俺と嫁は親から虐待を受けていたので家族というのがよく分からなくていつも不安だった。それが突然の妊娠で嫁も俺もパニックになり

2017年5月12日

824: 名無しさん@おーぷん 2017/01/27(金)23:21:01 ID:???
俺と嫁は子どもの頃同じ施設にいた
施設に来る前は、二人とも親からもう少しで死んでたくらいの虐待を受けてた
高卒で就職して二十歳で結婚したが
家族というものがよく分からなくていつも不安だった
ある時嫁が妊娠して不安はピークになった

嫁は虐待の影響でほとんど生理がなくて子どもはできないと思っていた
それが突然の妊娠で嫁も俺もほとんどパニックになった
まともな親になんかなれるわけがない、きっと子供を殺してしまうと思った
俺は怖くて最低だがおろしてほしいと嫁に言った
嫁も怖がっていてそうするしかないよねと言った
でも嫁は迷っているようだった

そんな嫁を見ていたら俺もどうして大好きな嫁との間にできた命を
消さなきゃならないんだろうと迷いが出てきた
でも絶対に不幸にする、ひどいことをしてしまう、親と同じになってしまう
そればかりぐるぐる考えていた

結論がでないうちに嫁が倒れて病院に運ばれた、切迫流産だった
俺の会社の社長が病院に来てくれて
俺は思わず社長に打ち明けた
自分たちが親になれる人間ではないこと
でもおろす決断もできないこと
そしたら社長は、自分が見張ってて親としてもう駄目だと思ったら
すぐに子供を引き取って責任をもって育てると言ってくれた
例えば俺たちが子供を虐待したり、親として失格だったりしたら
子供を殺したりひどい目にあわせたりする前に子供を守ってくれると言った
言葉だけじゃなくて、社長の奥さんにもちゃんと話してくれた

大晦日の夜に生後4か月の娘が救急車で運ばれて医者から覚悟をしてくれと言われ夫婦してパニックに陥り2歳の長女を放置してしまった

2015年1月26日

83: 1/2 2014/03/21(金)21:29:14 ID:4SankhVcc
文が下手なので箇条書き修羅場、時期は10数年前で携帯が普及してない時代

・おおみそかの夜に当時生後4ヵ月の娘が高熱で引きつけ
・救急車呼んだら一緒に行った嫁が「すぐ着てくれ、覚悟もしてくれ」
・暖房消して戸締まりして慌てて病院へ
・娘一度心停止してて危ない状態
・自分も嫁もパニック起こしながら看病
・朝になってから上の2歳の娘を思い出す
・豪雪地域で、その日も気温マイナス
・凍死してないかと心配になって慌てて引き返す
・家の鍵が開いてて誰もいない
・誘拐か自分で家を出たかと警察へ通報

・警察到着して家を調べる
・手紙みたいのをリビングから見つける→見ると俺実家から
・娘を連れて行くという置き手紙→俺警察に叱られる
・実家に行くと兄嫁の家に娘いると言われてびっくり→兄の家は新幹線の距離

このページの先頭へ