職場へのお土産に「一人お一つでシフトが一巡して残っているようだったら二個目どうぞ」って書いたら上司に呼び出されてやんわり注意された

2019年1月4日

351: 可愛い奥様 2017/10/26(木) 10:39:51.53 .net
私は職場へのお土産で数を余裕もってみて買ってたのに一日で無くなった時はショックだったな
同僚はみんな既婚者でシフトで出てきてない人もいるから
一人が複数個取らなきゃ絶対なくならないのに

次のお土産に「一人お一つでシフトが一巡して残っているようだったら二個目どうぞ」って書いたら
上司に呼び出されてやんわり注意された。まー解らないでもない

子供の進学費用の準備してたら伯父夫婦に自分の進学費用の援助を懇願した時の事思い出した。在学中は負い目を感じて青春なんか楽しめなかった

2018年12月8日

694: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 01:12:37.55 .net
子供の進学費用の準備をあれこれ整理してたら
伯父夫婦に自分の進学費用の援助を懇願した時のこと思い出して鬱

伯父(母の兄)達夫婦の人生設計の勘定に私は入ってない
私の学費を稼ぐならこれまでの倍働かなきゃいけない
そのためには自分の子供(私の従弟)との時間を削って働かなきゃいけない
そうやって汗水流して稼いだお金を私のために使わなきゃいけないのか
自分の頼んでることがどういうことか分かってるのか
というような事を淡々と言われて絶望した

結局援助はしてくれたけど
在学中は負い目を感じて青春なんか楽しめなかった
今なら伯母の言ってる事も分かる
だけどやっぱりトラウマで思い出したら辛い
伯父夫婦の家はとても裕福で長期休みは丸ごと海外旅行してた位だけど
それと援助とは全くの別の話だったんだろうな伯父夫婦にとっては

うちの姉弟は男が弟だけだから弟嫁が資産を独り占めできると思ってたみたいで、そういかない事が分かり発狂。バカ弟呼び出して締めてくるけど

2018年11月19日

234: 名無しさん@HOME 2017/09/29(金) 12:58:16.90 0.net
流れ全然読んでないしスレチだったらごめん
弟嫁が意味不明すぎて私の中で宇宙人に見えてきた愚痴
2chとかではよく見かける話だったけど現実に起こると一瞬何が起きたのかわからないって本当だね

簡潔に言うと、うちの兄弟は男が弟だけだから、弟嫁が実家の資産を独り占めできると思ってたみたいで、そうとはいかないことがわかって発狂してる

実家の資産といっても、10なん年前に一軒家を昔アパートにして、大家住居に両親が住んでる(土地ごと自分たちの)
4兄弟で姉、私、弟、妹なんだけど、その当時は妹しかもう実家住まいじゃなかったから間取りは3LDK
妹も今はもう実家出てて、両親二人住まい
多趣味な両親だから、空き部屋なくて私ら兄弟の家族ごとの宿泊は基本NG
そんな環境だった
それを弟嫁が「いずれここに住むことになるわけだから慣れていきたい」とか言いだした
続けて「子供は2人欲しいけど3LDKで十分」「両親にはアパートの一部屋に移ってもらって、自分たちが大家スペースに住む」
「私も働きに出るので両親に子供を預けたい」とも言っていた

でも残念ながら実家の資産って全部私名義なのね
私と両親の間で賃貸借契約結んでるし、アパートの収入は私のもの
賃貸借契約といっても、両親はアパートの管理人としての報酬を支払うと言う形で相殺されているんだけど

家族全員、親戚に至るまでそれ知ってたはずなんだけど弟嫁は知らなかったみたいで、懇切丁寧に説明したんだとけど理解できないのか毎日くれって連絡してくる
だから、あの家に住むなら家賃はこれくらい、管理人業が必須でその報酬はこれくらいだよ、と言っているのに
アパートの収入はこちらのものになるべきとかうるさい
他にも色々ムカつくこと言われてかなりイライラしてる

正直に言う。
アパート建設した時のローンやっと払い終わってようやくちょっと利益が出るようになってきたんだー!!!!!
お前になんかやるかー!!!
どんだけ大変だったと思ってんだー!!!

