母が急逝して呆然としていた頃宗教系の人が押し寄せた。「お母さんのカルマが深いから私の知ってる凄い人に断ち切って貰いましょう」

2018年1月21日

800: おさかなくわえた名無しさん@ 2017/06/05(月) 14:20:57.84 ID:BF6scuqK
母が急逝して、呆然としていた頃。
宗教系の人が押し寄せたこと。

当時、勤めていたバイト先が仕事が暇になってたので
3週間くらい休めと言われて
夫を置いて子どもを連れて実家に帰った。
父も、ぼんやりとしている時間が長くて心配だったし。

ずっと家にいたら、ひっきりなしにその人たちはやってきた。

「お母さんのカルマが深いから、私の知ってる凄い人に
そのカルマを断ち切ってもらいましょう。」
とか
「このままだと、あなたのお子さん(4歳)にも影響がある。」
とか
「辛いでしょう・・・これを乗り越えるためにも是非、
私たちの会合に出て、嫌なことを洗いざらい話してすっきりしましょう」
他にも
「トイレの位置が悪いねぇ。だからお母さん亡くなったんだよ。
トイレの窓のところに、この置物を置いたらよくなるよ」
と、変な置物を見せられたりとか。

お線香をあげに来る知人らに紛れて来られるのは
本当に辛かった。
父がその人たちの相手をすると、2、3時間くらい
ぼんやりと話を聞いたりして危ないので
「子どもが暇そうだから買い物にでも連れてって。
私、遺品整理で忙しいから」
と、なるべく昼間、家にいさせないようにした。

このページの先頭へ