娘の夫が苦手です。最初はフレンドリーな物怖じしない青年だと思ってましたが段々図々しくなってきて我が家へ来るなりいきなり寝転がって

2019年2月20日

38: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)18:36:02 ID:Ya6
愚痴らせて下さい。
娘の夫が苦手です。婿と呼びたくないので以下娘夫で。
娘夫は他県出身ですがこちらの大学に進学してそのまま就職、娘と去年秋に結婚し我が家と同じ市内に住んでいます。
最初はフレンドリーな物怖じしない青年だと思ってました。
しかし段々図々しくなってきて、我が家へ来るなりいきなりソファにゴロンとひっくり返って寝たり
寝転がったまま「コーヒー」と言ってきたり、勝手に二階へ行ってクロゼットから布団を持ってきたり…
夏に娘が出張で一泊した時はアポなしで娘夫がやって来ました。「ごはんなに?」って。
娘の配偶者だしもてなさないとと思いましたが、寝転がって「あれ取って」、鼻をかんだティッシュを放置、
ボロボロ食べこぼし、勝手に物を出して片付けないし、粗末に扱うし…
私の夫は呆れ果ててさっさと寝室に引き上げてしまいました。
出張から帰った娘がお土産を持ってきた時、苦情を言いました。
娘が言うには娘夫は末っ子長男で、母親に甘やかされて育ったそうです。
「私は義理とはいえ母親なので、実の母親と同じように扱ってくれると思っている、よく言い聞かせる」
と娘は謝罪し帰りました。
しかしその翌月また娘夫が来ました。
娘が休日出勤でいないので「寂しいから遊びに来ちゃった。昼ごはん~」とインターフォンで言われ鳥肌が立ちました。
夫に出てもらい、断らせました。夫のことは少し苦手にしているようなので。
しかしなかなか切らず「お母さん(私のこと)を出して下さい」「お母さんは入れてくれます」と繰り返していました。
夫だけが嫌がっていて私は歓迎していると思い込んでいるらしくゾっとしました。
あとで夫が電話で娘に苦情を入れたようです。
その後しばらく平穏だったんですが、先日銀行のATMで偶然会ってしまいました。
娘夫は並んでいる人たちを追い越し、私の手元を覗きこんで「やめて」と言っても
「お母さんが(こんなにお金を)おろすなら俺おろさなくていいや~」と言い、あとをついてきて
一緒に車に乗り込んでこようとしました。間一髪でロックしましたが。
本当に気持ちが悪いです。
いくら義理の息子といったって、自分が産んで育てた子供と同じに可愛いなんて思うわけがないのに
娘以上にベッタリしてきて…
週末に改めて夫から苦言を呈してもらう予定です。
夫は私よりさらに娘夫を嫌っていて、二度と会わなくていいとまで言っています。

ジューンブライドに憧れた新婦がロケーション最高の式場で当日当然のように大雨。「和装できてね」という希望を身内以外叶えてやらなかった

2018年7月23日

124: 名無しさん@おーぷん 2015/11/10(火)19:58:42 ID:yIQ
ジューンブライドに憧れた新婦(福岡出身)の披露宴。
福岡の、とあるロケーション最高の式場では、当日当然のように大雨。
参列者のほとんどが地元出身であったため、ある程度予想がついていたのか、
「和装できてね♪」という新婦の希望を、身内以外は誰一人として叶えてやらなかったため
新婦は当日大荒れ+号泣。
新郎母が雷を落とし、それが原因でその場で破談(入籍前)。
行き帰りで地味に濡れるだけの食事会になってしまった。

その新婦が再婚(実際は初婚)し、2回目の結婚式は新郎の地元である北関東で
クリスマスイブに披露宴。
当日、現地は数年ぶりの大寒波に見舞われ、交通機関は軒並み死亡。
ある程度それを見越して前乗りしていた参列者は全体の半数にも満たず、
またそのほとんどが、身内か、そうでなければ新郎の職場関係の高齢既婚者であったため、
黒い和装&スーツの集団ばかりで会場が地味すぎると、新婦は当日大荒れ+号泣。
新郎が招待客の目から見てもあからさまにドン引きしてはいたが、とりあえず
披露宴は無事終了。
が、3か月後に離婚してしまった。

で、その新婦が再度結婚することとなり、その挙式が来年2月の半ば、新郎地元である北陸で
予定されています。
一応、そのエリアは他の地域に比べて比較的雪が少ないそうなのですが、
事前に調べてみたところ、5年程度の周期で2~3月にかけてドカ雪が降っており、
そして来年がそろそろその当たり年になるのではないかとの予想が出ているそうな。

姉ちゃん、そろそろいい加減にしてくれ。
身内に3度も挙式した女がいるなんて恥もいいところなんだけど。

数百年続く料亭の一人娘だった彼女の両親に会った際に「跡取りさえ作ってくれれば後は一生遊んでくれていいから婿に来てくれ」

2016年12月28日

402: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/04(木) 17:16:00.77 ID:euC5RD/O.net
もう十年ぐらい前の話だから吐き出しておく

友人の紹介で付き合いだした当時の彼女、数百年続く料亭(?)の一人娘だった
付き合いだした時点では知らなかったのだが二か月目ぐらいに教えられてた
紹介した友人も知っていたらしいが彼女の意向で黙っていたらしい

割と仲良くなって、彼女の両親にも会いに行った際にこんな台詞を云われた
「跡取りさえ作ってくれれば後は一生遊んでくれていいからね。ぜひ婿に来てくれ」
彼女もそのセリフにうんうん頷いていて、俺だけがぽかーん状態
女性を子どもを作る機械扱いするやつは嫌いだが、男に対しても同じ感覚持っている
名家があるんだよな
その後ほどなくして別れたわ。あれはないと思う。
彼女はその後一年ぐらいして俺の大学の後輩と結婚した。今思うと、大学名だけで
付き合おうとしたんじゃないかと思う。

妻は勤務12年目バリバリ仕事をこなすキャリア組で一目置かれる人だった。初めて話したのは転勤した初日にあった歓迎会の時だ

2016年12月16日

293: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/12(火) 00:37:57.05 .net
ちょっと長くなるが、妻が『婿をとらなきゃいけない』責任で婚期を逃していた話をしても
いいだろうか。

このページの先頭へ