今日バカ弟呼び出して締めてくる予定、気が重いけど。

旦那の学生時代に怪我をした猫を動物病院に連れて行ったらしく「看護婦の嫌そうな顔が忘れられない。非情な人もいるもんだ」って・・・

2018年11月15日

803: 名無しさん@おーぷん 2017/09/26(火)22:28:54 ID:yyY
私は猫好き。
昨日、旦那と歩いていて猫がいた。
ふと旦那が「猫にまつわる」話をしてくれた。
学生時代、事故で怪我をした猫がいたので学校サボってまだやってない動物病院のドアを割れる勢いで叩いて開けてもらったらしい。
ここまで「治療費」が頭になかったようで看護婦の嫌そうな顔が忘れられない。
こういう仕事してるくせに非情な人もいるもんだ。って。
自己満足に付き合わせてはずかしくないの?って言ったら顔真っ赤にしてその時は助けることしか頭になかったとか、その話、中学生やん。
物事には金がかかるなんて小学生でもわかるやろ。
親に頼みますや、お年玉出しますもなく、なんでタダじゃないの?って言ったらしくバカジャネーノ。
結局、タダで助けてもらったのに引き取ることすらせず院内で里親してもらったのにお礼すらしてないらしい。
親にも言ってないみたい。
今からでもお詫びに行きたいぐらいだけど覚えてないって。
旦那は共働きで私より給与が低いことを気にして家事を多めにやってくれるし、
猫の下の世話もすすんでやってくれるし、
大好きだったけど今はただのコジキにしか見えない。

もしうちのネコがなんかあって病院行っても金がなかったら動物病院にたかると思うと気持ち悪くなってしまった。
私がいればそんなことさせないけど私は昼間はたらいてるし。
だって動物病院ってただでさえ経営厳しかったり、自己満足で病院連れてきてお金払えないー!とかいい出す貧乏人が多いのにこういう連中に食い潰されて潰れる病院多い。
神経が分からない。
病院は金が湯水のごとく湧くとでも思ってるのかな?

医者や看護師だって霞食って生きてないし。
「それ”ぐらい”みてやれよ」っていう人いるけど「治療費”ぐらい”払ってやれよ」
1人が5人10人になったらどうなるのか想像する頭もないとか。
せいぜい数万円なのにそれすらはらえずペット飼ってる意味が分からない。
トメさんに相談したほうがいいかな?

娘が生まれた時母が大量の新生児服を贈ってきましたが嫁は自分で選びたかったと不満を漏らしたので母に有り難いけど多すぎると言いましたが

2018年10月22日

508: 名無しさん@HOME 2017/09/26(火) 19:50:15.67 0.net
お願いします

3ヶ月長期出張に行ってる間に母と嫁の関係が物凄く悪くなっていました
俺は嫁と娘(5歳)の3人家族で、実家は1時間くらいの距離ですが両親がまだ現役で特に母は週末休みではないので年に1~2回どこかで待ち合わせして一緒に食事をするくらいの関係です
俺も月の半分は出張しているような仕事です
娘が生まれたとき、母が大量の新生児服を贈ってきました
嫁は自分で選びたかったと不満を漏らしたのですが、
母は百貨店勤務で洋服が好きだから浮かれてしまったんだろう、
母曰く肌着は何枚あっても良いでしょ!、ということで洋服は2枚くらいであとは肌着ばかりだから
上に着る洋服は嫁が好きなの選びなよと答えました
その後母にありがたいけど多すぎると言いました
その後は娘の誕生日に洋服2枚(5000×2くらい)と商品券1万円分が届きます
嫁からお母さん絶対服送ってくるよねと言われたので服選ぶのが好きな人だから年2枚くらい我慢してあげてと言いました
俺が出張中に娘の誕生日があったのですが、
誕生日前に嫁が母に洋服はもう迷惑だから今後一切送らないでくれと電話で話したようで、
そしたら誕生日に商品券1万円のみが届いたようです
嫁はそれが不満だったようで母に洋服なしなら商品券2万円分なんじゃないですか?と電話して、
母が激怒してもう二度と何も贈らないと答えたようです
俺が出張から帰ると嫁&母から怒りの留守電がたくさん入っていました…
嫁はあなたはいつもお母さんの味方をして!と怒っていました

弟と親族「独身やって金持て余してるなら家族を助けろ」兄「散々よってたかって独身をなじっておいて都合がいい時だけそういう事言うな」

2018年8月12日

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/24(木) 01:04:56.614 ID:a86GPh5sr.net
兄の方・・・独身、そこそこの企業勤めで金ある
弟の方・・・既婚、兄より劣るとこ勤め

弟の方に産まれたガキが池沼
そのせいもあり弟家族お金苦しい
弟、親族味方につけて兄に金の援助するように交渉
兄の方突っぱねる

弟、親族「いつまでも独身やって金だって持て余してるなら家族を助けろ人でなし」
と薄情さを批難
それに対して

兄の方「そうやって散々よってたかって独身をなじっておいて都合がいいときだけそういうことを言うな」
と兄の方逆ギレ


それ以来超険悪
どっちが悪いだろうか?これは
コメするヤツは感情論にはしらないでくれな?社会的通念、道徳観として公平に判断してほしい

弟嫁に「俺の嫁と次女に障害があるんじゃないか専門医に連れて行け」と言われた。自分が優秀だからってちょっと鈍いぐらいで障害児扱いかよ

2018年4月17日

983: 名無しさん@HOME 2017/06/17(土) 14:44:34.78 0.net
弟嫁に、俺の嫁と次女に障害があるんじゃないか、専門医に連れて行けと言われた。
自分が優秀だからってちょっとニブいぐらいでガイジ扱いかよ。

