我が家は次男だけど義母は引き取り同居してる。義実家は賃貸で義父が亡くなった時に契約も切れて立ち退きを要求された義母を引き取った

2018年5月26日

467: 名無しさん@HOME 2017/07/02(日) 08:17:22.07 0.net
ここ読むとよくある話らしいけど、我が家は次男だけど義母は引き取り同居してる。
義実家は賃貸で義父が亡くなったときに、地主さんから契約も切れたのでと
立ち退きを迫られて行くところのない義母を引き取った。
義両親は国民年金なので、遺族年金も微々たるもので独り暮らしするなら
生活保護以外無いので、次男の旦那が土下座に近いお願いして
我が家に引き取った。
義兄は子沢山で賃貸の2DKに住んでいて、義母を引き取る隙間がないと拒否した。

義母は悪い人でなく共働きの我が家で家事一切をしてくれていて助かってる、
小学生の子供も学童に行かなくて済んで、友達も家に呼べるので喜んでいるので
まあ上手くいってる。

今年の春義兄が転勤になって同じ市内になった。
それから義兄嫁が義母がいるところが実家だと言い張り、義兄子を連れて訪問してきてうざい。
しかも義兄嫁は専業主婦だから、私のいない日中にやってきて義母にいろいろ作らせて
我が家のリビングで寝そべって、食べているそうだ。
しかも足し無い義母の年金も子供にってゆすり取っているのが判明。
義兄嫁が食べまくっている食材も義母の年金から買った物。
私が食費にと渡している物は、申し訳ないので手を付けてなかった。

ママン大好きの旦那が切れちゃって、義兄に「義母を引き取るときに義兄が負担すると
約束した義母の生活費一円も貰ってない!その上に搾取かよ!」と怒鳴り込んだ。
義兄は生活費をちゃんと義兄嫁に渡すように行ってたけど、それも義兄嫁が着服してた。
いま義兄夫婦は大喧嘩中らしい。なんとか弁解してくれって私に連絡してくる義兄嫁の
厚顔がすごい。とにかく我が家には出入禁止にはした。

妻が姪を引き取り自分の子供を諦めると言い出した。俺は引き取り拒否自分の子供も持ちたい為引き取るなら離婚と伝えた。後は妻の返答待ち

2018年1月10日

816: 名無しさん@HOME 2017/05/11(木) 14:15:20.96 0
◆現在の状況
離婚申し入れた段階
◆最終的にどうしたいか
離婚して妻と妻母を追い出したい
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
34・会社員(IT系)・350くらい
◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)
32・専業主婦・0
◆家賃・住宅ローンの状況
なし(固定資産税・その他で3万くらい)
持ち家だが、父の遺産のマンション住まい
◆貯金額
200くらい
◆借金額と借金の理由
なし
◆結婚年数
6年
◆子供の人数・年齢・性別
なし
◆親と同居かどうか
妻母(要支援2)と同居中
◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由
双方なし
◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい)
適切な板かスレがあったら誘導してくれ。
続きは次に書く。

親戚夫婦の事故で一人だけ無事だった娘を嫁がうちで引き取れないかという話をしてきたので俺は正直反対だったんだが・・・

2016年9月19日

612: 名無しさん@おーぷん 2016/03/21(月)16:32:45 ID:Z6r
スカッととは違うけど、嫁の武勇伝を語らせてほしい。
俺はもうあと数年で定年という年齢なんだが、嫁は俺より年下。

今から30年位前に、親戚夫婦が事故で亡くなった。
血筋としては俺の従兄弟とその嫁さんにあたる。
車で一時間くらいのところに住んでいて嫁が妊娠しているときに助けられた理、
逆に相手さんが妊娠しているときに助けたりとかなり仲が良かった。

その夫婦の娘も俺ら夫婦の息子と年が近かったのもあってかなり仲がよく、
子供特有の将来結婚するーなんて話もよくしていたのを今でも覚えている。

そんな夫婦が亡くなったのは自動車事故だったけど、助手席に座っていた娘、
A子とするけど彼女だけは無事だった。
奥さんは後部座席の右側に座っていたのが原因で助からなかった。
A子も酷い怪我で一年くらい入院していた。
その間、俺親族、嫁、従兄弟の嫁さん親族全員が集まってA子をどうするかという
話合いになっていた。

嫁さん親族は既に年金暮らしとなった老夫婦で無理。
俺親族、というが俺の両親もほぼ同様の状況。
俺も息子がいて、高校生で大学受験を控えているため金銭面に余裕はないので
どうするかという話だった。
そんな時に嫁が俺と息子にうちで引き取れないかという話をしてきた。

俺は正直反対だった。
金銭の問題ではなく、息子は思春期真っ盛りで、息子を信じないわけじゃないが
男ならわかると思うが性欲というのはバカにできないものがある。
それにA子は両親を目の前で亡くしたショックで殻に籠ってしまっていて
俺の手には余る話だと思っていた。

そしたら嫁が、私は掃除府でも何でもしてお金を稼ぐ。
息子の動向にも常に気を払う。
全ての責任は私がとるといいだした。

結局その言葉に負けて俺は承諾。
けど息子は渋っていた。

このページの先頭へ