交通事故でバイクに撥ねられて2年以上も意識不明だった俺が目覚めたのは娘の結婚式の真っ最中だった

2016年8月11日

329: 名無しさん@おーぷん 2016/01/27(水)15:55:51 ID:McA
交通事故でバイクに撥ねられ2年以上意識不明になり
気づいたのが娘の結婚式の真っ最中だったらしいことと
その後しばらく感覚的には夜寝たら二日酔いで目覚める翌日の朝って感じだった

一生目が覚めない事も覚悟してくれと家族は言われてた
娘の相手が俺の部下。
義息子は俺が目覚めるまで待つと言ってたが妻が娘行き遅れたりや
相手の母親(旦那さん鬼籍)にも申し訳ないと説得してくれた

式は大混乱だったものの来場者に義息子が説明しお食事会に変更、
娘夫婦と妻と親族はそのまま俺の入院先に突撃

後から見せられた式場のビデオで有り難さと申し訳なさに泣いた
しかも新婚旅行キャンセルw
後日流石に申し訳ないので旅行プレゼントしたが
なんつータイミングで起きちまったのかと申し訳無かった

俺は俺で意味解らないの連続で数日どころか一週間以上理解出来なかった。

義息子は可愛がってた部下だった 
俺が意識不明で入院してから毎月二回は見舞いに来てくれてたらしい
本人は娘さん狙いでしたわーとか言ってるが娘に会ったのは入院半年後だったらしいし
娘狙いならそれはそれで結果出せる男なのでむしろ問題無いし有りがたい

さらに義息子が大出世してて独立部署新設で初代責任者になってた
俺の元役職課長の上になってたのにも驚くし彼の部署だけ遅刻皆無の残業法定内で
売上成績は全社で上から数えたほうが早く利益率はトップ

しかも従業員の家族や親の誕生日、子供の学校行事には
部下に有休を半ば強制的に使わせるアメリカン強制野郎になってた
他はほぼ取得ゼロなのに彼の部署の有休取得率は歴代トップで
塗り変えられることは法律変わらんと不可能なレベル

ペットの犬が死にそうな部下に「馬鹿野郎ちゃんと傍に居てやれ!」と怒鳴ったのは伝説
お前昔遅刻仮病親戚何人も殺してたやろうがと心の中でツッコミ

俺はリハビリしてるが左半身に大分後遺症残った
一度は仕事復帰したが現状では足手まといだし金は慰謝料やら退職金やら見舞金やら
保険金で有るので妻と細々暮らす事にして、今日の午前で27年勤めた会社にお別れした

明日保健所で子供のころからの念願のわんこゲットしに行くんだが
犬好きな義息子も行きたいと有休取った

明日から俺の妻は義息子のお母様と台湾に行くので俺置いてけ堀w
苦労した分羽を伸ばして貰いたい

そして体以外は平和な日々にウッカリ、俺事故って結果的によかったのかもなぁ
と呟いたら次そんなこと言ったら山に捨ててくるっすよ?と笑顔で義息子に凄まれて
本気でビビったw

今彼の部署に社長の息子が修行中で居て、毎週のように家に勝手に遊びに来るらしく
会社でも兄貴と弟状態。
一族会社なので義息子は役員候補と目されてる

娘は月一にしろと社長子息本人に怒ってるのには唖然としたが
ソウダソウダーと義息子も言ってたので笑ってしまった

これほど穏やかな日々が訪れるとは事故前の俺なら思わなかったのも衝撃といえば衝撃

夫の連れ子である大学生の義息子を浮気をし不貞行為中の現場を夫に見られてしまい家を出て行かれました

2014年7月3日

156: 155 投稿日:2014/02/14(金) 23:29:02.91
相談したいんで書き込みますね

きょう夫が家を出て行きました原因は私の浮気です、浮気相手は旦那の連れ子の大学生です
義息子は「私と2人で新しい生活をする」と言ってましたが父親のあまりの落胆ぶりに
ショックを受け自殺未遂してしました。
 
簡単に説明しましたが一番良い選択は離婚して夫と義息子の前から姿を消すのが最良の選択なんでしょうか?

157: 156 投稿日:2014/02/14(金) 23:29:52.13
間違えました「156」でした

159: 名無しさんといつまでも一緒 投稿日:2014/02/14(金) 23:35:27.86
>>156
話が重過ぎて、そんな簡単な説明では相談に乗れる人はいないと思うのだが。

158: 名無しさんといつまでも一緒 投稿日:2014/02/14(金) 23:31:30.17
自殺未遂で今の容態は?
連れ子との関係の始まりは?

160: 156 投稿日:2014/02/14(金) 23:39:02.63
薬とお酒を大量に飲んだみたいです夫が発見して助かりました。
息子との関係は詳しく書くのは嫌なので大雑把に書きます、
夫が忘年会で飲みに行って義息子と2人きりになった時に
押し倒され関係を持って私も結局は受け入れました。
夫(51)私(34)義息子(21)です。

浮気がバレたのは義息子との行為中に夫が部屋に入ってきました、
前から薄々おかしいと思ってたみたです。

このページの先頭へ