片付けや家事の出来ない地雷物件と気付かずに年上の女医と結婚し家事は全て俺がやっていたが使用済み生理用品の放置で離婚を決意した

2015年1月3日

314: 36歳バツイチ 2013/02/18(月) 17:21:10.00
3年半前に既婚板から独身板に出戻りした物だが、ここで吐き出させてほしい。

30歳で3歳年上の女医と結婚したが、わずか3年半で離婚。
学生からの付き合いだったが、彼女が地雷物件とは気づいていなかった。
いや、うすうす気づいていたが、結婚したらちゃんと治るだろうと楽観視していた。

そう、元妻は「片づけられない汚物部屋女」だったのだ。

医者夫婦だ。
当然お互い仕事はきつい。
しかし、部屋の中がどんどん散らかっていくのは辛かった。
部屋掃除、洗濯、食器洗い、風呂掃除、トイレ掃除・・・etc。全部俺がやっていた。

「こっちだって医者だぞ?お前もつらいだろうが、俺だって一緒なんだ!」
と3年間頑張ったけど、元妻は相変わらず成長ゼロだった。
最後は俺の方も掃除するのが馬鹿馬鹿しくなって、ほったらかしにしていたが、
家の中がすごいことになっていたな。

床にカップラーメンをぶちまけたまま放置されているし
(元妻が酔っぱらってしたものと思われる)、トイレがやけに生臭いと思ったら、
便器の裏に使用済み生理用ナプキンやタンポンが山積みされていた。
まあ、離婚を決意するのに十分な理由だったな。

そして、俺が市街の病院へ異動となったことを機に、離婚届を叩きつけ、僅かな衣類・
私物のみを持ち出して、汚部屋ごと元妻へ残して出て行った。

その後、異動先で知り合った女性との交際が始まったが、普通の女性ってこんなに
ちゃんとしてるのか?と驚くほどしっかりしてた。
その女性との交際期間は新鮮で、幸せだった。
つい数年前までの地獄のような救いのない汚部屋生活を考えると、天国のようだった。
3年間交際して、今度こそ素晴らしい家庭が築きあげられる気がした。

再来月その女性と結婚します。

このページの先頭へ