義兄嫁は姪っ子が生まれた頃にワクチン=毒みたいな考えに凝り固まって全ての予防接種を受けなかった。姪には全部受けたと言っていたらしい

2018年4月5日

689: 名無しさん@HOME 2017/06/09(金) 16:17:32.71 0.net
義兄嫁が姪っ子に責められて発狂したらしい。
姪っ子、保母さんになりたくてそっち系の短大に進んで秋頃に実習があるらしい。
今ってはしかや風疹のワクチン打ってないと実習行けないんだってね。
実は義兄嫁、姪っ子が生まれた頃にワクチン=毒みたいな極端な考え方に凝り固まっていて、
全ての予防接種を受けなかった。
その頃のことは本人的に黒歴史みたいなものになっているらしく、姪本人には全部受けたと言っていたらしい。
証明書が必要だから母子手帳出せということになり、実は何も受けていないと判明。
実費で全部受けなければならず万単位でかかるとか。
姪はバイトと大学でただでさえギリギリ生活で、母親の責任だから実費を出してくれと。
で、義兄嫁は「おまえのためにうけなかったんだ!」とまたもやワクチン=毒説を展開。
でも、お母さん毎年インフルエンザワクチン受けてるよね、でキーーーーー!と。
すぐにいろんなこと信じ込んでまわりを振り回す上に、信じることがコロコロ変わるから姪はホント大変だと思うよ。
近距離別居の姑さんのところに姪が泣きながらしばらくここから学校に通いたいとお願いに来てまたもや大騒動になる予感。

このページの先頭へ