友人「賞味期限とか気にすんな」俺「気持ち悪いおっさんが取ったり戻したりしてた餃子は食べたくない」って言ったら後頭部に衝撃が!

2017年9月17日

642: 名無しさん@おーぷん 2017/03/19(日)04:37:33 ID:iA8
友人とスーパーに行った時に餃子を買おうと思ったんだが
なんか変なおっさんが餃子のとこで粘ってたので、他の物を先にそろえた
もう一度餃子の所に行ったがおっさんまだそこにいて餃子を手にとっては裏返して見ては
戻してを繰り返してる
とりあえず重いから最後に回してた飲み物の所に行き2lのペットボトル3本をカゴに
入れて餃子を見に行った 

これでまだおっさんいたら今回は餃子はあきらめようと思って覗いてみると
おっさんが立ち去るところだった
角を曲がって見えなくなるのを確認して餃子をカゴに
この際に一番後ろの商品を取るようにしたら友人に
「賞味期限とか気にスンナよすぐ食べるんだしよ」と言われたんで
「いや、なんか気持ち悪いおっさんが取ったり戻したりしてたから 
あの気持ち悪いおっさんが手に取った餃子は食べたくない」って言ったら

「そんな気にするような事か? そんなこと言ったら誰が触ってるかなんて
わかったもんじゃないぞ」と返されたので
「いや、ねっちゃ気持ち悪かったんだって、見てなかった? 
すげールンペンみたいな恰好しててヤバイ感じだった」と言ったら
ゴンって音がして後頭部に衝撃が走って倒れた

餃子見てたおっさんが戻って来てて俺を殴ったらしい
気持ち悪いって言われてむかついたんだろうが殴るのは駄目だろ
しかもなんかごっついレンチだかスパナだかの工具で殴ったらしい
背後から後頭部を鈍器で殴ったことで殺人未遂になったらしい
細かいことは入院してるうちに終わったんで良く分からんのだが

困ったことに餃子で殺されかけたと話が広まったせいで
餃子の取り合えが命の取り合いに発展したとか
冷凍餃子で撲殺されそうになったとか
訳の分からんうわさが流れて困った

話を聞きに来た連中が真相を聞いてそろいもそろって
「何だ、詰まらん」とか言うのが修羅場だった
人が死にかけたのに詰まらんはないだろうに

毒親に虐待や搾取される日々に嫌気が差し家出をしてホームレスになった俺に声を掛け救ってくれたのが嫁だった

2014年11月22日

65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/01/11(土) 16:58:52.78
河原に段ボールハウスたてようとしてたら嫁に声かけられた

嫁「そこマムシ出ますよ」
俺「え(東京でマムシって出るのか)」
嫁「あと寝るつもりなのかハウスたてるつもりか知りませんけど増水したら
そこはまずいです、流されます」
俺「いやでもあの大丈夫そうなとこがここぐらいしかなくて、他は誰かが使ってるから」
嫁「………じゃあついてきて」

安全に段ボールハウスたてられる場所と先輩ホームレスを紹介してくれた

このページの先頭へ