間違いなく底辺のクズの自分が知り合いの女に「一番高そうな車に乗ってるから」乗せてくれと頼まれたのでダンプで迎えに行った

2016年10月23日

892: 名無しさん@おーぷん 2015/11/29(日)23:14:59 ID:joX
メモ帳に書き書きしているうちに誰にとっての衝撃(笑撃?)体験か
よくわからなくなったんだが、消すのももったいないので書き逃げ。

前提として、自分は間違いなく底辺のクズ。
生まれ育った周辺地域も絵に描いたようなヨハネスブルグ。学校も底辺。
親父は893。どじこいて務所行き。出所後にやかんの蓋で小指を落としたけど
請われてまた893業に戻ったクズ。今どうしてるかしらん。
ちなみに落とした指は足の指を移植して元通りっぽくなってるのは見た。

お母さんは知らない。物心ついたときにはいなかった。記憶にない。写真もない。何にもない。何となく聞けないままもう今更聞けない。
学校生活は苛められたり苛めたり。いやな先生の車に机を落としたり、
暇をもてあました頭の良い馬鹿がトイレで何かを作ろうとしてトイレを吹き飛ばしたり。

喰いたくない給食の日はバットごと放り投げたりする奴とか、
教室内でキャンプファイヤーやった馬鹿とかも居た。
おれも間違いなくその馬鹿達の一人。馬鹿でスマン。

今は10輪転がしてる。いつまでローン払わないといけないか判らないけどまあ楽しい。
普段乗りは中古のセンチュリー。どノーマルでフォーマル仕様(笑)。
そろそろ維持費を捻出するのも難しくなってきた。

で、本題
先日中学で知っていたといえば知らないわけではなかったこともない女が、
友達の結婚式に行くのに車に乗せてくれと急に頼んできた。
前後関係がさっぱりわからないんだがなんか中学のときの先輩も一緒に頼んできた。
「一番高そうな車に乗ってるのはお前だから」みたいな感じだった。
一番高い車で、っていうから10輪で当日迎えに言った。
センチュリーは中古で100万ぐらいだったし。愛車の10輪は1500万ぐらいしたし。
女とそのほかに女性が一人待っていたが、女はものすごく怒って大騒ぎした後、
タクシーでどっかいった。一番高い車なのに。
一緒に待っていた女性はものすごく喜んできゃっきゃしながら助手席で楽しそうだった。
さすがに結婚式場の前に10輪はないからと思って手前で下ろそうとしたら、
女性のリクエストでそのまま結婚式場の入り口につけた。
側溝のふたが割れた・・・・・・。12枚弁償しました。
グレーチングは友人の工場の600トンハンマーで叩いて直しました。

車道脇の側溝だったんだけど、側溝そのものは道路の物ではなく結婚式場の工作物で、
側溝の蓋は歩者用だったんだこれが。車が出入りする正面玄関なのに。
これは本当に衝撃的だった。へたをすればデリバンでも砕いちゃう。危ないでしょ。

なんでかしらないけど、その女性と今でもなんとなくお付き合いしています。
自分が底辺職なのは自覚があるんで身体の付き合いは断ってます。
女性って大きな車がすきなんですね・・・・・・?10輪の助手席がお気に入りのようです。
女のほうはそのまま縁が切れたみたい。顔も覚えてないや。

明日別れ話するつもりなんで決意表明としてこの文章を置いておく。さよなら。

このページの先頭へ