、旦那はまだか…と周りを見渡すと、20メートルほど先に旦那を発見!
男を無視して走り「なんか変な人が…!!」と助けを求めた。

旦那さん、見た目はただのデブだけど背筋200キロオーバーのパワー系。
泣きそうになっている私を、自分の背中に隠してかばってくれた。
その上で、追いかけてきた男に対し「うちの嫁に何か御用ですか?」と対応してくれた。

男はイラついた様子で「は?あんた誰?てかナラちゃん結婚してたの?」と私を
ナラちゃんだと信じきっている。
「人違いですよ。嫁の名前は○○です。苗字もナラじゃないですし」と私の名前を伝える
旦那。

「・・・本当にナラちゃんじゃないの?嘘だぁー」
旦那の後ろから様子をうかがう私の顔をまじまじと見つめて、ニタニタ笑う男。
「嘘じゃないですし、本当に人違いなんで。それじゃ」と私を伴って歩き出した旦那。

男は付いてこなかったけど、ずっと私を見ていたようだった。
怖さで黙っていると旦那が「大丈夫。俺がいるからね」と声をかけてくれた。
普段はカレーばっかり食べてるデブだけど、この時はとても頼りがいがあった。
感謝の気持ちを込めてカレーを食べて帰った。

このページの先頭へ