お見合いで知り合った帰国子女とデートした時に思い切って下の名前で呼んでみたら何故か俺が今後フランツと呼ばれる事になった…

2015年2月9日

232: 愛と死の名無しさん 2013/06/03(月) 01:14:17.18
土曜のデート時、思い切って相手(♀、帰国子女)を下の名前で呼んでみた。
「嬉しい、名前で呼んで頂けるんですねっ」と何かイイ感じの雰囲気に…。

「ただ、職場でもそう呼ばれてるんで別の呼ばれ方の方が嬉しいかも」
「真理(※仮名)さんだからマリーとか?w」
「それも向こうの学校で呼ばれてたので。どうせならドイツ名がいいかな」
「…ドイツ名?」
「当時仲良くて憧れてたコがドイツ系だったんですよ。
だから、ちょっと捻ってマリアンネとかマルガレーテとか」
「……(お、おう)」
「そういう意味では克昭さん(※仮名)って割と呼び難いんですよね。
だから私とお揃いにしてカールとか。
でもカールってよりはフランツってイメージだから…」
「……(お前は何を言ってるんだ?)」

今後のデートでは
「マルガレーテは何食べたい?」
「フランツの好きなもので」的な、何処の厨二病カップルだという会話を
Over30の我々が行うと仰る?

「お互いだけが知ってる名前ってステキですよねっ」などと盛り上がってる彼女に
水差すのも何だし、どう対応したものか結構悩む。
コレ以外には満足しかない、俺には勿体無い相手とすら思ってただけに猶更。

このページの先頭へ