今の世の中最期の時を安らかに落ち着いた暖かい雰囲気の中で迎えられるなんて夢の夢なんだな。逝くのがこんな大変だとは思わなかった

2017年12月9日

206: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/05/20(土) 09:29:56.89 ID:t79wEwXe0.net
今の世の中、人間なかなか死なせて貰えないんだな

姑が最期の時を迎えてるんだけど、入っている老人ホームが口から物が食べられなければ病院に入院→退所に
老人ホームが終のすみかで、このベットで逝くのならと写真とか飾りつけて暖かい雰囲気にしてたのに
本当の最期の最期は、機械音響く白い病室になりそう

積極的な延命(例えば胃ロウとか不必要な心臓マッサージ)は拒否なのに、栄養の点滴だけは続けられる
この点滴がなければ、いたづらに最期の時を伸ばさず逝けるんじゃないかと思うんだけど
そして、病院は三ヶ月までしか居られない
次の病院さがしに、年老いた舅があっちの病院で手続き、こっちの病院でも手続き、と飛び回ってる
それって、本当に必要な事なんだろうか?

今の世の中、最期の時を安らかに落ち着いた暖かい雰囲気の中で迎えられるなんて夢の夢なんだな
逝くのがこんな大変だとは思わなかった

医療費負担は3割に戻して80歳を迎えたら運転免許も返上して貰えばいい。それで生きていけないなら仕方ないって事でいいじゃないか

2017年6月7日

1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/05(日)05:18:41 ID:RFj
別に老人は早く死ねとか思わないけど長生きさせてやる必要もないと思う

夫も義姉も義母を延命したいそうで知らない間に手続きされてた。私なりに義母に寄り添ってきたけど嫁はあくまで介護マシーンって事か

2017年5月28日

171: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)20:13:24 ID:6hQ
モヤモヤの吐き捨て。
義母の在宅介護を2年半やって、その後どうにも在宅は無理って状態に
なった。
老健に入所して1年になるがここ数ヶ月で急激に衰え、
先週先生の方から、食事を摂る力がなくなってきたので
点滴での栄養補給になると説明があった。
更に「もう長くないと思うので、そのつもりでいて下さい」とも。
先生からの話のあと、事務所の方から“その時”の対処についての
同意書を渡された。
施設の方針としては<延命治療はしない>ことになっている。
自然のままに逝かせると言う方針に同意すると言うもの。
可能な限りの延命治療をしてほしいなら、いざと言うときは救急車で
搬送することになるがイコールその時点で退所と言うことになる。
仮に元気になったとしても、もうその老健には戻れない。らしい。
その話を夫に、そして遠方に住んでいる義姉にも夫から連絡した。
しばらく電話で話し合ってたが、私は嫁の立場なので黙っていた。
なかなか結論は出ないみたいだったけど、
電話を切ったあと、夫から「おまえならどうする?」って聞かれた。
本音を言っていいものかどうか迷っていたら「本音で言っていい。
参考までに聞きたい」って言うから
私なら、これが実の母親だったとしても延命治療はしなくていい。
病気でまだまだ可能性があるのならもちろんできるだけのことはしてほしい。
でも、義母ももう80歳半ばで寝たきり状態。
話しかけても声が届かなくなった。
もうゆっくり眠らせてあげたいと思う。
それにまだ会話が出来ていた在宅介護をしていた頃に、
何も分からないまま生きていたくないってよく話してたし、
私が義母の立場でももう眠りたいって思う。
義母も延命を望んでないんじゃないかな。
って、そう言った。夫は黙ってた。
数日後、同意書は拒否した。義姉も夫も揃って、
出来る限り延命したいそうだ。
知らない間に夫から老健に拒否の連絡をしていて、拒否したことを
老健のスタッフさんから今日聞いた。
私が何を言ったところで嫁は嫁だし実子の気持ちが最優先なんだろう。
それは分かってる。
姉弟でそう決めたのなら仕方がないし、文句を言うつもりなどない。
だけど、2年半の在宅介護、1年の老健通い、私なりに義母に寄り添って
きたつもりだけど嫁はあくまで介護マシーンってことなのか。
結論として決める前に、義姉から何か一言あってもいいんじゃないか。
夫も、私の本音を聞いたのなら、老健に連絡する前に一言言ってくれても
いいんじゃないか。
夫に対する怒りより、悲しみや失望で一杯で涙がでる。

このページの先頭へ