牛丼屋で店員と揉めた。隣の爺さんが定食で肉を食べてたが2切れくらい食べて帰ってしまったのでそれを貰おうとしたら店員に断られた

2018年3月19日

1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)18:11:47 ID:pjk
俺、卵と白ご飯を注文してたべてた
隣のじいさんは定食で肉をたべてたが2切れくらい食べて帰ってしまった
残ってたからそれをもらおうとしたら店員に断られた

どっちがわるいんだよ

夫の兄が長年一緒に暮らしてる男性と養子縁組するらしいけど私達の子供には何一つ買ってくれないのに財産を全てやる気ってどういう事?

2017年10月3日

847: 名無しさん@HOME 2017/03/12(日) 16:38:31.37 0.net
夫の兄が長年一緒に暮らしてる年下の親友(男性)と養子縁組するって。
まあ親友っていうか彼氏なんだろうけど、私たちの子供には何一つ買ってくれないし
お祝いすら渡してくれないのに財産をすべて親友にやる気でいるってどういうこと?
もともと義兄は体弱かったけど、最近とくに気弱になってきてちゃっちゃと手続き進めて
しまった。
私は別にいいけど夫や義両親に相談すらしないってどうなの…?

嫁が結婚前に購入した車に補償金が入金されたんだけどこれは嫁の金になるのか?嫁は自分の金だと主張するが家計に入れるべきだと思ってる

2017年8月13日

574: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 20:43:39.77 ID:upu8j4dV.net
某自動車会社から補償金が入金された。
嫁が結婚前に全額キャッシュで購入した車なんだが、この補償金は嫁の金になるのか?
俺はもう結婚してるんだから家計に入れるべきだと思ってるんだが嫁は自分の金(お小遣い)
だと主張する。
どうやったら説得できるかな?
金額は10万だ。
ちなみに普段、車は俺が毎日通勤に使ってる。嫁はほとんど乗ってない。

福島で被災した彼女の親戚4人を受け入れて家や生活費等全て面倒見てるんだが、東電から相当な金額を貰っている筈なので確認してみた結果

2017年7月29日

935: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 13:10:48.80 ID:VoBx4Tk3.net
批判はあると思いますが愚痴

震災で福島から被災した彼女の親戚4人(旦那、嫁、女の子2人)を受け入れている
避難している間は食べさせ、戻れないと判断し別棟に家を建て住まわせ
仕事が見つからないと電気、ガス、灯油の面倒をみて、スーパーの買い物は全てうちに
請求してもらうようにしている、可哀想だと親戚の子の学費も
再来年には大学費用も必要と思う

お礼はいわれるが東電から相当な金額が渡っているはすなので、
こないだ話してみるとそのお金は将来どうなるか分からないから蓄えておきたいと?
口を開けば原発が原発がと言うが
そのおかげで福島在住の頃は1日300円で温泉に浸かり、ボーリングしてカラオケまでつき
原発が垂れ流した地方自治体への補助金で水光熱はほぼ無料、他の市町村なんて
比べ物にならない豪華な公共施設をただ同然で使い倒していたのは
原発地域で暮らしていたあたな達なんですよ?と思う

悩みは彼女は私に申し訳ないようで主従の様に接してくるので可哀想
幸いにも事業が成功途上なので金銭的には痛くもないが、
私に恐縮し申し訳なさそうにする彼女
昔の様に接してくれればいいのにと思うがもう無理だよね
彼女の親も申し訳なさそう、他の親戚は早く結婚しろという
被災前まで年齢差(彼女28 私41)と私が孤児で天涯孤独なので大反対してたんだけどね
これでは政略結婚で送られてくる人質兼嫁だよね 可哀想に

彼女と別れてあげるべきか、そうなれば冒頭の一家には出て行ってもらうしかないが
その親戚一家のためにも結婚するべきか?彼女はそれで幸せか?
震災が全てをめちゃくちゃにしたな

家事の労働を年収換算したら1000万以上と聞きましたので500万で良いから生活費とは別に報酬として支払って欲しいと夫に頼みましたが

2017年5月9日

34: 名無しさん@おーぷん 2017/01/23(月)20:28:38 ID:Sqx
少々思う事があり、一年以上家事をやっていなかったのですが、
昨年末に夫に離婚言い渡されてしまいました
離婚するのはこちらの望みでは無いので話し合いを続けておりますが
未だに解決は出来ていません

もし仮に離婚する事になってしまった場合、家事をやらなかった事だけで、
慰謝料の減額等はあり得るのでしょうか?
またそう言った場合、どの様な対応策をすれば有利に離婚を進められるでしょうか?

詳しい方にアドバイス頂きたく思います、よろしくお願いします

このページの先頭へ