メシマズ嫁が勝手に義両親の銀婚式祝い用にと義弟が用意した高い酒を料理酒に使った事で壮絶な修羅場が発生し俺達は離婚した

2015年4月7日

490: 1/3 2014/04/20(日)23:32:55 ID:xAEY8TIik
二十歳迎えた義弟が義両親の銀婚式祝いに高い酒を買った事が発端で、
流血沙汰が起こった挙句に離婚した。

前置きすると、嫁は超激飯マズ嫁。
コンロの火力は最大か立ち消えかの二択。
そんなもんだから、目玉焼きすら成功確率3割を切る。

そんな嫁が、義弟の買ってきた高い酒を見てピーンと来たとのこと。
「高い酒使えば料理だって美味くなる!」と思ったんだとか。根拠ねェ。
で、出来上がったのがしょうが焼きと……言う名前の炭素。
義弟が買った日本酒は、嫁によって開栓&半分以上しょうが焼き(炭素)の材料に。

で、嫁のヤツは「ゴメーン、ちょっとミスったー♪」と反省の色皆無。
ここから地獄開始。

義弟が糸が切れた人形みたいに崩れ落ちて、温厚なはずの義父母ブチギレ。
「義弟がせっかく贈ってくれたものを、何てことするの!」と義母が嫁をビンタ。
それに嫁が逆ギレして
「何よ、酒なんてどれでも同じでしょ!ワケ分かんないよ、バカバカしい!!」って絶叫して
家を飛び出した。

俺も嫁に
「義弟君がアルバイトしてせっかく贈ったものなのに、それを台無しにして謝罪も無しか!」
って叱ったけど、
「うるさいうるさいうざいうざいうるさい!!ええカッコしいのくそガキが!!」って
ヒート状態止まらず。

ちなみに嫁の趣味はワインとチーズ。
「これが私のこだわりなのぉ~♪」なんて言いながらタンブラーにワイン注いで飲んでる。
にもかかわらず「酒なんてどれでも同じでしょ」とかどの口がぬかす的な。

で、嫁が家飛び出して後に残ったのは、
切腹を間近に控えた罪人みたいな状態になってる義父母。
義弟は部屋に閉じこもってその日は出てこなかった。

長くなったけどココまでが前提。

このページの先頭へ