旦那の転勤先の田舎町に付いて行ったら過去に上司夫婦の離婚原因を作り奥様から侮辱罪で告訴されていた事が発覚した

2016年3月4日

448: 1/2 2015/07/19(日) 12:31:39.18 0.net
旦那の転勤について行った田舎町に、シングルマザーのAさんがいる。
老人ホームの管理栄養士で、月1回、自宅で会費制の料理教室兼ホームパーティを
開くほどの料理上手。

しかも、30代半ばとは思えないスタイル抜群の美人。
こんな人が何故×1?と思ったら、彼女の離婚の顛末は、地元では知らない人はいない話だった。

Aさんの元旦那Bは、同僚や部下を招いて、Aさんの料理をつまみに、
しばしば宅飲みをしていた。
Aさんが体調不良を理由に断っても、Bは同僚や部下を連れてきて、
Aさんにつまみを作らせた。
宅飲みはAさんが妊娠した後も続いた。

その中でも、Bの部下Cという男は、宅飲みに来ては、Aさんを不快にさせていたという。
「貞淑そうに見えても女の本質はふしだら」
「托卵ということもあるから親子鑑定をした方がいい」
などとBにたきつけ、C以外の飲み仲間も同調するので、そのうちBも
「お腹の子は俺の子か?」と言い始めた。

臨月に差し掛かったある晩、いつものようにCが不愉快なことを言い出して、
Aさんと口論になった。

「お腹の子がBの子どもではないから怒るのだろう」
「とんだあばずれ、不倫相手はどんな奴だ」
とAさんを罵り、Bも「お腹の子は俺の子ではない。もう離婚だ」と発言。
その場にいた同僚、部下は誰もB,Cを止めなかった。

離婚を考え始めていたAさんは、それらをこっそり録音しており、
Bの同僚、部下がが酔いつぶれた後、家出。
一晩をホテルで過ごし、翌朝、新幹線で実家に戻った。

このページの先頭へ