結婚生活36年で定年間近だというのに私が無精子症で子供達が托卵の賜物だという事が発覚してしまった

2016年2月7日

260: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/23(火) 18:35:16.24 .net
気団諸兄
書き込むのに適当なスレが分からないのでココに書かせてくれたまえ。

結婚36年目。
二子に恵まれ両者共に巣立ち、可愛い孫にも恵まれた。
昔はよく喧嘩もしたが、夫婦円満で穏やかな日々を過ごしている。

定年まであと数年。
自画自賛ではあるが職務を全うし身に余る立場を頂いた。
ささやかではあるが、しかし充分に満足のいく人生であったと思う。

だが、本日。
私は無精子症であり、元来子供を設ける事が出来ぬ体と知るに至った。

今更、もはや何をどうしても無意味であるが故、特段に行動を起こす気は無いが
しかし真っ白になってしまった。
目に見える事、感じる事、全てが違って見える。
齢60を過ぎて情けないが、何か体の半分を失ってしまった感覚である。

誰にも話せぬ故、聞いて貰いたかっただけの愚痴であった。
許せ。

このページの先頭へ