海外滞在年数の長い友人「お前ら財布を尻ポケットなんかに入れてるとスラれるぞ」と言ったのだが本人は財布を尻ポケットに入れていた

2017年8月7日

254: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 22:58:07.54 ID:llLh60zg.net
ボクシングで思い出した。

以前欧州に住んでいた時に友人達と一緒にローマへ出かけた時のこと。
一番滞在年数の長いAが「お前ら財布を尻ポケットなんかに入れてるとあっという間に
スラれるぞ!」
と言ったのだが、肝心のAは自分の財布を尻ポケットに入れている。
そこで自分が「Aも気を付けた方がいいんじゃないのか?」と言うと、
Aは「大丈夫大丈夫、俺海外長いから慣れてるし、もしスラれそうになったらコレ
(と拳を見せて)で瞬殺だから」
と全く気にしない様子。

ホテルに荷物を置いてから、自分とA、同行していた友人B、Cと連れ立って
出かけることにした時のこと。
自分は上着の内ポケット(ファスナー付)に財布を入れ、スリの気をそらせるため
ウエストポーチを付けて
そこには地図などの盗られても大した事の無いものを入れた。
BとCも大体似たような感じだったと思う。

ところがAは半袖にジーンズで、ジーンズの尻ポケットに財布を突っ込んだ姿だった。
「だからお前らみたいな観光客風が一番狙われるんだからな!現地人風にしてるのが
一番なんだ」
と自分も観光客のくせに上からモノを言うAに軽くイラつきはしたものの、
とりあえず出かけたら、
歩いて10分もしないうちにAの財布がスラれた。
本当に一瞬の出来事で、小学生ぐらいの女の子が何処からか走って来て自分達と
すれ違ったかと思うと、
Bが「A、おまえ財布・・・・」の声にAが「え⁉ウソだろ?」
慌てたAがその子を追いかけようとしたが、既に何処へ逃げたのすらもわからない。
しかもAは「俺は何処でも現金払いだから」とカードを持たず現金を持ち歩いていたので
幾ら入っているのかは聞けなかったが結構な額は入っていたようだ。

一応警察には行ったけど「ああまた日本人ねw」って感じで軽くあしらわれたし、
勿論スラれた財布は出て来なかった。
ちょっと気の毒とは思ったが、それまでがあまりにも「慣れてる自分アピール」が
うざかったのもあって正直ざまぁと思ったのも事実。

長文すみませんでした。

年三回1週間ずつ夫の実家に行くんですが「退屈でやる事無く意味無い滞在」と「移動に伴う疲労」「眠れなくなる事」がとても苦痛です

2017年6月13日

207: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/12/18(金) 04:29:58.85 ID:cbgu8/aS0.net
年末年始・春休み・お盆と年三回、1週間ずつ夫の実家に行きます。
はっきり言って苦痛なので回数を年一にするか一度の滞在を2泊程度に
してもらいたいのですが聞き入れてもらえません。

◆私の言い分と不満
・車で12時間かかるんですが渋滞を考えて出発が朝の5時。
移動するだけでヘトヘトです。出発を昼からにしてほしいと頼んだのですが、
渋滞を「絶対に」避けたいからヤダと言われました。

・夫の実家にいてもすることがない
私は基本的に外出が嫌い。ノートPCにゲーム入れたりお遊びソフトとかを入れて
準備して義実家に持っていったら 夫が「やらして」と言って取り上げたまま
返してくれない。
他には暇つぶしできるものを用意してなくてアウト
こんな例が今まで何度もある。夫は実家に漫画やゲーム(私の嫌いな奴)が山ほどあるのに

・枕が変わると眠れなくて義実家ではいつも寝不足でフラフラ
夫は「ずっと横になってれば?」という。
姑・舅もそうしろというけど、眠れないものは眠れない。薬飲んでも眠れない

・子供が二人いますが大きくなったので身の回りのことは自分でできるはず。
私がいなくてもいい

◆夫の言い分
・実家にいるとお金を全部出してくれるので生活費が浮く

・妻だけ残るとその分支出が増えて無駄になる
(残るならお前の貯金から生活費出せという)

・やることあるだろ? ゲームとかしてればいいじゃん
(上記の通り、せっかく用意していっても私がトイレに行っている間に取り上げて
鍵付きの部屋にこもってしまう)

・姑と舅はいい人だろ?
これはその通り。普通に好きです。

ちなみに私の両親は他界していて私に実家はなく、身よりもいないので夫は
私関連の帰省はまったくありません。
専業主婦なのでカードとか全部持って1週間出られたら生活費ないです。
自分の貯金はもちろんありますが、別に悪いことしてないのに何でそこまでしなきゃ
いけないのか。

何度も話し合いましたが今回も年末から行くことになっています。
自分の貯金を使って同行を取りやめれば、いい話なんですがけんかのきっかけに
なるだけで、私の言い方では絶対にうんと言いません。
何とか帰省の頻度や日数を、夫が納得する形で減らしたいです。

文章が支離滅裂ですみません。

このページの先頭へ