母の定年退職のお祝いに旅行する事になった。嫁は誘ったけど行かないと断り「こんなに嫌だと言っているのに行くなら離婚も覚悟しろ」

2017年9月23日

738: 名無しさん@おーぷん 2017/03/24(金)21:46:54 ID:brh
母が定年退職して、そのお祝いに4月に京都へ2泊3日で旅行する事にした。
メンバーは俺と母と妹の3人で、嫁は誘ったけど、行かないと断られた。
行きたくないならそれはそれでいいけど、いきなり俺が行くのも許さんとか言い出した。
嫁が行かないと表明した時点で察して旅行を取りやめなかったのが許せないとか泣いてる。

退職まで多忙だった母とは余り関わっておらず、何かされたり言われたわけではないと
言う。
それでも母親と旅行なんて気持ち悪い、俺個人の結婚前からの貯金から旅費を負担する事
すら許せないと部屋に閉じ籠もった。
こんなに嫌だと言っているのに旅行に行くなら離婚も覚悟しろと息巻いているが、
親父が死んで以来、片親でずっと苦労してきた母親を労う事を嫌がるような奴と
結婚生活を継続したいと思う訳がない。

突然決めたわけでもなく、前から言っていた計画だが、それも嫁曰く傷つけ続けられて
いた。不快でたまらなかったと泣くが、それなら何故結婚したんだ。
結婚前から言っていたのに、今更気に入らない、離婚だとか言うなら
さっさと別れていればよかっただろう。
離婚の意志を伝えたら、専業で働く場所がないのに追い出すつもりか!と激昂している。
何がしたいのかわからない。

トメはペットロスで鬱気味らしく一か月経つ今もボンヤリして家事も満足に出来ていない状況らしい。なのでウトがうちに来るようになった

2017年6月30日

88: 名無しさん@おーぷん 2017/02/25(土)16:40:24 ID:dze
ウトメの家で長く飼われていた小型犬が先月死んだそう。
トメは特に可愛がっていたらしく、死んで一か月経つ今もただボンヤリして
家事も満足に出来ていない状況で、所謂ペットロスで鬱気味らしい。

私はど田舎の出身者なせいか、飼ってる動物にそこまで熱い思い入れを持つというのが
あまり想像できないんだけど、ペット好きな友人に相談したら「ペットを家族だと
思う人もいるのだからそっとトメさん見守ってあげて、間違っても『また新しい犬
飼ったらどうか』とか言ったらダメだよ、子供亡くした人に養子貰えばとか言うような
ものだから」と言われ、そんなものかー言っちゃう前に相談して良かったーと、
トメと話す機会ある時はなるべく話聞きながらトメに同情の言葉を掛けるようにしてる。

まあそれはいいんだけど、トメが家事やらないから、色々理由をつけてはウトがうちに
来るようになってる(車で20分ほどの距離)。
ウト本人に「トメさんが家事やらないなら定年退職してるウトさんがやったらどうか」と
遠回しに言ったり、
旦那に「トメとウトに、自分の家のことは自分でやってって言え」とも何度か言ってる。
ゴニョゴニョ反論してるし多分伝えて無さそう。
トメにも言いたいけどまだ今のところ我慢してる。

孫を亡くしたとかなら同情できるんだけど、老犬一匹亡くしたくらいでという気持ちは
かなりある。
ウトがいると下の子の授乳しにくいからすごい迷惑。

俺の親父が定年退職を迎える予定で葉書を出したいと言うので俺がOKしたのに住所の打ち込みを面倒臭がってやってくれないんだけど。

2014年11月11日

589: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/21(月) 21:38:55
ちょっと愚痴なんだけど聞いてくれ。
嫁に腹が立ってるんだけど、こんな嫁さんならどう対処するか教えて欲しい。

俺の親父が近々定年退職を迎えるわけ。
で、無事定年まで勤めましたっていう葉書を出したいっていうから俺がOKしたのね。
嫁PC持ってるし葉書の裏のデザインしたり文章考えたりするのが好きだから。

嫁に作ってって言ったら第一声が
「ちゃんとしたものの方がいいから印刷屋に頼め」だったのよ。
一瞬ハア?って思ったけど何とか嫁にお願いして作ってもらった。
で、出来たよって渡されたのが裏面だけ。

表面もきちんとして!って言ったら、「自分で書け」って。
PCあるんだから表面位簡単だろって言ったら今度は「データくれ」って。
親父の手帳渡したら、
「全部打ち込むの面倒くさい。
データでくれるなら簡単だけど300件も打ち込むの嫌だ。
同一人物で住所がダブってる人何人もいる。
旧住所(統合前の住所)の人もいる。
字が汚くて読めない」って、文句つけて表をしてくれない。

親父からは、まだか!って言われるし(嫁さんがしてるの知ってるから嫁に対して不満)
嫁は「それが頼む態度か」て俺に愚痴いうしどうすればいい?
嫁が折れて、自分で住所とか確認して入力してくれればいいと思うんだけど。

このページの先頭へ