金曜仕事終わって送別会の幹事を終えてそのまま夜中に旦那の運転で義実家へ行ったんだけど翌朝からの法事中鼻水が止まらない・・・

2019年10月19日

105: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/25(日) 11:36:37.26 ID:+zMWadcn
長文愚痴
金曜仕事終わって送別会の幹事を終えてそのまま夜中に旦那の運転で義実家へ行ったんだけど、翌朝からの法事中鼻水が止まらない
杉や檜の山の中で近くの売店まで車で10分の田舎だから、持参した花粉症の薬を飲むも全くきかず常にティッシュで鼻を抑えてないと垂れてくる
寒気と頭痛があり熱っぽいので法事終了後は風邪引いたかもと言って離れ(母屋から5メートル)で休ませてもらってた
夜中に腹痛がひどくて苦しくてこれ花粉症じゃないわともう一度言うと、母屋から正露丸持ってきてやると旦那が言い持ってきてくれたのは下痢止め(置き薬を目の前で開封)
ごめん下痢してないからやめとくお金は払うと言うと、ハア?飲めよ!じゃあハッキリ欲しいもの言えよ!と怒られた
結局風邪薬を持ってきてくれて(箱投げられた)飲んで寝た
翌朝起きると旦那はおらず昼ごはんの買い出しついでに兄弟と買い物に行ってるようだった
投げられた風邪薬の箱を見ると昨日飲んだのが最後で空だった 風邪薬買ってきてとラインで頼むと、既読スルーだけど薬局に寄って買ってきてくれて、まだ治ってないの?みたいな顔された
今日早めに義実家を出られないか?と聞くと、俺今日の昼焼肉のつもりで肉いっぱい買ってきちゃったんだけど…と言う
食べられないから寝ておく、申し訳ないけど義両親にうまく言っておいてとお願いしたのが今現在
結局旦那はお願いしたとおりに動いてくれてるから文句言えないけどイライラする
大抵の風邪が一晩寝たら治る旦那が羨ましいよ

人の車に無理やりでも乗ろうとする人の神経が分からん。同じサークルの人から乗せてくれと言われ私はもしもの責任がとれないから断ると逆ギレ

2019年9月15日

643: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/06(火) 09:47:58.59 ID:dJgretyC
人の車に無理やりでも乗ろうとする人がスレタイ。
うちは極力他人の車に乗らないし、乗せないようにしてる。理由は事故の時の責任がとれないから。

幸い都市部に住んでて公共交通機関が発達しているので、車がなくても困らない生活が出来てる。
でも、先日趣味の集まりがあり集合時間が早朝で始発では間に合わない時間帯だったんで集合場所付近に前泊するか、車でいくかになる。
私は仕事の関係で前泊が難しかったんで、車で行くことにしそれを幹事に伝えた。(幹事が前泊の人の分をまとめてホテルをとるため、車か前泊か伝える必要がありました。)

それを幹事から聞いたらしい同じサークルの人から、ホテル代(6000円)と同額を払うから乗せてくれと言われた。
私は高速も乗るしもしもの責任がとれないから断ると、逆ギレ。
幹事からはお金を払うって言ってるんだし、大目に見たらといわれて私が固すぎると言われてるけどお金の問題じゃないんだよ。

嫁が臨月なんだけど今月飲み会の予定が2回入ってると言ったら嫁の機嫌が悪くなった

2014年5月6日

961: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/07/06(月) 13:24:08
臨月の嫁がいるんだが、俺が風邪をひいてしまった。 
毎日の家事に加え、俺の看病をふーふー言いながらしてくれる。
俺は仕事も休むくらい寝込んでしまって、嫁には悪いと思いつつも
甲斐甲斐しく世話してくれる嫁に甘えてしまって回復するまで横になってるかゲームしてるかだった。 
おかげですっかり風邪も治って仕事にも復帰した。嫁に感謝してる。
この状態で、今月、飲み会の予定が二回入ってると言ったら、もの凄く機嫌が悪くなってしまった。
仕事の付き合い上、飲み会断れないし、(というか、俺が取りまとめて開催してる)どうしたら嫁は機嫌なおしてくれるだろう?

962: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/07/06(月) 13:27:39
>>961
俺なら飲み会の参加諦める。
幹事・とりまとめは引き継げるが
臨月の妻と一緒に居ることは俺にしかできない

965: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/07/06(月) 13:45:44
>>961
臨月にも関わらず自分の看病してくれた嫁を放っておいて飲み会…
お前にとって 飲み会>>>>>>臨月の嫁+腹の中の子 ってこと?
理由を話して幹事を誰かに代わって貰えよ。

>俺が取りまとめて開催してる
嫁が臨月に差し掛かる時期って分かってて言い出したのか?

966: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/07/06(月) 13:51:27
飲み会の最中に嫁に陣痛きたらどうする?
それとも里帰りか?

このページの先頭へ