男女共働きについて討論する機会があったんだけど俺以外「男女共働きは素晴らしい事」みたいな意見しかなくて全く話にならなかった

2017年6月6日

641: 名無しさん@おーぷん 2015/09/30(水)11:41:23 ID:Vmv
俺以外味方がいなかったから俺の意見を叩かれ覚悟で書く
個人特定に繋がるためフェイクあり

この前授業の一環として男女共働き(男女平等から発展)について討論する機会があった
ゼミの生徒は全員男
俺は卒業生で授業のあったゼミのOB
訳あっていまも大学とは関わりがあり、それ故教授に頼まれて手伝って欲しいと言われて
参加した
だが、討論どころか俺以外「男女共働きは素晴らしいこと」みたいな意見しかなくて、
全く話にならなかった

俺は結婚して子供もいる
子供が生まれるまでは共働きだったが、妊娠後に妻の病気が発覚してずっと入院してた
出産時に生死の境をさまよい、命がけで出産したけど体調は悪く、今も子育てすら満足に
できない
俺はその経験を踏まえて話したが、学生側は聞くつもりもない感じだった

学生は簡単に書くと
・男女平等になったんだから、女も男と同等に働くべきである
・男に一家を支えるという負担を強いるべきではない
・女性の権利ばかりが優遇されてきているのに責任がないのはおかしい
といった意見でガチガチ

俺はそれに対し
・女性は出産というリスクを抱えているのだから、安易に男と平等とはいかない
・日本では男女平等になるだけの環境や補助が整っていないので、
男と全く同じことを求めるのは無理がある
という2点に絞って意見をし、二馬力が当たり前となっときに女性が妊娠出産で
抜けた際のリスクを話した

ところが学生は
・今どき出産にリスクなんてほとんどない(資料の提示とかはなし)
・女は働かなくていいというのは社会的な責任を逃れている
・出産後に働けなくなるのはレアケース(これも資料なし)、そんなケースは
切り捨てるべきでそこまで面倒をみるのはおかしい
といった意見しか出なかった

問題点を踏まえてそれを解決するにはどうしたらいいか、といった話に持っていこうにも
・今時そんなリスクはない
・女性は十分手厚く保護されている
・出産して社会復帰できないのは自己責任
と全く話にならなかった

教授に「何なんですかアレは」と聞いたら、今年は友達同士で一緒にゼミを選んだ
学生たちで、お互い同調するだけ、余所者の意見は聞かない
OBで年の近い、同じ男性の話なら聞くかと思ったがと言われた
終始あんな感じらしく、小論文ひとつまともに書けないらしい

俺はそんな難しい話をしたつもりはない
俺の妻がレアケースだとも思わない
しかしこんな学生が俺より後から社会に出てくると考えると頭が痛い

このページの先頭へ